2018年01月31日

草津国際スキー場「本白根ゲレンデ」「白根火山ロープウェー」廃止見通し(群馬県草津町)

草津国際スキー場で噴火により被害を受けられた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
「草津白根山の本白根山(群馬県草津町)の噴火後に利用できなくなっている草津国際スキー場の山頂付近の本白根ゲレンデについて、町は30日、閉鎖する方針を固めた。噴石被害を受けた白根火山ロープウェーも廃止される見通しである」と報道された(上毛新聞)。草津町長が明らかにしたもので、近く議会も含めた関係者などと協議したうえで最終決定されるという。

噴火の翌日には山麓部の天狗山・御成山・青葉山の各ゲレンデは営業再開していたので、それより上部も噴火の状況が好転すれば再開の日が来ると思っていた。振子沢・清水沢は草津を代表するコースだった。何より安全を優先すべきであることは間違いない。まだ先のことになると思われるが、草津国際スキー場については、いつかレポートしたいと考えている。
posted by 急行野沢 at 23:00| Comment(5) | 群馬県 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする