2019年11月09日

和田峠スキー場(その2)(長和町)

ビーナスラインから古峠(旧和田峠)にかけての斜面に広がっていたのが和田峠スキー場。今年の2月と10月に和田峠から三峰山への登山道を歩く機会があり、あらためてゲレンデの脇から現地を見ることができた。前回レポートからもう10年が経過し、斜面の大かたは唐松の植林幼樹に覆われて痕跡は薄れている。知らなければゲレンデがあったとは気づかないだろう。

wadaDSC00458.JPG wadaDSC00381.JPG
(左)ゲレンデを下から見上げる。右手にスキー学校の看板を掲げた廃屋。(右)植林された唐松の幼樹が広がる。

ちなみに旧和田峠では旧中山道と、太平洋と日本海に流れ落ちる水を分ける「分水嶺トレイル」が交差する。分水嶺のすぐに北側(日本海側)に位置していて、本州のど真ん中にあるような感じである。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」には以下のように紹介されている。「ビーナスライン入口。近くに車山高原などの大きなスキー場があるためすいており、ファミリーや日帰りスキーヤーに人気。最大斜度28度で上級者コースも揃う。ソリ専用ゲレンデ、スクール。レンタルあり」シングルリフト1基があった。2000年版掲載されているが、1998年を最後に営業を休止したはずである。

ゲレンデ下部に建つレストハウスやスキー学校の建物は、廃墟となりながらもまだ残っている。左側にあったリフト施設の痕跡は、樹木に覆われ遠目にはわからなくなっている。旧和田峠に登りつく直前に左方向に樹木のない斜面が見える。このゲレンデ上部は斜度が急なため、植林が行われなかったのだろうか。旧和田峠には中山道についての説明板がいくつも立てられていて賑やかである。峠の向こう側は諏訪湖まで望むことができた。(現地訪問:2019年10月)

wadaDSC00450.JPG wadaDSC00385.JPG
(左)ゲレンデ上部はけっこう急斜面。(右)古峠(旧和田峠)。

こちらもご覧ください→「和田峠スキー場(その1)」

2019年10月14日

狭山スキー場[2020シーズン休止](埼玉県所沢市)

sayaDSC09999.JPG sayaDSC09992.JPG
(左)ドーム右手奥には狭山スキー場の緑色の屋根が見える。前面は足場などに覆われている。(右)西武第2球場越しに見た狭山スキー場。

狭山スキー場のホームページで「2019-2020シーズン営業休止のお知らせ」が告げられている。「メットライフドームエリア大規模改修工事に伴い、2019-2020シーズンは営業を休止し、フロア内とゲレンデ一部をリニューアルすることになりました。リニューアルオープンは2020年秋を予定しております」

再開するのが確実なので、このブログで取り上げるのもどうかと思うけれど、所用で西武沿線を訪れる機会があったので現地まで足をのばしてみた。西武球団ができて間もないころ、特に西武ファンというわけでもなかったけれど、所沢の奥にできた球場にも興味があって試合を見に行った。東尾が先発で、田淵が4番だったのを憶えている。西武球場前駅に降りるのはそれ以来のことになる。ちなみに訪問時はクライマックスシリーズの開始前である。

現在は、メットライフドームと呼ばれる。エリア全体の大規模改修工事ということなので、駅改札を出るとあちこちで工事が進められているのが見える。ドームの右手奥にある狭山スキー場も前面に足場などが組まれて、工事が進められているようだ。その奥にはスキー場斜面に架けられた緑色の屋根の傾斜が見える。

sayaDSC09990.JPG sayaDSC09998.JPG
(左)駐車場入口にはsayamaの文字。(右)左・西武球場前駅。右・メットライフドーム。

「オールスキー場完全ガイド2000」(立風書房)には「リアルタイム造雪システムの室内人工スキー場。雪質はすごく細かいかき氷だが、天然の雪にかなり近い。全長320m、幅30m、標高差32mにリフト2本を備える」と紹介されている。最大斜度15度。ナイターやオールナイト営業もおこなわれている。

屋内ゲレンデとはいうものの、コースの麓や側面には壁がない半開放構造。側面はビニールカーテンで外部と仕切られていて、その外側にリフトがある。このため外気の影響を受けやすく、夏(5〜10月頃)は営業をしていない。コース全長320m、コース幅30m。ザウスなどとと比べても規模は小さく、オンシーズンに向けての体慣らしや練習用途としても使われてきた。

最大15度というのは初級コース並みだけれど、屋内のせいか結構急斜面に感じるようだ。屋外スキー場が温暖化などにより営業期間が短くなる傾向なので、狭山がどんなリニューアルをされるのか注目に値すると思う。(現地訪問:2019年9月)
posted by 急行野沢 at 09:00| Comment(2) | 東京周辺 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

高平スキー場(その2)(岐阜県郡上市)

takadDSC09767.JPG takadDSC09759.JPG
(左)ゲレンデ下のレストハウスは健在。(右)レストハウス前からゲレンデと右手の第2リフト跡を見上げる。

前掲の平家平再訪に合わせて、高平スキー場跡も訪れた。こちらは、以前訪れた時から平家平と違って、植樹などがされて園地風に整備されていたのだが、しかし草木が繁って薮っぽくなり、ゲレンデの痕跡もわかりにくくなっていた。

国道156号から「高平延年の森 この先500m」という看板を見て西側に折れる。しばらくすると道は左右に分かれるが、右の道を選択して進めばレストハウスの前に導かれる。レストハウスの周囲やそこから見上げたゲレンデ跡も、ずいぶん樹影が濃くなったような気がする。斜面は桜の木や草に覆われて、ゲレンデの痕跡は日々薄れているようだ。その一角に、一番右手にあった第2リフト乗場の残骸は残っていて、かすかにスキー場としての名残が感じられた。

takadDSC09762.JPG takadDSC09777.JPG
(左)第2リフトからレストハウスを見おろす。(右)もう1基のリフト(第1リフト?)の残骸。

