2009年03月07日

妙高パノラマパーク(新潟県妙高市)

P1010240妙高パノラマ跡a.jpg 091103DSC_0017a.jpg
(左)南側からサンセットゲレンデの方向を見上げたところ。

子どもの頃、父親に連れられてよく行ったのが、この妙高パノラマだった。妙高高原(当時はまだ「田口」という駅名だった)の駅から、赤倉や池ノ平・杉ノ原などに向かう「大人」のスキーヤーたちを眺めながら、反対の方向にわずかに歩いたところ。その頃は車でスキーに行くなどという人はほとんどいなくて、みんな列車やバスを使ってゲレンデに向かった時代。駅からわずかな距離にあるこのゲレンデは、子どもを連れて行くには便利だったのだろう。

第1・第2・第3リフト沿いはナイター営業もあり、一時は「赤倉に行った帰りの列車を待つ間のひと滑り」などという使い方をする人もいたと聞く。駅前(駅裏?)ゲレンデのわりには道をはさんで5本のリフトがあり、そこそこの規模でそれなりのすべり応えがあった。私は小学校低学年の頃だったので、もっぱら第5リフト沿いで滑っていたと思う。その頃、どうだったか記憶が定かでないが、当初は道の南側が「妙高東山スキー場」、道の北側が「妙高大和スキー場」と別のスキー場であったようだ。

「'86 SKI GUIDE(山と渓谷社)」には「袴岳(1,135m)の南西斜面に23haの広がりをもつスキー場で、越後富士と称される妙高山を中心とした赤倉・新赤倉・池の平の各スキー場をパノラマで望めるすばらしい景観の地にある。ゲレンデには最大42度のベテラン向きのバーンから、初級者向きの林間とそろい、ホテル直営で設備も完備し、あまり混雑もせず、ポール練習も充分にできると大学などのクラブ合宿に定評がある」と紹介されている。標高600〜800m。スキー場開設は1972年(昭和47)となっているが、私は前記のとおり小学校の頃滑ったことがあるからこの開設時期は「妙高パノラマ」という名前になった時期と思われる。

「スキー場ガイド4 信越ビッグゲレンデ(1977年・スキージャーナル社)」によれば、「妙高高原駅の裏側にあたり、対面の赤倉一帯が一望でき、文字通りのパノラマ台。……斜面は最大42度の急斜面をもつ第2リフト、初心者用の第5リフトなどコースは短いが、初・中・上級とまんべんなく楽しめる。メインゲレンデは第3リフト沿いの中斜面で、女性スキーヤーがたむろしている」とある。7〜8年ほど前までは営業していたはずだが(おそらく2003シーズンを最後に営業休止)、今はリフトの跡、ジャンプ台の跡が当時を振り返るよすがとなっているだけだった。

P1010250妙高パノラマ跡a.jpg P1010252妙高パノラマ跡a.jpg
(左)第5リフト下あたりから見上げたところ。(右)第6リフトとジャンプ台。

こちらもご覧ください → 2013年09月06日妙高パノラマパーク(その2)
こちらもご覧ください → 2013年09月20日妙高パノラマパーク(その3)
この記事へのコメント
一度行った事があります。どっちかと言うと下手な部類なんですが、33度の斜面をどうしても滑りたくなり、挑戦したら楽々滑り降りる事ができました。あの時の爽快感を久々に思い出しました。
Posted by レキシントン・コンコード at 2010年12月15日 00:13
レキシントン・コンコードさん 妙高パノラマの思い出をお寄せいただき、有難うございます。私が行ったのはもっぱら小学生の頃だったので、緩斜面しか滑った記憶がありませんが、急な斜面も充実していたのですね。
Posted by 急行野沢 at 2010年12月15日 09:02
1990年の12月に行きました。実はタングラムに向かったのですが、その日は日曜日でスノーボードは全面滑走禁止。同行した4人の中でボーダーは私だけでしたので1人別行動となり、パノラマパークへ。しかし積雪が少なく営業してませんでした。誰もいないゲレンデを、1人寂しくハイクアップをくり返したのを今でも鮮明に覚えてます。夕刻が迫る頃、ゲレンデから妙高山のナイターの照明がとても綺麗に見えました。
Posted by やっつ at 2012年01月26日 18:35
こんにちは

妙高村の村誌によると東山は昭和39年12月の開業らしいですよ。
Posted by しんえつ at 2016年10月03日 09:29
東山スキー場の開設時期をお教えいただき有難うございます。やはり妙高パノラマという名前になる以前の昭和39年に開業していたということですね。私が滑りに行っていたのは、昭和40年代前半でしたので。
Posted by 急行野沢 at 2016年10月04日 09:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック