2018年06月28日

野沢温泉スキー場のリフト改廃(その4 山頂部)(野沢温泉村)

野沢温泉スキー場の廃止リフトについて、山麓部・中間部の稚拙なレポートを掲載したのは2月のこと。案の定、事情に詳しい方々からのご指摘をいろいろいただいた。山頂部については、さらに正確さを欠く話になりそうで躊躇していた。

雪解けを待って車で上ノ平まで上がってみたが、新たな発見はほとんどなかった。推測の域を出ないレポートだけれど、詳しい方々からのご指摘をいただく契機にでもなればと思う。
→ その後、コメント欄でご指摘いただきました通り、以下の記載には正しくない点があるようです。コメント欄をあわせてご覧ください。

■第20ペアリフト
日影ゴンドラ上ノ平駅駅付近から、上ノ平ゲレンデ上部に向けてに掛けられていたリフト。現在の上ノ平ゲレンデの最下部をカバーしていたと思われる。

ue20_a.JPG ue20_b.JPG
(左)日影ゴンドラ上ノ平駅前。このあたりから前方に架けられていたのではないだろうか。(右)上ノ平フォーリフトから上ノ平駅付近を見おろす。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■上ノ平第1リフト
チャレンジリフトから接続して、その上部に架けられていたリフト。当時のチャレンジリフトは現在のチャレンジペアよりも少し短かったのではなかろうか。現在の呼び方では、パラダイスゲレンデ下部左側ということになる。正確な位置はわからないが、左手にロッヂなどが立ち並ぶあたりを横切っていたのだろうか。

ue1_a.JPG ue1_b.JPG
(左)現在のチャレンジペア降場。この付近を通り上部に向かって架けられていたはず。(右)左手にはロッヂなどが立ち並ぶ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■上ノ平ロマンスリフト
上記の上ノ平第1の中間点あたりから上部に向かっていたリフト。終点は現在の上ノ平フォー乗場あたりか。付近はパラダイス上部の快適な斜面である。

uer_a.JPG uer_b.JPG
(左)上ノ平フォーリフト乗場付近。(右)パラダイス上部の快適な斜面を上から見おろす。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■第21・22ペアリフト
現在の上ノ平フォーリフトでカバーされる位置にペアリフトが2基あったと思われるが、上ノ平フォーより東側に位置したのではないだろうか。第22は山頂部に向かってやや左の斜面に架かり、第21との接点は巣鷹湖への道が分岐するあたりだったのではないか。(→21と22は接続していなかったらしい。コメント欄参照ください)

ue21_a.JPG ue21_b.JPG
(左)第22が架かっていたと推測する斜面を見上げる。(右)第21は少し東側のこのあたりに架かっていたか。

■上ノ平第2リフトA・B線
現在のパラダイスフォーでカバーされる場所にあったと思われる。

nozawa_map02a.jpg
(現地訪問:2018年2月・6月)

こちらもご覧ください → 野沢温泉スキー場のリフト改廃(その1)  野沢温泉スキー場のリフト改廃(その2) 野沢温泉スキー場のリフト改廃(その3)
posted by 急行野沢 at 20:03| Comment(2) | 飯山線沿線 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

西霧野スキー場(岐阜県飛騨市)

本ブログで何回もお世話になっているKさんから、黒内にあるスキー場のことを聞いていた。飛騨市古川町の「桃源郷温泉すぱーふる」のすぐ近く。現在は黒内果樹園になっている場所だという。温泉スタッフのおばさんに聞いたところ、小さい頃行ったことがあるけれど、リフトもなくスキー場というよりスキーができる場所だったとのこと。

nishikiri_CIMG2247.JPG nishikiri_CIMG2239.JPG
(左)桃源郷温泉の案内板と黒内果樹園の建物。(左)黒内果樹園内の小道から斜面上部を見る。

調べてみたところ「西霧野スキー場」と呼ばれていて、昭和初期にはスキー大会が開かれていたようだ。飛騨市の広報紙「広報ひだ」(2013年12月号)に古川町史編纂室による記事「飛騨市歴史探訪 西霧野スキー場から黒内果樹園へ」が掲載されている。それによれば、昭和17年(1942)の小鷹利村々勢要覧の添付地図で、現在の黒内果樹園の位置に西霧野スキー場を確認することができるという。

この要覧には「約1キロメートルのスロープにヒュッテが二棟あり、雪質は良好で冬季は大変賑わっており、定期自動車の便がある」と記されている。その後、同地では果樹園開墾の計画が進められ、昭和34年(1959)、西霧野スキー場は果樹園と桑園に開墾されてスキー場としての歴史を閉じたようだ。

nishikiri_CIMG2241.JPG nishikiri_img001.jpg
(左)黒内果樹園内の小道から下部を見おろす。

飛騨方面に出かけた際に立ち寄ってみた。桃源郷温泉の案内標識に従って進み、その手前左手にあるフルーツパーク黒内果樹園の建物手前を左折、川を渡れば果樹園内の小道に入り込む。一面の果樹園は雪に埋もれている。見たところ果樹園は緩やかな斜面に立地していて、スキーで滑るのにはちょうどよい傾斜のように思えた。当然ながらスキーに関係する痕跡は見られなかった。

訪問時には果樹園は一面の雪に覆われていたが、季節がよければ、果樹狩りと温泉施設が隣接していて休日を楽しむのによい場所ではないだろうか。しかし、いまとなっては、ここでスキーが行われていた頃を想像するのは難しかった。(現地訪問:2018年3月)
posted by 急行野沢 at 10:10| Comment(0) | 岐阜県 飛騨 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする