2010年08月29日

鵜川スキー場(新潟県柏崎市)

ukawaDSC_0002.JPG ukawaDSC_0004.JPG
(左)左は綾子舞会館。向こうの丘陵に鵜川スキー場があった。(右)綾子舞会館の展示。

柏崎市街近くで日本海に注ぐ鵜川。その流域に位置する柏崎市南部の鵜川地区(女谷)には、約五百年前からきわめて古雅な歌舞「綾子舞」が伝えられている。出雲の阿国といえば日本史の教科書には必ず登場するが、その時代の初期歌舞伎踊りの面影を色濃く残す古典芸能として、1976年(昭和51)に国の重要無形民俗文化財に指定された。地域の人々により、いまも伝統継承の努力が続けられている。毎年9月の第2日曜には現地公開が行われ、多くの観客が集まるという。

この鵜川地区にもかつてスキー場があった。「スキー天国にいがた(新潟日報事業社・1975年12月)」の紹介によれば、「柏崎海岸からわずか16kmほど南の黒姫山麓に囲まれている鵜川地区一帯は平年で1.5〜2mをこえる豪雪地であるが、市街地から近いため市民スキー場として親しまれている。バス停のすぐ上にスキー場があり、4万uのゲレンデに立つと女谷の部落からはるか兜巾山、尾神岳の美しい山容が望める。スロープの安全性は高く、女性や子どもたちも安心して滑れる家族向けのスキー場といえる。また、中・上級者向けのコースもあり、シーズン中はスキー教室も開かれ、市内小中学校のスキー指導などもおこなわれている」と記載されている。柏崎駅からバス50分。ロープトウ1基(200m)の施設があった。開設は1969年(昭和44)、閉鎖は1999年(平成11)3月であった。

「柏崎日報(1998年12月25日)」には、最後の年のスキー場開きのようすが報じられている。「30年間に18万人が訪れ、ピーク時は1シーズンで8,000人台を記録した。しかし、近年は暖冬少雪、施設の老朽化などもあって、入込客は最盛期の4割ほどに落ち込み、厳しい経営を余儀なくされていた」と記載されている。柏崎市長は「綾子舞会館のオープン、鵜川ダムの本体着工などを起爆剤とし、周辺整備にまい進したい」とコメントを残している。

ukawa100123DSC_0088.JPG ukawa100123DSC_0092.JPG
(左)女谷に入ると「綾子舞の里・鵜川」の案内板。この左手前方の丘陵に鵜川スキー場があった。(右)旧鵜川スキー場を示す案内表示も。

実は今年の1月にも一度、この地を訪れている。しかし、深い雪に覆われた真冬には国道353号沿いの「左折250m 綾子舞の森(旧鵜川スキー場)」という掲示を確認しただけで、左に曲がろうにも道は高い雪の壁に埋もれていた。スキー場の跡を見出すことはできなかったが、この地が豪雪地であることを身をもって知ったことだけでも意味があったと思う。雪深い冬に出稼ぎの留守を守る中で、前述の綾子舞も伝承されてきたといわれている。

猛暑が続く8月の一日、あらためて柏崎市街から田園風景の中、国道353号を南下する。中山峠という小さな峠を越えると女谷の小盆地に出る。綾子舞会館・右折を示す案内板の箇所を左に上っていく細い簡易舗装の道。傍らの民家の前で老人に聞いてみると、やはりその上にスキー場が開かれていたようだ。用心して車を脇に駐め、歩いて登っていけばほどなく平地に出て、畑地をはさんで目の前に樹木の少ない斜面があらわれた。草木が生い茂り、ゲレンデの跡はその中に飲み込まれそうに見えるが、ほどよい中斜面は地元の人々で賑わったであろう時代を語っているように思えた。帰り際に、綾子舞会館に寄ってみたが、ビデオによる綾子舞についての解説もあり興味深く見ることができた。(現地訪問:2010年1月・8月)

ukawaDSC_0011.JPG ukawaDSC_0004.JPG
(左)ゲレンデ直下から見る鵜川スキー場の跡。
この記事へのコメント
 『綾子舞会館』で検索をしていたら… エッ鵜川スキー場?
懐かしくてつい書き込み。

 冬の体育の授業は2時間続けてのスキーでした。でも1時間は雪を踏んでゲレンデ作り。サッサと準備に取り掛かりゲレンデが出来た頃先生登場。
自分で言うのも何ですが、しっかりした子どもたちでしたね。
今なら安全対策…云々。

 
スキー大会もありました。しかし毎年決まって猛吹雪!
滑らずに記録係りをされていた先生は、寒かったことでしょう。

 懐かしくも鮮明に思い出す約40年前の『天狗松スキー場』と呼ばれていた頃の昔話。
Posted by ちー at 2011年03月21日 11:20
鵜川スキー場での経験をお持ちの方から書き込みいただけるとは思いませんでした。
冬に現地を訪れたときには、ほんとうに豪雪で驚きました。吹雪の中でのスキー大会はたいへんだったでしょう。また、「天狗松スキー場」と呼ばれていたとは知りませんでした。お教えいただき、感謝です。
Posted by 急行野沢 at 2011年03月21日 14:59
天狗松をググってみたら、山頂に天狗松と呼ばれた巨松があったからのようですね。
廃スキー場にも様々な歴史あり。
↓昭和36年に台風で倒れたとのこと。
http://www.city.kashiwazaki.niigata.jp/life/plaza/kouminkan/ukawa/sozoro/tengumatsu.htm
(「鵜川そぞろ歩き」より)
Posted by まてぃ at 2011年04月12日 16:55
綾子舞で検索していたら、懐かしい思い出がよみがえってきました。
前記のコメントを寄せられていた方も、地元出身の方ですね。スキーの授業、懐かしいです。

スキーのできる先生は、ほぼいらしゃらず、スキー授業は生徒だけで滑っていた記憶があります。

数年前に、子供をつ連れてそり遊びだけでもと思い行きましたが・・・・

今も毎年行きますが、高齢化が進みスキーをしていた頃(子供のいた頃)が懐かしいです。
Posted by 夢のころ at 2011年10月15日 00:33
鵜川スキー場、開設前は冬期体育授業の
スキーゲレンデでしたよ。
スキーの授業がある日は当然ながらスキーを持って登校。
行きはともかく帰り(下校)は近くの山をスキーで登ったり降りたり、楽しかった。
Posted by 高橋 直樹  at 2011年12月18日 18:59
懐かしいね、鵜川スキー場。
小中学校のスキー大会が思い出される。
回転があったり距離があったりね。
冬の体育授業の半分くらいはスキーがあったように思うがどうだろう。
スキー授業のある日には重たいスキーを持って登校、でも帰りには道じゃない山をスキーで登って滑って下りて、楽しい思い出がいっぱいです。
Posted by 高橋 直樹 at 2011年12月19日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160259597
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック