2009年11月15日

松ヶ峯スキー場(新潟県上越市)

091115DSC_0005a.jpg 091115DSC_0003.JPG
(左)左は妙高サンシャインランドのジェットコースター。右のゴルフ場内にゲレンデがあったようだ。(右)「スキー天国にいがた」を参考に作図。

上信越道を北に向かい豊田飯山からいくつかトンネルを抜けると、正面に妙高山の秀麗な姿が広がる。その先、妙高高原を過ぎて頸城の平野に向かってくだり始める頃、左手に観覧車やジェットコースターなど遊園地の施設が見える。こんなところに?と訝しく思われるが、これは冬期には営業を取りやめる妙高サンシャインランドという遊園地。この季節はすでに営業期間を終えている。隣接して松ヶ峯の温泉街やゴルフ場、さらに自衛隊関山演習場もあり、いろいろなものが混在している感じを受ける。この一角に松ヶ峯スキー場があった。いままで調べた資料では営業終了の年月ははっきりわからない。

「スキー天国にいがた(新潟県全スキー場ガイド・1975年12月)」に掲載されていた地図を頼りに、松ヶ峯温泉のあたりに行ってみる。地形から推測すると、遊園地から細い道を挟んで北東側に広がるゴルフ場の一角にゲレンデがあったようだ。すぐ下の松ヶ峯温泉の一軒の小母さんに聞いてみると、ほぼその場所で間違いないようで、営業休止となったのはこの10年以内のようだった。ゴルフ場に立ち入ることはもちろんできないので詳細はわからないが、リフトなどの施設が残っているようには思えない。ゴルフ場になっているくらいだから緩やかな斜面で、ここに長さ300mのリフトがあったようだ。

「'86 SKI GUIDE(山と渓谷社)」によれば、「なだらかな裾野をひく妙高山の北麓に開かれた30haのスキー場で、信越の山々、米山を見渡す雄大な眺めと、高原特有の広々としてゲレンデ、疲労回復に効果のある松ヶ峯温泉を特徴とする。ゲレンデは全体的になだらかで、チビッコや初心者の講習用ゲレンデとして利用される。また、春から秋にかけては遊園地として親しまれているところなので、家族連れのスキーヤーが多い」と紹介されている。スキー場開設1969年(昭和44)。標高310〜380m。最長滑走距離350m。

「スキー天国にいがた」には「関山駅より最も近く国道からも近距離にあって、周囲の眺めは素晴らしく近くには松ヶ峯温泉がある。なだらかなスロープは初心者・家族連れ・婦人層に好適である。」と記されている。国道18号線よりゲレンデまで徒歩15分、関山駅より徒歩30分と案内されている。
ラベル:中郷 松ヶ峯温泉
この記事へのコメント
ふと航空写真を確認してみました。
1976年
http://archive.gsi.go.jp/airphoto/ViewPhotoServlet?workname=CCB766&courseno=C10&photono=5

1989年
http://archive.gsi.go.jp/airphoto/ViewPhotoServlet?workname=CB891Y&courseno=C2&photono=2

わかりにくいのですが、該当する広い場所にチェアリフトの構造物は無いように思えます。
300mという長さを考えると、ロープトゥのような簡易リフトだったのかもしれません。
Posted by まてぃ at 2012年04月25日 11:36
すみません、1976年の200dpiでよーく見ると、ホテルの右上あたりに支柱らしきものが3つ(4つ?)、両端に建造物が1直線状に並んでいますね。
道路の長さと比べると300m程度と思われるので、これがリフトなのかもしれません。
Posted by まてぃ at 2012年04月27日 13:36
まてぃさん いつも鋭いご指摘有難うございます。ホテルの右上あたりですか?よくわからないのですが、いずれにしてもゲレンデはホテルの東側の斜面にあったということになるのでしょうか。
このように航空写真が見られるとは知りませんでしたが、これではあまりいい加減なことは書けませんね。
Posted by 急行野沢 at 2012年04月28日 09:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック