2020年12月30日

妙高スキーパーク(新潟県妙高市)[今シーズン営業休止]

myoksDSC09394.JPG myoksDSC09395.JPG
(左)未圧雪のゲレンデの向こうに妙高山を望む。(右)センターハウス。

妙高スキーパークのホームページに「2020-2021 SEASON CLOSE 今年度の営業は休業いたします。来シーズン、何卒よろしくお願い申し上げます」と掲示されている。ファミリー層中心のスキー場なので、コロナの影響について慎重に考えた結果なのだろうか。コロナが収束すれば来シーズン以降、再開すると思われる。(→休業理由については、コメント欄に情報をお寄せいただきました)

20年ほど前に家族で出かけたことがある。ペアリフト1本に緩斜面。ガッツリ滑りたい人には物足りないゲレンデだけれど、スキーを始めたばかりの子ども連れには最適。センターハウスも家族連れを想定した設備が整っていたと思う。国道18号関山交差点からさほど距離もなく、積雪の多い道ではあるものの車でのアクセスは悪くない。

myoksDSC09397.JPG myoksDSC09401.JPG
(左)雪に埋もれたペアリフト乗場。(右)ゲレンデ中腹。

12月としては久しぶりの大雪に見舞われた直後、関温泉に向けて車を走らせてみた。やがて道の左側には妙高スキーパークの建物が見え、数台の車が入って何らかの作業はしている様子。しかし、ゲレンデやリフトは新雪に覆われたままで、整備が進められる様子は見られない。

道の右手の休暇村妙高ルンルンスキー場やこの先にある関温泉スキー場は、もう間もなく開業すると告げられている。この積雪があれば開業できそうなゲレンデから見上げると、妙高山が白く輝いて見えた。目を転じれば信越国境の山並みが続いている。この景観も魅力的だと思う。(現地訪問:2020年12月)

myoksDSC09402.JPG  myoks_img307.jpg
(左)ペアリフト最上部。

2020年12月17日

わかぶな高原スキー場(新潟県関川村)

wakabDSC00944.JPG wakabDSC00945.JPG
(左)ゲレンデ最下部から見上げる。(右)ゲレンデ最下部のクワッド乗場付近を見おろす。(いずれも2015年3月)

わかぶな高原には2015年3月に一度だけ、訪れたことがある。新潟県内のスキー場を踏破する目的であった。もう少しローカル色の強いゲレンデかと思っていたが、クワッドで上がったところから擂鉢状にコースが広がり、スノーボードの若者が多くて思っていたよりも明るい雰囲気。3月に入り雪質が悪かったのは残念だったけれど、周囲の景観は素晴らしく日本海まで見渡すことができた。

wakabDSC00947.JPG wakabDSC00953.JPG
(左)クワッドから降りて第3ペアを見上げる。(右)クワッド上から第1・第2ペア方面を見る。(2015年3月)

そのため、場合によっては短時間で切り上げるつもりだったけれど、結構長居をすることになった。中級者に面白かったのは第1ペア沿いだった。わかぶな高原スキー場は1987年、まさにバブル最盛期に開業。スキー場内の各施設も何となくバブル期創業の雰囲気を感じさせた。昨シーズンは雪不足のため1日も営業できなかった。

スキー場や村のホームページで明言されてはいないが、少なくとも今シーズンの営業は休止となったと思われる。また、状況を見ると来シーズン以降の営業も厳しいようだ。本年8月の新聞報道によれば「新潟県関川村は31日、わかぶな高原スキー場の運営会社に対して、施設からの立ち退きを要請した。同スキー場は赤字経営が続いており、村長は取材に対して『退去期限を延長しても、赤字体質から脱却する具体的な根拠が示されなかった』と説明した」とのことであった(新潟日報)。

wakabuDSC07753.JPG wakabuDSC07738.JPG
(左)アクセス道路にはスキー場の案内板。(右)センターハウス入口には「立入禁止」。(2015年10月)

さらに「村長はスキー場を村が直営する考えはなく『今冬のスキー場営業は極めて難しいだろう』との見方を示した」と掲載されていた。9月村議会では「現在、撤退の準備をしている状況」と報告されている。10月にわかぶな高原の入口まで行ってみたが、「立入禁止」と表示され敷地内に入るのは憚られた。ただ、センターハウス前に何台か車があり、何らかの作業が行われている様子だった。

『オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)』には「国道113号線荒川地域に温泉が数ヶ所存在する。ファミリーにメインゲレンデのわかぶなコース。上級者にはコブのハイテックコース」と紹介されていた。リフトはクワッド1基、ペア3基。下越地方のスキー場は昨シーズンの雪不足で大打撃を被ったところが多い。ここもそのひとつといえるだろう。(現地訪問:2015年3月、2020年10月)

wakabuDSC07751.JPG wakabimg306.jpg
(左)遠目にゲレンデ上部を見上げる。見えているリフトは第3ペアか。(2015年10月)