先刻の分岐までもどり、今度は左手へ進む。右手にもう1基リフトの残骸があったはずだが、今回はなかなか見当たらない。すっかり木々に覆われてかすかに頭を出したリフト乗場の残骸をようやく見つけることができた。さらに進むと道すがら「ブラザーの森」という案内板が見られ、自然保護活動が進められていることが告げられている。

遊歩道としても整備されたものか、各所に方向を示す道標も設置されている。ただ、季節のせいもあって、ヤブ気味の遊歩道を歩く気にはちょっとならない。林道のような幅広の道が九十九折で上部へと進んでいるが、その道もやや崩れがちである。やはり時間の経過とともに斜面は自然に帰ろうとしていて、前回見えたような奥美濃の山々の展望は、成長した木々に遮られてかなわなかった。(現地訪問:2019年8月)

takadDSC09769.JPG takadDSC09768.JPG
一帯は「ブラザーの森」として自然保護活動の対象となっているようだ。

こちらもご覧ください → 「高平スキー場(その1)」

2019年08月30日

平家平スキー場(その2)(岐阜県郡上市)

heikDSC09751.JPG heikDSC09753.JPG
(左)長良川を渡り上っていくとゲレンデ下に至る。(右)倒壊したロッジの建物。

久しぶりに奥美濃を訪れる機会があり、平家平スキー場の跡地を再訪してみた。国道156号沿いの北濃駅前からわずかに北に進むと、東側に渡る細い橋がある。その橋を慎重にわたり、坂道を上がって行くと平家平スキー場の跡地に出る。

前回訪問から9年の歳月が過ぎ去っているものの、その佇まいは大きくは変わっておらず少々安堵する。とはいうものの、ゲレンデ下にあるロッジの建物の崩壊具合は前回よりもずっと激しいものになっている。屋根の妻部分に「ロッジ平家…」とあった建物は、すっかり潰れている。

季節のせいもあろうが草木が斜面全体を覆い、ゲレンデの痕跡を消し去ろうとしているかのように思える。斜面中央にある赤い屋根の建物は、前回訪問時にはなかったような気がするが記憶がはっきりしない。以前は斜面の下に立つとリフト乗場やリフト券売場の小屋も見渡せたのけれど、それらは樹木に覆われ近づくことさえ難しくなっている。

heikDSC09741.JPG heikDSC09744.JPG
(左)ロッジ前からゲレンデを見上げる。(右)リフト乗場は樹木に覆われわかりにくくなっている。

スキー場施設をすっかり撤去し斜面に植樹などが行われることもあるが、このようにいつまでも痕跡をとどめている場所もある。その違いは土地所有などや廃止の形態によるのだろうか。不勉強でわからない。廃ゲレンデ訪問者の勝手な気持ちとしては、平家平の痕跡に再び出会えたことは嬉しかった。(現地訪問:2019年8月)

こちらもご覧ください → 「平家平スキー場(その1)」

2019年08月09日

宝生スキー場(その2)(新潟県糸魚川市)

housDSC08649.JPG hous_img001.jpg
(左)ゲレンデ下部と思われる平坦地。

宝生スキー場についてコメントを寄せていただき、「詳しい地図でもあれば欲しいところ」と書かれていた。見返してみると宝生スキー場の地図はごく大まかにしか描いてないことに気が付いた。前回訪問から10年の歳月が流れ、その後変化があるかも知りたくて、あらためて現地を訪れた。ただ、残念ながら当時の様子を思い起こさせるものは多くはなかった。

国道148号「平岩」交差点から東に折れて、平岩駅前をかすめ、蓮華温泉へと向かう大所川沿いの県道を進む。平岩駅から約1.5km地点、右カーブの左側にチェーンで施錠された林道への入口がある。前後に路側余地があり、車をとめて、この林道を歩きはじめる。「クマ出没注意」の標識もあり、熊鈴と万一に備えた登山装備が欠かせない。

housDSC08679.JPG housDSC08660.JPG
(左)右上に大きな砂防ダムがつくられている。(右)砂防ダムの上部に広がる草地。

林道は山腹北側を東へとトラバースして行く。右へ左へと折り返した先に、平坦な草地があり、このあたりがゲレンデの下部または中間地点ではないかと思われる。その先、沢を渡る橋がある。右手を見上げると大きな砂防ダムが見える。ここまで林道入口から約1km。

やや右に曲がり道を登ると、右手の杉林の奥にリフトの残骸(コンクリート部分)が見える。猛烈なヤブを漕いで近寄ってみる。前回はその前方(西側)にもう1基のリフトの残骸が見えたが、ヤブの濃い季節だからだろうか、今回は確認できない。林道に戻りさらに進むと、右手には草地が広がっている。かつてのゲレンデの跡だろうか。

housDSC08657.JPG housDSC08667.JPG
(左)砂防ダム上部の杉林の中にリフトの残骸がある。(右)草地の斜面を上部から見おろす。下部の杉林の中にリフトがある。

このあたりがかつてのスキー場の中心地と思われるが、ゲレンデの雰囲気はあまり感じられない。砂防ダムなど大規模な治山工事が行われたためだろうか。草木も生育して、そのヤブの中にリフトの残骸が残るだけ。こんな場所を訪れるのは私のようなもの好きだけだろうと、あらためて思った。(現地訪問:2019年7月)

こちらもご覧ください → 宝生スキー場(その1)