2017年08月26日

花背スキー場(京都市左京区)

一日数本の出町柳駅発・広河原行バスには、登山者など多くの乗客があった。北大路から堀川通・上賀茂を通り、鞍馬の細い道を北上していく。花背峠へと登っていく急坂急カーブの道には、車両行違いのための係員が配置されていた。北山杉の美林を見ながら、花背峠を越えれば別所川に沿う谷へと下っていく。茅葺屋根も見られ、京都市街とは別世界のようである。

hanaDSC06051a.JPG hanaDSC06060a.JPG
(左)「花背高原前」バス停。前方に花背小中学校の旧校舎。(右)ゲレンデ下には貸スキー兼レストハウスの建物。右手上部にゲレンデが広がる。

この花背別所町にあったのが花背スキー場。1929年に開業、1964年に経営主体がかわり、1989年を最後に廃業。最盛期にはシーズン5万人、土日には3,500人もの集客でリフト待ち30分という時代もあったという。しかし廃業直前は雪不足に悩まされ、営業日数もごく短かったようだ。全長200mのシングルリフトが1基。日本で3番目に古いスキー場という記録も見られる。

1時間強バスに乗車して「花背高原前」下車。目の前に花背小中学校の旧校舎がある。周囲の民家には空家も多い様子。西の山中に向かう林道を歩くと、10分もかからずに花背スキー場のゲレンデ下に到着する。ゲレンデ下には貸スキー兼レストハウスの建物が残っている。室内には食事メニューの掲示が残っているのが見えた。数年前まではその右手(北側)にも別の建物が残っていたらしい。すぐ脇にはヒュッテなどの位置を示す案内板が残っている。

hanaDSC06064a.JPG hanaDSC06067a.JPG
(左)ゲレンデ下部に残る案内板。(右)最下部からゲレンデを見上げる。

見上げるゲレンデは快適に滑れそうな中斜度の東向き斜面。背の高い草がその大方を覆っている。少し登ったところには、リフト乗場とレストハウスらしき建物が見える。錆び付いたリフト設備には、まだワイヤーが残っていて前方へと延びている。その先は樹林の中に消えていて、支柱やリフト上部の様子などは知ることができなかった。

hanaDSC06069a.JPG hanaDSC06071a.JPG
(左)錆びたリフト設備。手前にTバーリフト。(右)ゲレンデ最下部を見おろす。

リフトのすぐ脇には比較的新しいTバーリフトの装置が置かれている。廃業後にプライベートゲレンデのようなかたちで使われてた(いる?)という情報もあるので、その名残なのかもしれない。ゲレンデ直下には駐車場スペースがあまり見当たらなかった。林道からの途中左手(南側)に広い草地がいくつかあるので、そこが駐車場として使われていたのかもしれない。

なお、この花背スキー場に隣接して、1984〜1989年に営業した花背大平スキー場があったという。詳細はよくわからないが、もうひとつ南側の谷の採石場上部の斜面(東向き斜面)にあったのではないかと推測している。

hanaDSC06094a.JPG hana_img001.jpg
(左)林道の前方に花背大平スキー場跡地(?)。花背スキー場のもうひとつ南側の谷。

京都市街地から1時間程度の都市隣接の立地。アクセス道路の厳しさにもかかわらず多くのスキーヤーが押し寄せた時期を、いまは回想するしかない。積雪の減少は、こうしたスキー場を閉鎖に導くとともに、スキー人口の減少にもつながっていったのではないだろうか。(現地訪問:2017年8月)

*「花脊」が正しいと思われるが、近年では「花背」が用いられる方が多いようす。本稿では「花背」で統一した。
posted by 急行野沢 at 10:00| Comment(2) | 京都府・滋賀県 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

[復活へ]ロッテアライリゾート(新潟県妙高市)

本年5月、地元紙などで「2017年12月のオープン目指して改修工事が進められている新潟県妙高市両善寺の『ロッテアライリゾート』の施設概要が明らかになった」と報じられた。復活を望む声が大きかった、あのARAIを再び滑走できる日がいよいよ現実のものとなろうとしている。

araDSC05804.JPG araDSC05775.JPG
(左)遠景から見たゲレンデ最下部とゲレンデ下のホテルなどの建物。(右)ゲレンデ下の正面入口付近。

5月に明らかにされた施設概要は、韓国のホテルロッテが100%出資した「ホテルアンドリゾート上越妙高」が発表したもの。冬だけでなくグリーンシーズンのアクティビティが楽しめるという。また温泉を新設し、ホテルも一新、プール・レストラン・カフェ・ビジネスセンターなど多彩な施設を設け、長期滞在にも対応することが盛り込まれている。

気になるゲレンデは、ゴンドラ1基・ペア2基・クワッド2基を稼働するとしている。以前のゲレンデ規模や輸送規模そのままである。とすれば、再び大毛無山の大斜面を滑ることができそうである。(→以前のゲレンデマップはこちら

araDSC05778.JPG araDSC05787.JPG
(左)(右)ホテルなどの建物は足場が組まれて改修が進められている。

上越方面に出かけたついでにアライに立ち寄ってみる。といっても、もちろん工事現場に立ち入ることはできないので、周囲の道路からうかがい知ることしかできないのだが。多くの工事車両や作業員が周辺道路から出入りしていて、思っていたよりも大規模に工事が進められていることに驚かされる。

