2011年05月20日

清水高原スキー場(山形村)

kiyomizuDSC_0063.JPG kiyomizuDSC_0046.JPG
(左)スカイランドきよみず。(右)下部からゲレンデだった者面を見上げる。

松本平の西側の山麓に広がる山形村。村内の丘陵に広がる清水高原は、残念ながら長野県内に住む者にもそれほど知名度が高いとはいえない。私にしても読み方が「しみず」ではなく「きよみず」だと知ったのは数年前。その高原にスキー場があったという記録を資料(*)で見つけてから、かなりの時間が経過してしまった。この資料によれば、リフト1基を備えた清水高原スキー場の最終営業年は1988年となっている。スキー場ガイドなどをいろいろ調べたが、他にこのスキー場の記録をとどめたものを見たことはない。

人間界で何が起ころうと、春は訪れ、花は咲く。4月中旬、山麓の山形村中心街では桜の花が八分咲きとなっていた。村の中心部から蕎麦店が立ち並ぶ唐沢集落を過ぎ、西の方向に10キロ程度、車で清水高原へと上っていく。その清水高原の中心部には「スカイランドきよみず」という施設が建てられいる。宴会・宿泊・入浴・室内運動場など、良くいえば山形村の奥座敷のような施設。松本平を見おろす絶景が魅力ということになるだろう。

建物の前で清掃をしていた従業員の方に話を聞いてみると、この施設の西側にある、現在はゴルフ練習場になっている斜面がかつてはスキー場だったと教えてくれた。この1995年開業の「スカイランドきよみず」の前身にあたる「きよみず荘」は1973年にできているで、その頃からスキー場として利用されたのではないか、とのこと。上記資料のとおり1988年最終営業とすれば、営業期間は最大でも15年程度だったようだ。この方がいまから15年前にこの施設で働き始めたときには、当然ながら、もうスキー場はなかったという。

kiyomizuDSC_0056.JPG kiyomizuDSC_0044.JPG 
(左)斜面上部から見おろす。(右)斜面下にあるゴルフ練習場の打席。

ゴルフ練習場としても、それほど使われているのでもなさそうな斜面。両側にはネットが張られ、最下部には3階建になった打席が用意されている。見上げるとかなり上部に250(単位はヤードか?)と書かれた掲示がある。とすれば滑走距離はせいぜい200〜300m程度。話を聞いた人もロープトウ程度のものがあっただけではないかといっていたし、リフトがあったとは思えない。いずれにしてもスキーに関連した施設の痕跡はまったく見あたらない。

斜面の上部に立って見おろしてみると、距離は短いが楽しめそうな斜面に見える。一番急なところは30度近い斜度があるのではないだろうか。ふと見上げると春の霞の中、北アルプスへと連なる山並は果てしなく続いているように見えた。(現地訪問:2011年4月)

(*)小山泰弘「長野県における休廃止スキー場の実態とその後の植生変化」
ラベル:清水高原
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック