2016年11月22日

ヤナバスノーパーク(その2)(大町市)

11月10日付信濃毎日新聞でヤナバスノーパークの今冬の営業休止が報じられた。
「大町市平のスキー場『ヤナバスノーパーク』の運営会社ヤナバを傘下に収めて事業再生に取り組んでいるマックアース(兵庫県養父市)は今冬の同スキー場の営業を断念すると決めた」とのことである。

yana2CIMG9074.JPG yana2CIMG9076a.JPG
(左)列車が通過していくヤナバスキー場前駅。再び列車が停車する日が来るのか。(右)大糸線・国道148号の向こうにゲレンデ。

同スキー場は経営難により2014シーズンに営業を休止(→「ヤナバスノーパーク(その1)」参照)。マックアースが支援に乗り出し、翌2015シーズンに営業再開。しかしながら2シーズン連続で赤字となり、再生は困難と判断。撤退を視野に入れ、ヤナバの譲渡先を探しているとのこと。2015シーズンはナイター営業の時間延長にもかかわらず客足は伸び悩み、2016シーズンは雪不足のためオープンが1月下旬にずれ込んだ。2016シーズンは40日間のみの営業で、売り上げは1300万円(目標6千万円)、利用者数はわずか7975人だったという。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」には「雪質には定評があり、緩やかな中緩斜面中心のゲレンデは家族連れにも人気がある。山頂から真下にある青木湖に飛び込む感じのダウンヒルは大きな売り物」と紹介されている。当時は、クワッド1基・ペア3基であったが、その後、ペア2基は使用休止となっている。最近はスノーボーダーが多かったのではないかと思う。ファミリー層の開拓はどうだったのだろうか。

yana2CIMG9078.JPG yana2CIMG9080.JPG
(左)センターハウス前からゲレンデを見上げる。(右)ゲレンデ最下部。圧雪車は置かれているが、開業準備の様子はない。

国道148号沿いに広い駐車場があり、ゲレンデ直下に大糸線の駅もありアクセスは便利。しかし、この先に白馬方面の大きなゲレンデが林立しているので通過してしまう人が多かったのか。また、白馬へのアクセスは長野経由の比重が大きくなっているのも影響しているのだろうか。

大町方面に出かけたついでに、あらためてヤナバを訪れる。ゲレンデ基部に圧雪車が置かれているものの、当然ながら開業準備の気配はない。国道沿いの案内表示はそのまま。対岸の青木湖スキー場も休業のまま。雪の季節を前に、青木湖の上には冷たい風が吹き渡っていた。(現地訪問:2016年11月)

yana2CIMG9087.JPG yana2CIMG9118.JPG
(左)国道沿いの案内板はそのまま。(右)青木湖対岸からゲレンデ全体を見る。

こちらもご覧ください→「ヤナバスノーパーク(その1)」
posted by 急行野沢 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 白馬山麓 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

妙高パインバレースキー場(その2) (新潟県妙高市)

mpineCIMG8612.JPG mpineCIMG8621.JPG
(左)アパリゾートの案内板。スキー場の文字はない。(右)アクセス道路からメインゲレンデとセンターハウス・ゴンドラ・高速ペア乗場。

妙高パインバレーのことを本ブログで取り上げたのは6年前のこと。アパグループがホテル・ゴルフ場などとあわせて買収したものの、ほんの数年でスキー場経営を中止した。その直後のことだった。そのときは冬だったので、ゲレンデ下から見上げた様子しかわからなかった。いつか上部の様子もあわせてレポートしなければと考えていた。秋晴れの休日に妙高に向かう。アパリゾートは総合リゾート施設なので、スキー場以外は経営を続けている。今日もゴルフ場にはプレイをする人の姿が見られた。

ゲレンデ下に行ってみると、広い駐車場に向かい合うセンターハウスや、ゴンドラ・2基の高速ペアリフトとも現役さながらの様子に見えた。窓ガラスが破損するなど細かいところでは建物の傷みが見られるものの、営業中止から6年を経てもしっかり管理されている様子がうかがえた。ゴンドラやリフトも搬器はもちろん外されているものの、ワイヤーは張られたまま鉄柱を渡っている。メインゲレンデだった斜面も雪さえ積もれば、すぐにでも滑走できそうだ。この様子からすると、状況次第ではスキー場営業を再開する可能性も考えているのだろうか。そんな期待もいだかせる。

mpineCIMG8635.JPG mpineCIMG8638.JPG
(左)スカイラインコースの斜面と右手に第4高速ペア。(右)ダウンヒルコースの入口。

ホテルの脇からゲレンデ上部を通過して樽本集落や斑尾高原方面に通じる舗装林道。この道を車でたどる。しばらく上ると左手に第4高速ペア乗場の建物があらわれる。この建物も大きな破損はなく、リフトのワイヤーも張られている。リフト左にはややススキの背が高くなったスカイラインコースの跡が見て取れる。さらに進むと、頭上をゴンドラのワイヤーが横切り前方にゴンドラ終点の建物が見える。林道から左に分岐すると、この建物の前に出る。こちらもわずかな破損を除いて建物はしっかりしている。建物左後方には、赤倉や杉ノ原の斜面が見えた。周囲は一面の紅葉だ。

mpineCIMG8640.JPG mpineCIMG8644.JPG
(左)ゴンドラ終点駅を下から見上げる。(右)ゴンドラ終点駅。左に赤倉・杉ノ原のゲレンデが見える。妙高山頂は雲の中。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」には、「妙高連山や戸隠、斑尾を見渡す絶好のロケーションにつくられたリゾートスキー場。サウナ・露天風呂・温泉浴場などがある。中級スキーヤーならゴンドラですべてのコースが楽しめる」近年、ファミリー層がスキー人口を支えていることを考えると、このゲレンデ構成や施設はそんなファミリー層には適しているのではないか。ARAI復活のニュースもあるので、そんな気にもさせられた。(現地訪問:2016年11月)

mpineCIMG8648.JPG mpine001.jpg
(左)ゴンドラ終点駅から見た第4高速ペアの最上部。(右)最盛期のゲレンデ構成。

こちらもご覧ください→「妙高パインバレースキー場(その1)」