2014年05月17日

いがやスキー場(その1)(旧安曇村/松本市)

igayaDSC_0089.JPG igayaDSC_0094.JPG
(左)ペアリフト下からゲレンデを見上げる。(右)ゲレンデ中腹からセンターハウス・レストハウス付近を見おろす。

「いがや」の名は、日本スキー界の第一人者だった猪谷千春さんが少年時代の練習コースとして使用していたことによるもの。「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」によれば「乗鞍高原温泉手前。初級者向け緩斜面が80%でチビッコも安心。エリア唯一のナイター、スクール、レンタルあり」と記載されている。ペアリフト1基の施設があった。いつ廃止されてもおかしくないと思っていたので、2009年1月に滑りに行った。そのときはどこかの団体が来ていて、思ったよりも多くの人が滑っていた。リフト1本ながら意外と滑走距離があったが、平板な斜面が多い印象だった。ゲレンデ最上部から見る乗鞍岳の姿が素晴らしかったことが記憶に残っている。

2011年1月の新聞各紙では「松本市は、指定管理者方式で運営している乗鞍高原いがやスキー場を今季限りで廃止する。(後略)」と報じられていた。1988年に旧安曇村が初心者や子ども向けのゲレンデとして開設。松本市観光温泉課によると、92年ごろの約3万人をピークに利用者が落ち込み始め、土日祝日のみの営業に切り替えた2009年度のシーズンは7148人だった。スキー人口の減少や近隣にマウント乗鞍(旧乗鞍高原温泉スキー場)もあり、数千万円が見込まれるリフト設備の更新・改修の費用捻出が難しいと判断された。跡地は夏場にも活用できるマウンテンバイクコースなどを整備する方針とも報じられていた。

しかしすぐには廃止にならず「マウント乗鞍スノーリゾート(乗鞍高原)」の一部という形で営業を続けていたが、昨シーズンの同スキー場のホームページで「いがや」の休業が告げられた。「旧いがやスキー場は今期より休止とさせて頂いております。長年に渡りご愛顧いただきましたこと心より感謝申し上げます。ファミリー向けゲレンデとして多くのちびっ子スキーヤー、スノーボーダーたちに愛され親しまれてきましたが、施設の老朽化等により営業維持が厳しくなりました。皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解をお願いしたいと存じます。」

igayaDSC_0112.JPG igayaDSC_0129.JPG
(左)ゲレンデ最上部から見おろす。(右)ペアリフト最上部には椅子がはずされて置かれていた。

あらためて乗鞍山麓へと出かけてみる。スキー場はまだほとんど営業時のままのように感じられる。リフトもチェアをはずされたままの状態。リフト乗場やその前の小さなセンターハウスの周りは、この1年間で少し雑然としてきてはいるが。リフト乗場にある小屋の中には2013年3月のカレンダーが掛けられたままになっていて、最後のリフト稼働がその月であったことを示していた。ゲレンデ下部のレストハウスも蕎麦店として営業を続けているようだ。どこからか耕運機の音が聞こえてきた。

右手の道を車で上っていくと、ゲレンデ最上部に出ることができる。そこには広い駐車場が2段に備えられ、ログハウス風の小洒落たレストランやバーベキューハウス、さらにマレットゴルフ・フィッシングパーク・スライダーなどのレクリェーション施設が整備されている。しかし、5月の休日というのに人影はまばらだった。そんな中を歩いていくとリフトの最上部に出る。そこにはペアリフトのチェアが並べられていた。見下ろすゲレンデはなかなかの広さに見える。振り返るとまだ真っ白な乗鞍岳が雄大な姿を見せていた。スキーの第一人者の名前を冠した、こんなに眺望にすぐれたゲレンデが姿を消すことに寂しさを感じた。(現地訪問:2014年5月)

igayaDSC_0145.JPG igayaDSC_0155.JPG
(左)ペアリフト終点からは乗鞍岳の眺望がすばらしい。一帯はレストランや各種レクリェーション施設が整備されている。(右)営業していた頃の様子(2009年1月)。

こちらもご覧ください→「いがやスキー場(その2)(2016年01月23日)」