2015年11月22日

マウンテンパーク津南スキー場(新潟県津南町)

いくつかのスキー場でオープンの便りも届いたものの、例年にない温かさによりオープンを延期したところもある。シーズン直前になって気をもませることが多いけれど、今シーズンも一般営業休止の話が聞こえてきた。

manpakDSC_0003b.JPG manpakDSC_0014.JPG
(左)レストハウスやロッジがあるゲレンデ入口。(右)右は第2リフト降場、左に第3リフト乗場が見える。その向こうにメインゲレンデが広がる。

新潟県津南町。長野県北部とは隣接した土地であり、そんな親しさもあってマウンテンパーク津南のことはずっと気になっていた。当間や清津などに出かけたときの帰り道に寄ってみたことがあるけれど、営業終了時刻近くだったせいだろうか、いつも閑散としていた。一般客は果たしているのだろうか、という感じだった。

そんな心配があたったといっていいだろうか、今シーズンは一般向け営業を行わないことが伝えられた。「マウンテンパーク、今冬は営業せず」という見出しで「存廃が検討されていた津南町の町設スキー場『マウンテンパーク津南』について、町は28日までに、今冬の一般客向け営業を行わず、学校の課外活動や競技などの目的に限って使用することを決めた。来季以降の存続は未定で、町は運営業者を探している。」と報じられた(新潟日報2015年10月29日)。

かつてはJR飯山線津南駅から連絡リフトがあったが、下部のリフトはずいぶん前に廃止されていて、その点は以前、本ブログでも取り上げた。近年は週末のみ第2・第3ペアリフトだけの営業となっていたようだ。
 → こちらもご覧ください 「2013年5月14日 マウンテンパーク津南スキー場・津南駅連絡コース」 (ゲレンデマップもこちらを参照願います)

manpakDSC_0018.JPG manpakDSC_0039.JPG
(左)第3リフト乗場。(右)メインゲレンデ最上部。第3リフト降場が見える。遠く越後三山の山頂部はもう白い。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」では本スキー場について以下のように紹介している。「日本一の河岸段丘の眺めと、温泉付きセンターハウスも魅力。ゲレンデ内にはロッジがあり、宿泊が即ゲレンデと直結している。標高727mの茶屋峠山頂から2.5kmダウンヒルコースがとれ、大会やポールの練習に人気がある。ベースタウンの津南町には旅館や温泉もあって便利」。全リフト稼働時には、最大斜度35度、ペアリフト5基を備えていた。関越道・石打塩沢ICから24km、50分。首都圏からは足を運びにくい立地だったと思う。

一般向け営業休止のニュースを聞いて、あらためて津南を訪れる。越後田中駅付近で国道117号から分岐して北に入り、車でゲレンデ中心部まで上がっていく。周囲の山並みは紅葉に染まっている。学校活動や競技には使用されるということなので、とくに営業休止を感じさせるようなものはない。レストハウスやロッジの建物は、中をのぞくと近年あまり使われていないようすがうかがえるものの、異常はない。その背後の第2ペア・第3ペアは搬器を外されてはいるものの、そのままスタンバイしている様子。

ゲレンデ斜面につけられた車道を通って、ゲレンデ最上部の茶屋峠まで上がってみる。秋空の眺望を楽しもうと、他にも車でやってきている人々がいた。撤去された第7ペアの降場の場所は、駐車スペースになっていて、そこからわずかに歩くとコンクリート製の展望台がある。また、その付近から東に歩けば第3リフトの降場にたどり着く。山頂部一帯からは眼下にメインゲレンデ、その下にレストハウスやロッジ、さらに河岸段丘の向こうに越後三山や谷川連峰、苗場山などの山並みを望むことができた。この眺望を楽しみながら滑ることは、もうできなくなるのだろうか。(現地訪問:2015年11月)

manpakDSC_0066.JPG manpakDSC_0085.JPG
(左)ゲレンデ最上部(第3リフト降場付近)からゲレンデを見おろす。河岸段丘の向こうに谷川連峰や苗場山。(右)少し下った場所にある第2リフト乗場。