ホテルなどゲレンデ下の多くの建物には足場が掛けられ、改修が進められていることがわかる。少し上部に行くと、山麓第2リフトの乗場がある。ここも足場が建屋を覆っていた。その先のゴンドラ六本木平ステーションも足場が覆い、周辺では多くの人々が作業を続けていた。

araDSC05786.JPG araDSC05782.JPG
(左)山麓第2リフト乗場。(右)ゴンドラ六本木平ステーション。

ゲレンデに至る案内標はこれから再整備されれるのだろう。農作業の軽トラが走り回る周囲の田園風景と大規模リゾートは少々不釣り合いのものと見えたが、これからどう調和していくのか、調和しないのか。そんなことも気になった。(現地訪問:2017年8月)

こちらもご覧ください
「ARAI MOUNTAIN & SPA(その1)」
「ARAI MOUNTAIN & SPA(その2)」
「ARAI MOUNTAIN & SPA(その3)」
「ARAI MOUNTAIN & SPA(その4)」
「旧新井リゾート 2017年度オープンへ」

2017年07月14日

武尊牧場スキー場[その2](群馬県片品村)

前回に引き続き武尊牧場スキー場のレポート。
武尊牧場スキー場について「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」では、「夏季に放牧場になる傾斜地を利用したスキー場。天然雪に恵まれた高原エリアに加えて、下が草なので雪が少なくとも滑れる好条件をもっている。上部の二合平ゲレンデが広大なオープンバーンで見晴らしが素晴らしい。全体的にゆるやかな斜面。子供用ゲレンデも充実していて、ファミリースキーヤーにも好評」と紹介されている。

bokDSC04090a.JPG bokDSC04100a.JPG
(左)栃の木コースから下部を見おろす。(右)第5ロマンス沿いのスラロームコースを見上げる。

首都圏からは近いスキー場であったが、沼田ICからは意外と距離があり、オグナほたかなども手前にあった。リフトはペア4基・シングル2基。いっぽう「首都圏発 スキー場と宿2003」では、スノボ比率90%となっている。各種アイテムを二合平ゲレンデに設置したことが紹介されていて、スノボ集客に舵を切ったことがわかる。

以前、武尊山登山の折に最上部の第6リフトを利用した。スキー場がクローズしても夏山リフトは運行されるのだろうか。それを確認したくて、ゲレンデ内を登っていく車道を進んで第6リフトの下まで行ってみた。

bokDSC04111.JPG bokDSC04117.JPG
(右)前方に第2リフト終点、手前に第3ロマンス乗場。(右)第3ロマンスから見た武尊山。前方の谷状に下るのは馬立コース。

最上部まで、ゲレンデを縫うように上るので、リフトや斜面の様子を見ることができた。第1ロマンス降り場からはゲレンデ下部を見おろし、第2・第3乗継点はゲレンデ中間部でもあり、上下を見渡してこのスキー場の規模を再確認することとなった。

以前、手こずった記憶がある馬立コースをのぞき込み、柳沢コースを見上げる。第6リフトは稼働しておらず、脇の登山者用駐車場にも車はなかった。あとでネットで確認したら夏山リフトは運行しないとなっていた。ここからは緩やかで広い二合平ゲレンデを見上げることができた。

bokDSC04130a.JPG bokDSC04135a.JPG
(左)第6リフト。上部に2合平ゲレンデを見上げる。(右)第3ロマンス沿い。白樺のある風景も美しい。

西方にはまだ稜線部に雪を残す武尊山の姿が美しい。周囲には白樺の木立もあり、華やかさには欠けるものの雰囲気のよいスキー場だった。スノボ中心となってから関心がなくなっていたが、こうしてみるとクローズがなんとも惜しまれるゲレンデに思えた。(現地訪問:2017年5月)

こちらもご覧ください → 武尊牧場スキー場[その1]
posted by 急行野沢 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

武尊牧場スキー場[その1](群馬県片品村)

武尊牧場には、まだ東京に住んでいた1990年前後に数回訪れている。スノボが流行する前の頃で、素朴なこのスキー場の雰囲気が好きだった。近年は、ほとんどスノボ専用ゲレンデのようになっていたようである。

bokDSC04068a.JPG bokDSC04073a.JPG
(左)スキー場への道には案内は残っている。(右)広い駐車場から屋根のある階段を上がってゲレンデへ。

昨年10月に武尊牧場スキー場を運営する指定管理者から2017シーズンを最後にクローズすることが発表された。「10月4日付け一部の新聞に掲載されましたが、ほたか牧場スキー場は、今冬2016−2017シーズンの営業を最後に、スキー場をクローズさせていただくことになりました」。

