2017年12月26日

野沢温泉スキー場のリフト改廃(その1)(野沢温泉村)

nozawa_map02a.jpg 野沢温泉リフト一覧a.jpg

昨冬は志賀高原のリフト改廃について調べた。もう動かないだろうと思ったリフトが多客期には「稼働していた」という指摘も受け、難しさも感じた。しかし一方、スキー場の歴史の流れの一部を記録できたのではないかと思う。

そこで、今回は長野から近いところで野沢温泉について取り上げてみたいと考えた。私の手元にある最も古い資料は、1987シーズンのゲレンデマップ。このマップにあるリフトと今シーズンのリフトの比較表をつくってみたのが上の表である。

もちろん輸送力増強のため、クワッド(同スキー場では「フォー」と呼ぶ)やペアなどに架け替えられているものが多い。しかし一方、現在はまったくリフトのない位置に存在したものも見受けられる。上のマップ上に○印をし、別表上に色を塗った11のリフトがそれに該当する。

その中には「ここにリフトがあると便利なのだが」と思えるものも中には見られる。シーズンインした現在は、これらのリフトの痕跡を探すことは難しいだろうけれど、野沢温泉に行って可能な範囲で調べたいと思う。近々、現地に赴いてみたいと思う。

こちらもご覧ください → 野沢温泉スキー場のリフト改廃(その2 山麓部) 野沢温泉スキー場のリフト改廃(その3 中間部)
posted by 急行野沢 at 09:30| Comment(1) | 信越沿線 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

ロッテアライリゾート(新潟県上越市)[再開]

lotCIMG0877.JPG lotCIMG0882a.JPG
(左)道沿いの新しい案内標識。(右)正面入口から。

12月16日よりロッテアライリゾートがスキー場営業を開始している。閉鎖されたスキー場の中でも、復活を望む声が最も大きかったところかもしれない。しかし、リフト料金などを見ても強気な設定で、外国人客・長期滞在客などにターゲットを絞っていることは明らか。また、オフピステの斜面も充実しているようだ。どうもオールドスキーヤーがのろのろと立ち入るのは憚られるので、しばらく様子をみてみようと思う。

上越方面に所用で出かけた帰り、外観だけでも様子を見てみようと立ち寄った。道沿いの案内標識は新しいものに変わっている。ゲレンデに向かって正面入口からはスタイリッシュな建物が見えた。

lotCIMG0886.JPG lotCIMG0895.JPG
(左)P2からホテルなどの建物を見る。(右)正面右手の道から見たホテルなどの建物。

そこから左に進むと日帰り用駐車場P1・P2が設けられている。天気の悪い平日の夕方だからか、広い駐車場にほとんど車はいなかった。駐車場の向こうにホテルなどの建物が見える。豪華な雰囲気が見て取れた。あいにくの小雨模様でゲレンデは霞み、その様子はよくわからない。ネット上で確認するとリフト・ゴンドラが「強風のため運転見合わせ」という記載が多く見られた。

こちらもご覧ください
「ARAI MOUNTAIN & SPA(その1)」
「ARAI MOUNTAIN & SPA(その2)」
「ARAI MOUNTAIN & SPA(その3)」
「ARAI MOUNTAIN & SPA(その4)」
「旧新井リゾート 2017年度オープンへ」
[復活へ]ロッテアライリゾート(新潟県妙高市)