2017年03月24日

クールヴァル東京(東京都板橋区)

埼京線浮間舟渡駅から徒歩5分。町工場に、マンション・集合住宅や大型スーパーが混在する町並み。地名の示すとおり、古くは渡し場があったのだろう。すぐ向こうには隅田川が流れている。都内唯一の屋内スノボ場だったクールヴァル東京の跡地を探して歩く。古いガイドブックに住所が記されているので、探すのは比較的簡単である。

coolDSC02183a.JPG coolDSC02184.JPG
(左)埼京線浮間舟渡駅のホームから。前方右手が跡地。(右)近辺は町工場が建ち並ぶ。

町工場の前でおじさんに声をかけて場所を尋ねてみる。屋内スノボ場は、すぐ目の前の大きなカーショップの広い駐車場あたりの場所にあったらしい。当然ながら、そこに屋内ゲレンデがあった痕跡を示すものは見あたらない。大きく回り込むと、隅田川に架かる橋の上から敷地を見渡すことができた。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」には屋内スノーボード場のページに、このクールヴァル東京が紹介されている。「東京都内唯一のスノーボード場。65mの滑走距離は屋内コースとしては長いほうだ。今シーズンからファンスキーも滑れるようになった。フリーマーケットなどのイベントやポイントカードによる特典あり」

通年の営業で、営業時間は10〜23時。ゲレンデ材質は吸水性ポリマーを使用し、サラサラタイプの人工雪だったようだ。ムービングベルトが設置されていて、ハーフパイプも備えられていた。スノボだけでなく、イベント的に「そりあそびデー」もおこなわれていた。1998年11月にオープンし、経営主体も替わりながら2001年12月に閉鎖となったようだ。なお、東京近辺ではスノーヴァ溝の口・スノーヴァ新横浜が現在も営業を続けている。

coolDSC02195a.JPG coolDSC02199.JPG
(左)跡地と思われるカーショップの駐車場。(右)隅田川に架かる橋の上から跡地を見る。

スノボをしないので営業中に現地を訪れることはなかったし、どんな様子だったかをなかなか想像しにくい。現在でもネット上で滑走の記録を断片的にせよ見ることができるのだが。立地は良かったと思うし、スキー・スノボ人口もいまほど減少していなかったのではないかと思う。なぜ、こんな短期間で閉鎖に至ったのだろうか。(現地訪問:2017年3月)
posted by 急行野沢 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京周辺 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

志賀高原の休廃止リフト(その4 熊の湯〜横手山・渋峠)(山ノ内町)

志賀高原の休廃止リフトの現地レポート。最終回は熊の湯・横手山エリア。横手山は廃止リフトが見られない。それだけもともと輸送力がスリムだったということだろうか。周辺では前山や笠岳が廃止になっているのだが(別途レポート済)。
訪問時には一の瀬・高天ヶ原方面にくらべると滑っている人の数は少なく感じられた。横手山山頂部からの展望は素晴らしかったが。
(■=撤去、▼=休止=現存しているがゲレンデマップから削除、●=訪問時運休、【 】内は最下段地図上のリフト番号))

(59)DSC01782_kuma1.JPG (63)DSC01800_kuma2.JPG
(左)熊の湯第1ペア右側に熊の湯第1リフトがあったはずだが撤去されている。(右)熊の湯第2ペアリフトA線・B線。かつてのシングルリフト3本から架け替えられている。

■熊の湯第1リフト【59】
熊の湯の一番右手に第1ペアと平行して架けられていたが撤去されている。これらリフト終点から右へ行くと笠岳スキー場に滑り込めたが、笠岳は廃止となっている。

■熊の湯第2リフト(A・B・C線)【63】
現在は第2ペアA線・B線の2本に架け替えられている。輸送力はアップしているはずだが、リフト本数は1本減っている計算になるので、一応ここにあげておく。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(65)DSC01796_kuma4.JPG (75)DSC01817_shibuq.JPG
(左)熊の湯第4ペア。訪問時には運休。(右)ゲレンデ左手に稼働しない渋峠第2クワッド。

●熊の湯第4ペア【65】
訪問時にはリフト乗場は雪に覆われていた。今シーズンあまり稼働した気配がない。今後、稼働することがあるか注視していきたい。

▼渋峠第2リフト【75】
渋峠ゲレンデのトップに向かって右手にクワッドが架けられていて、いまも施設は残っているもののゲレンデマップからは削除されてしまった。施設の建物はやや老朽化が目立つ。今後、稼働することは期待できない。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(55)DSC01774_kido.JPG shiga_img003.jpg
(左)木戸池リフトの田の原湿原側。(右)1992シーズン。ゲレンデマップ。熊の湯・横手山周辺を抜粋。

●木戸池リフト【55】
訪問時には木戸池リフトは稼働しておらず、ゲレンデも圧雪されていない状態だった。ネット上の掲示を見るとその後稼働している日があったので、宿泊団体客のスキー教室などがあって稼働させたということだろうか。としても稼働日数があまりに少ない。(現地訪問:2017年1月・2月)

こちらもご覧ください → 志賀高原の休廃止リフト(その1)
こちらもご覧ください → 志賀高原の休廃止リフト(その2)
こちらもご覧ください → 志賀高原の休廃止リフト(その3)