かわりにオグナほたかにアイテムを充実させた大規模なスノーパークを開設すること、また、同社のオグナほたか・宝台樹・ほたか牧場キャンプ場の営業は継続されることも発表された。客足は最盛期の半分以下に落ち込む一方、リフトなど老朽化した施設への設備投資は難しいとの判断がされものと思われる。

bokDSC04074a.JPG bokDSC04075a.JPG
(左)スキー場内にあるゲレンデマップ。(右)少し上ったところからゲレンデ下部を見おろす。

群馬方面に出かけたついでに武尊牧場まで足をのばしてみる。スキー場に至る道沿いには「武尊牧場スキー場」の案内板が随所にあり、まだ撤去されてはいない。スキー場下には2段の駐車場が広がっていて、ゲレンデへは覆いのある階段を上っていく。

ゲレンデ下部にはレストハウス・券売所・レンタル・スクール・パトロールなどの建物が集まっている。それらの一部はガラスが割れるなどしていたが、クローズ後、まだ時間がたっていないので各種施設も営業時ほぼそのままの状態である。ただ、営業休止を案内する明確な掲示は見られない。

bokDSC04077a.JPG bokDSC04085a.JPG
(左)第1ロマンスリフト。(右)ゲレンデ最下部から第5ロマンス沿いの斜面を見上げる。

リフトはチェアを外されたままの状態。右手には第1ロマンスの乗場から終点まで全体が見渡せる。メインの第5ロマンスや第2リフトの下に立って見上げると、ゲレンデ中腹あたりまでしか視線は届かない。記憶にあるよりも大規模なスキー場であったことをあらためて知ることとなった。(以下、次回へ続く)(現地訪問:2017年5月)

こちらもご覧ください → 武尊牧場スキー場[その2]
posted by 急行野沢 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

マキノスキー場(滋賀県高島市)

10数年前、琵琶湖北岸に住む方に仕事上のお願いをした。都会を離れ第一線を退いて、悠々自適の暮らしをされていたが、快く依頼を引き受けてもらった。雑談になったときに、冬には自宅近くのマキノスキー場で頻繁にスキーを楽しんでいると嬉しそうに話された。自分もこんな年齢の重ね方をしたいと思ったのを憶えている。

makDSC03860a.JPG makDSC03865a.JPG
(左)マキノ高原の入口。前方に日帰り温泉施設が見える。(右)緩斜面の最下部から見上げる。左手奥に中秋ゲレンデが見える。

その後、マキノスキー場はリフトが撤去され、子ども用の雪遊び場のようなスキー場になったと聞いた。とはいえ、まだスキー場を名乗っていて、それなりの集客のようなので本ブログで取り上げるのは気が引ける。ただ、一般スキーヤーにとっては、リフトが撤去された以上、追憶のゲレンデになってしまったといえないだろうか。

関西で所用があったので、半日を使ってマキノスキー場を訪れた。湖西線マキノ駅からコミュニティバスに10数分乗車して「マキノ高原温泉」下車。目の前は「さらさ」という日帰り温泉施設。グラウンドゴルフ場・キャンプ場や土産物屋などもあり、平日にもかかわらず思いのほか多くの人々で賑わっていた。大谷山などの登山口にもなっていて、登山者の姿も見られた。

makDSC03872a.JPG makDSC03878a.JPG
(左)緩斜面上部から見おろす。(右)緩斜面から見た中級ゲレンデ。

温泉施設の向こう側には広大な緩斜面が広がっている。斜面の左側には貸スキーや食堂などの建物が並んでいる。この斜面がいまも100mのコンベアが設置され雪遊び場として使われている。ずっと以前にはリフトやロープトウなどがあったのだろうか。

緩斜面の左側の道を進めば、脇に20台分ほどの駐車場があり、その先に「寒風・大谷山登山口」の標識。その道をひと登りすると、上部の中級ゲレンデの下に出る。中央下部にリフト乗場のコンクリート製の痕跡。ゲレンデ内にはさまざまな建物が廃墟となっている。見上げる斜面は気持ちよさそうな中斜面である。

makDSC03886a.JPG makDSC03891a.JPG
(左)中級ゲレンデの下部。建物がいくつかあり、右端にリフト乗場の痕跡が見える。(右)中級ゲレンデのリフトの痕跡。切開きの跡も残っている。

メインゲレンデを中央に、その左右にあるサブゲレンデのような斜面は、やや草木が覆い始めている。振り返ると眼下に下部の緩斜面が広がっていた。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」には、以下のように紹介されている。「1920年代オープンの関西スキー場の中で屈指の老舗。広い1枚パーンの緩斜面(90%が初中級者用)で安心のファミリーゲレンデ。ナイターなし」シングルリフト2基と記されていて、もう1基のリフトは中級ゲレンデにあったと思われるが、見つけることができなかった。

makDSC03892.JPG mak_img001.jpg
(左)中級ゲレンデの下部から見上げる。

ゲレンデに廃墟として残っている建物の数はずいぶん多い。それだけの施設を必要とするほどの集客があったということだろう。このスキー場が長い歴史を持ち、多くの人々で賑わってきたことを感じることができたような気がした。(現地訪問:2017年5月)