2016年01月23日

いがやスキー場(その2)(松本市)

igaya2CIMG1960.JPG igaya2CIMG1964.JPG
(左)ゲレンデ下部から見上げる。(右)ゲレンデ最上部。

2013シーズンを最後に営業休止となっている「いがやスキー場」。Mt.乗鞍に滑りに出かけたので帰路に、「いまはどうなっているのだろう」と気になって立ち寄ってみた。

「首都圏発スキー場と宿EAST2013(実業之日本社)」には、乗鞍高原温泉の一項目としてこのスキー場について以下のように紹介されている。「『乗鞍高原いがやスキー場は隠れた穴場』 メインゲレンデへ入る左手に独立してある。ここは、日本初の冬季オリンピックの銀メダリスト・猪谷千春が少年時代に練習していたコースを整備拡張して造られたゲレンデだ。リフト1本のゲレンデだが、アルプスウォーカー付きの『キッズパーク』がある。(後略)」2012〜13シーズンは乗鞍と一体となったかたちで運営されていて、この紹介はその時期のものである。

乗鞍高原から前川渡への県道をしばらく下って右折。その場所には、まだ「いがやスキー場」を示す標識が残されていた。ゲレンデ下には蕎麦屋でもあるレストハウスが健在の様子だった。ゲレンデは雪が積もったままで、当然ながら何も整備はされていない。しかし、リフトはチェアを外されただけの状態であり、ゲレンデ中腹の建物には、稼働はしていないものの圧雪車が格納しているのが見えた。積雪がいまひとつなので、ブッシュが出ているところが見えるものの、少し整備をすれば営業できる状態のように見える。

Mt.乗鞍のパンフレットには「旧いがやスキー場は休業しています」と表記されている。「休業」ということは、復活の可能性も考えられるということだろうか。ゲレンデの様子をみるとそんな可能性も感じさせる。雪雲が空を覆いはじめ、ゲレンデの向こうに見えるはずの乗鞍岳を隠してしまった。(現地訪問:2016年1月)

こちらもご覧ください→「いがやスキー場(その1)(2014年05月17日)」

2016年01月01日

獅子吼高原スキー場[北沢ゲレンデ](石川県白山市/金沢市)

sisi3DSC_0050.JPG sisi3DSC_0055.JPG
(左)案内図に「石川県第1号リフト跡」。(右)第1リフト降場跡。

獅子吼高原についてのレポート3回め(=最終回)は、山頂部の北側にあった北沢ゲレンデについて取り上げたい。なお、地図は前回掲載のものを参照してほしい。

センターハウス前から旧南沢ゲレンデ(ペアリフト)と反対側に歩くと「獅子吼遊歩道案内図」という案内看板があった。そこには「石川県第1号リフト跡」の記入がある。その図に従って直進すると、右手の藪の中に錆びついたリフト降場の施設が残っていた。北沢ゲレンデの第1リフト(シングルリフトか?)のものだろう。そこから北東方向に向けて草地のゲレンデの痕跡が下っていて、リフトの支柱が点々と続いている。ワイヤーやチェアは残っていない。目を上げると遠く剣岳・立山方面の真っ白な山並みが見えた。

sisi3DSC_0063.JPG sisi3DSC_0072.JPG
(左)第1リフトの支柱とゲレンデ。遠く剣岳・立山方面の眺望。(右)第1リフト中間部では林道とリフトが並行している。

稜線の東側直下の林道を北東方向に下っていくと、やがてリフトの支柱と平行するようになる。しかし、その先は固く施錠されたフェンスで行き止まり。どうやら、林道経由で山頂部には行けないようにする措置のようだ。そこで山麓部までゴンドラで降り、車で大きく北側を迂回してこの林道を山麓部から上がっていくことにした。舗装林道を10kmほど走れば「日本海スピードウェイ」と書かれたサーキットの傍らに到着。このあたりが北沢ゲレンデの中心部だったと思われる。レストハウスや駐車場もあったのだろうか。営業当時、ここまで車で来られたのかもわからないが。

sisi3DSC_0131.JPG sisi3DSC_0134a.JPG
(左)第2リフトの降場跡。すぐ横はサーキットになっている。(右)第2リフト上部から下部を見下ろす。前方は内川ダム。

サーキットの横に下部の第2リフト(シングルと思われる)の降場が、樹木が巻き付き錆びついて立っていた。草の生い茂るゲレンデの痕跡とリフトの支柱が北東側に向かって下っている。こちらもワイヤーとチェアは残っていない。支柱には「獅子吼の森、よみがえれ」という文字が書かれていて、ゲレンデ廃止後に植林の取り組みが進められたことを物語っていた。斜面の先には内川ダムと金沢市南部の丘陵地域が見える。中級クラスの程よい斜面に思えた。

そこから少し離れて、南西方向の樹林の中にリフト乗場が残っている。先ほど山頂部で見た第1リフトの最下部である。林道を閉鎖しているフェンス越しにリフトの支柱が点々と山頂部まで続いているのが見て取れる。北沢ゲレンデについては、ゲレンデ・リフトの痕跡が予想以上に残っていた。尾根上をたどるような展望のよいコースであり、こちちも営業中に滑ってみたかったという思いに駆られた。(現地訪問:2015年12月)

sisi3DSC_0121.JPG sisi3DSC_0116.JPG
(左)第1リフト乗場跡。(右)左の樹林の中に第1リフト乗場。そこから山頂部にリフト支柱が続いている。

こちらもご覧ください → 「獅子吼高原スキー場[スカイ獅子吼 南沢ゲレンデ]」
                「獅子吼高原スキー場[日本海コース]」
posted by 急行野沢 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川県 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする