2009年08月25日

武尊オリンピアスキー場(群馬県片品村)

P1040013ol.JPG P1040016ol.JPG
(左)武尊高原ホテル前から見上げた第2ゲレンデ。

所用で群馬方面に行く機会があったので、何年か前(2001年)から営業中止になったと聞いていた武尊オリンピアに寄ってみた。東京在住当時に何回か訪れたが、最後は1991年1月に職場の仲間と武尊高原ホテルに1泊で訪れている。そのときは1日目は武尊オリンピア、夕食後に目の前に見える第1ゲレンデでナイターも滑り、2日目はもっぱら国設武尊(現在のスノーパル・オグナほたか)で滑った。スキーシーズンの関越道は週末になると大渋滞し、「沼田IC出口渋滞××km」が交通情報の決まり文句だった頃の話。ひとつ手前のインター(当時は昭和ICはまだなくて赤城IC)で降りて裏道を駆使するなど、いろいろなことも考えた。バブル末期に川場・玉原・サエラが登場するが、それ以前、片品村7スキー場は関越道方面では東京から近く手頃なスキーエリアだった。

ペアリフト3基とパラで架かるシングルが2セットで、要するにリフト5本程度の規模。地形とリフトの配置が多少複雑で、リフトの乗り継ぎに無駄が多かったけれど、それがゲレンデの奥行きとローカルな雰囲気を感じさせていたと思う。現在も営業を続ける「オグナほたか」とは連続したゲレンデであったが、規模や滑り応えは一歩ひけをとっていたかもしれない。共通券は片品村7スキー場共通券をのぞいては、発売されていなかった。

P1030986ol.JPG P1040012ol.JPG
(左)道標にはまだ、武尊オリンピアの文字が。(右)造成されたサッカーグラウンドと廃墟となっている武尊高原ホテル。

沼田ICからの国道120号沿いには店も増え、「日帰り温泉」の案内看板がずいぶん目につくようになった。途中の案内標には、オリンピアの文字が残るもの消されたものさまざま。入口のゲートにはスキー場の文字にかわって「温泉郷分譲地」の文字があり、周辺は別荘地としての分譲が進んでいるようだ。武尊高原ホテルは壁が崩れ落ち無残な姿となっていたが、その周辺にはいくつかのサッカーグラウンドが造成されていて、ちょうど夏休みでもあるので、少年サッカーの大会が行われているようだった。その先に第1・第4リフトの乗場があったはずだが、すでに撤去されていて痕跡を見出すことは難しい。その他、リフトの設備は撤去されているようだが、第2ゲレンデを少し登った右手には第2リフトの基礎コンクリート部分が草の中に埋もれていた。奥まった第3リフト周辺の様子はわからない。周辺はさらに整備されていく様子であり、生まれかわる姿に期待したいと思う。(現地訪問:2009年8月)
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 群馬県 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。大学時代に行ったスキー場が武尊で、懐かしくて写真に見入ってしまいました。初心者向けの好きなスキー場でした。ありがとうございました!
Posted by 小村たかね at 2013年01月11日 21:23
こんにちは。川場村のブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。
写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです。
Posted by 萌音 at 2014年03月16日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126476136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック