2010年07月02日

一色国際スキー場(岐阜県高山市)

isshikiDSC_0151a.JPG isshikiDSC_0145a.JPG 
(左)一色の集落から見た一色国際スキー場のゲレンデ上部。(右)ゲレンデ下部から見上げる。かつては駐車場入口の管理をしたと思われる小屋も残っている。


2008シーズンを最後に閉鎖された一色国際スキー場。「スキー人口減少・売り上げ減少のため」と廃業理由は述べられていた。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」には「石川・富山両県境に近い奥美濃の豪雪地帯だけに、雪質は保証付き、自然雪を堪能できる。下部の2本のリフトで滑るコースはファミリー向けの緩斜面、上部に45度のカベをもつ上級コースや初級向きの1,600mのツアーコースがある。スクール、レンタルあり」と案内されている。リフトはペア1基、シングル3基。アクセスは東海北陸道・荘川ICから5kmとそんなに悪くはなかったと思うが、名古屋方面からはその前に多くのスキー場が林立してしまっていたのが、厳しかったのだろうか。なお、ガイドには奥美濃と記されているが、正確には立地は飛騨になるのではないだろうか。

東海北陸道の荘川ICから国道158号を高山方面にわずかに進み、右折して一色の集落に入る。初夏の花が咲く、ほのぼのとしたこの集落から南を見れば一色国際の上部のゲレンデが見える。一帯は、奥美濃・飛騨の境界にあたる山深いところ。一色川に沿って南下し樹林帯を抜ければ、川を挟んだ左手に一色国際のゲレンデ跡地が広がる。現在はキャンプ場として整備されているようで、そのセントラルロッジがゲレンデ下部にある。駐車場の一部は森林組合の土場に転用され、木材が積み上げられている。

見上げる斜面からはリフト施設などは綺麗に撤去されているようだ。下部の緩斜面は牧草地のように、緑色の草に覆われている。上部は土色の斜面が露出したままのようだが、ものすごい急斜面のように見える。思いのほか、緩急の斜面をそろえ奥行きのあるゲレンデのようだ。積雪豊富な地の、コースバリエーションも備えたこのようなスキー場がなくなってしまったのは残念だと思う。(現地訪問:2010年5月)

isshikiDSC_0139a.JPG isshikiDSC_0009.JPG
(左)いまはキャンプ場として整備されている。ゲレンデ下にはキャンプ場のセントラルロッジ。(右)「オールスキー場完全ガイド2000」ほかを参考に作図。
この記事へのコメント
はじめまして、初めて書き込みます。
いつも追憶のゲレンデの更新を楽しみにしてます。日本全国の廃スキー場を見て回っている追憶のゲレンデの作者さんは、どんな人なんだろうなーって何時も思ってます。きっとお金持ちだろうなーって。。 僕も中学の時からスキーをやっていて、9年ぐらい前からスノーボードに切り替えてからも毎年20回ぐらいは滑りに行ってます。来年50才になるので身体が続く限りいろんなゲレンデに挑戦してます。目標は、日本全国のスキー場に行く事ですが年齢と経済的に不可能な感じです。この一色国際も7回ほど行き思い出深いスキー場ですが廃業したのは、残念です。作者さんこれからも頑張ってください 最後に福井県のカドハラスキー場は、どうなったんでしょうか?2年ぐらい前にナイターを滑りましたけど
Posted by よしかわ at 2010年08月11日 01:17
よしかわさん、コメント有難うございます。
お金持ちなんて、とんでもありません。あまりお金のかかる趣味もないので(スキーはそれなりにかかるけれど、道具は四半世紀も前のものを使っていたりするので)、こんなことをやっているわけです。ご覧になってわかるとおり、そうはいっても行動範囲は関東甲信越・東海北陸あたりまででしょうか。
Posted by 急行野沢 at 2010年08月11日 18:17
こんにちわ。またお邪魔しております。一色国際は一度のみ行きました。手前のダイナや鷲が岳のエリアに比べるとスケールも小さく奥にある高山エリアに比べると知名度も低くて苦戦を強いられていたようです。一時東京のリゾート開発会社に委託していた時期があったようですが(友人の知人が現地へ赴任していた)ホテルの誘致も地元民宿業者との折衝がなかなかまとまらず結局流れたと聞きました。思い出といえば国道をそれてからの山道が(20年ほど前)未舗装の悪路でうんざりした記憶しかありません。ところでよくスキー場名につく国際はどんな意味があったのでしょうか?
Posted by KUMA at 2011年04月07日 17:01
KUMAさん、情報お寄せいただき有難うございます。リゾート開発会社が手がけた時期があるとは知りませんでした。うまくいけば、大リゾート地になっていた可能性もあるわけですね。
Posted by 急行野沢 at 2011年04月07日 23:13
数回、行ったことのあるスキー場です。

有名スキー場が、リフト待ち30分以上の時、ほとんどリフト待ちの無かった穴場スキー場でした。
東海地方からは、美濃地からアプローチするので、やはり奥美濃でしょう。

めいほうスキー場が、出来たとき、「めいほうスキー場の敷地の一部が、荘川村に入っているから、そのうち繋がって、大きなスキー場になるから」と言っていた、食堂のおじさんを思い出します。
Posted by ペグ at 2012年09月07日 18:06
急行野沢様「追憶のゲレンデ」詳細に調査されており、実に見ごたえがあります!