→ 「わかぶな高原スキー場(その2)」2021年2月5日
posted by 急行野沢 at 22:18| Comment(3) | 新潟県 下越 営業休止のスキー場 | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

エコーバレースキー場(長和町)[今シーズン営業休止]

echoDSC09149.JPG echoDSC09135.JPG
(左)ゲレンデを見上げる。左・アンデルマットゲレンデと第8ペア、右は上部へ続く第1ペア。(右)中腹からゲレンデ最低部を見おろす。

エコーバレースキー場のホームページには「スキー場休止のご案内」として「公表が大変遅くなりまして申し訳ございません。2020-2021シーズンの営業に向けて準備を進めて参りましたが、十分なコロナ対策が困難と判断し、今期の営業を休止する運びとなりました。(後略)」と告知されている。

同一の経営主体による白馬さのさかは当初休止としていたものが一転、オープンの目処が立ったと公表された。しかし、エコーバレーはこのまま今シーズン営業休止となりそうである。エコーバレーのこの数年は、譲渡先や営業開始がなかなか公表されないなど、気をもむことも多かった。

echoDSC09151.JPG echoDSC09155.JPG
(左)ゲレンデ入口。(右)稼働準備もしていないスノーマシン。

既にオープンしたスキー場もある12月初旬。国道から姫木平に分岐する地点には「エコーバレースキー場」の案内板があるが、今シーズン休止の文字は見当たらない。ゲレンデ入口まで行ってみると、スノーマシンもゲレンデ下に置かれたまま。リフトのチェアもカバーの下。事務所前には数台の車があるものの、やはりオープンに向けての準備を進めてはいないようだ。

ゲレンデ上部はうっすら白いものの、ゲレンデはまだ秋の風情。広いガランとした駐車場も所在なさげ。周囲の店舗や宿泊施設などもシャッターを下ろしている。実は最近では、霧ヶ峰の軽い山歩きの起点としてレストハウス・ピステ脇にある広大な駐車場を使うことの方が多かった。山彦の稜線から見おろすと、この谷を上手にゲレンデに使った様子がわかる。

echoDSC09138.JPG 131022DSC02552a.jpeg
(左)ゲレンデ下の店舗など、(右)山彦谷南の耳から。前方に第6クワッド・第4トリプル・第3ペア各リフトの最上部が見える(2017年11月)。

「首都圏発スキー場と宿EAST2003(実業之日本社)」には「殿上山の斜面に開かれたアンデルマットゲレンデと、その上部に扇状に広がるハイローゼン・エコー・サンライズといったゲレンデから構成されている。晴天率も80%と高く、澄んだ空気、真っ青な空、サラサラのパウダースノーは首都圏から3時間圏内のスキー場とは思えないほど」と紹介されている。スイス・アンデルマットと提携。当時は仮眠施設なども充実していた。

わが家からさほど遠くないものの、スキーに出かけたのは1993年2月の1回だけ。擂鉢状の地形にゲレンデが配置されているが、やはりアンデルマットが名物コースだった。最盛期からはペアリフト1基が廃止されたものの、それでもリフト7基(クワッド1、トリプル3、ペア3)の規模を誇っている。その規模もやや中途半端で持て余し気味なのかもしれない。

echoDSC09139a.JPG echoDSC09145.JPG
(左)ゲレンデマップ。(右)ゲレンデ最下部の第8ペア乗場とスクールなどの建物。

リゾート的な雰囲気が強い白樺湖周辺のスキー場の中では、比較的硬派なイメージがあった。来シーズン以降の動向は不透明。これだけの規模のゲレンデがこのまま過去帳入りしないことを祈りたい。(現地訪問:2020年12月)

2020年12月01日

2021シーズン 営業休止?のスキー場

2021今シーズン営業休止が見込まれるスキー場。
本ブログで既報のほかは、以下のようなところでしょうか。
(関東甲信越・北陸・東海の範囲ですが)

[福島]猪苗代リゾート
[新潟]わかぶな高原 石打花岡 妙高スキーパーク
[長野]エコーバレー
[岐阜]飛騨高山 チャオ御岳
[福井]今庄365 新保ファミリー

コロナの影響もあるので、来シーズンは復活するところもありそう。
危ぶまれていた「胎内」「あさひプライム」「あわすの」「ひだ流葉」「飛騨位山」「飛騨舟山」あたりは営業しそうですね。「白弓」は今シーズン限りで休止でしょうか。

wakDSC00941.JPG wakDSC00956.JPG
わかぶな高原スキー場(2015年3月訪問時)

*コメント欄へのご指摘があり、妙高スキーパーク、猪苗代リゾートを追記しました。
posted by 急行野沢 at 11:34| Comment(6) | 信越沿線 営業休止のスキー場 | 更新情報をチェックする