友達の別荘(当時、荘川村)から10分の距離にあり、子供達と良く行きました。
初めて行った時は、まだトイレはボットンで、子供達が嫌がっていたのを想い出します。
また、天然雪「降雪機なし」で、ダブル1、シングル2のコンパクトなガラ空きのスキー場でした。最上部は結構な急斜面で練習には良いゲレンデでした。
当時小学生だった子供達三人も全て既婚者になりました。
還暦を迎えオジンスキーを楽しんでおります。また、良く行くスキー場は「穴場中の穴場の、野麦峠スキー場」であります。
サイト運営ご苦労様です、また遊びに来ます!
Posted by ikoma at 2012年12月23日 14:52
野麦峠スキー場は、正面に見える乗鞍方面の展望が素晴らしいですよね。私は還暦まで、まだ少し時間がありますが、還暦を過ぎてもスキーを楽しみたいと思っています。
Posted by 急行野沢 at 2012年12月23日 20:52
今更ですが… 私、一色国際大好きでした。
昨日、別のスキー場行ってきました。でも、
やっぱり一色国際良かったな〜って何度も
思い出して…。 改めて、なくなってしまい
残念だと思いました。
人口減少が廃業の原因となってましたが、
私は毎年何回も家族と行っていました。
もう私は20歳になりますが、鮮明に覚えて
います。
感謝の気持ちを伝えたいと思い、コメント
しました。いきなりすいませんでした。

一色国際ありがとうございます。
Posted by 中村彩香 at 2013年02月12日 18:35
懐かしさと寂しさを、覚え真下。特に新穂高ロープウェイスキー場の閉鎖は衝撃を覚えました。いつかあのコースを滑る事が密かな夢でした。それも叶わぬ夢になりました......。
Posted by 杉本なりお at 2014年01月12日 10:38
こんばんは。

私も2006年ごろまでよくいきました。穴場な感じで、気に入っていました。正直、高鷲よりずっといい。

今日、前を通る機会がありましたが、牛が放牧されていましたね。
Posted by ぷらっくす at 2014年07月26日 19:20
一色国際スキー場懐かしいですね。中学2年のスキー合宿で行った事をおぼえています。写真を拝見してあの頃をおもいだしました。またいつか滑りたいと思っていましたがもういけないんだなーと思うと時代の流れかなと感じました。
そんな大きなスキー場ではなかったと思いますが特集してありがとう。青春の1ページを作ってくれたスキー場ありがとう。そしてさようなら・・・
Posted by にっしー at 2014年11月15日 23:56
ペグさんも書いていますが、ぼくも、めいほうスキー場の担当者から、「むかし、めいほうと一色国際をゴンドラで結ぶ計画があった」というのを聴いたことがあります。かぐらのように、鞍部を乗り越えるように架設する計画だったと。いまとなれば、スキー全盛期かつバブル時代の夢のような計画ですね。。。
 一色国際には、実は夏にしか行ったことがありません。東海北陸道が延伸されても、やはり手前にビッグネームのスキー場が林立しているし、少子高齢化てま地元利用も減っていたようです。なんだか寂しいですね。
Posted by rosh at 2015年01月05日 05:34
一色国際はとても思い出のあるスキー場ですね。お昼はいつもケイチャン定食でした。子供が8才と5才になりスキーデビューは一色国際と思ってましたが閉鎖してたんですね。スキーを休止して14年程になりますがもう一度行きたかったですね。
Posted by 大原 成 at 2015年01月26日 22:22
急行野沢様

先日、一色国際スキー場の跡地を見かけて調べたら貴殿のページにたどり着きました。荘川に2つもスキー場があった事に驚きです。
小生はスキーバブル全盛時代に高校生でしたが、ブームが去るのと同時にゲレンデを去りました。数年前に双子の子供達にスキーを教えたくて、10年の封印を解きスキー場巡
りをして現在は荘川高原スキー場にたどり着きました。
荘川高原はゴルフ場経営がメインなので閉鎖はないと思いますが、近くに閉鎖したスキー場があると不安ですね。
ゲレンデの食事はマズイ事が定説ですが《特に大手》荘川高原は手作り感があるゲレ食です。ケイちゃん定食、豚汁は本当に美味です。狭くてマイナーなスキー場ですが微力ながら応援したいです。
Posted by 長谷川マサタケ at 2016年05月07日 20:17
一色国際は昔一度だけ行ったことがあります。確か平成19年の暖冬で雪不足の年、岐阜県内のスキー場を探していた時、偶然見つけたゲレンデ。ここもベタ雪なのか?と内心期待薄でしたが、実際滑ると意外にもパウダースノー。コンパクトながら、色々なコースがあり、練習にはもってこい。それと、景色も美しく、キラキラ光る樹氷が今でも忘れられません。遠いですが、又機会が有れば是非行きたい所だったので残念です。
Posted by わーるど at 2016年10月20日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック