2012年02月08日

イトシロシャーロットタウン(岐阜県郡上市)

itoshiDSC_0001.JPG itoshiDSC_0003.JPG
(左)分岐点にはまだ「イトシロシャーロットタウン」の文字が。(右)駐車場小屋付近から、前方はセンターハウス。

以前、日本各地に点在する巨木について調べたことがあった。そのとき、知ったのが「石徹白の大杉」、そして白山信仰の東海側からの拠点であった石徹白という地名。九頭竜川の支流である石徹白川に沿う村なので、水系の区分にもとづいて昔から越前に属していた。明治の廃藩置県を経て福井県になったが、石徹白川に沿う谷は険しいため特に冬期には通行に難渋をきたしていた。峠を経て白鳥に出るほうが容易であり、古くから岐阜側との結びつきが強かった。そのため1958年に岐阜県に編入となっている。それほど山深く、雪深い土地だということでもあろう。現在でも福井県側への道は冬期通行止めとなっている。

前置きが長くなった。そんな石徹白にあったスキー場が、イトシロシャーロットタウン。1970年の開業。今シーズンから営業を休止している。奥美濃エリアにあっては比較的コンパクトなスキー場で、センターハウスがあるゲレンデボトムから、最盛期にはクワッド1本・ペア2本・シングル2本が並列に架けられていた。近年はスノーボーダーの比率が高いスキー場だったようで、ハーフパイプなどのアイテムも備えていた。ネットの口コミなどでは「すいている」のがメリットとされていたようだ。ゲレンデ下部は緩斜面、上部は上級コース。左手にいくつかの林間コースが開かれていた。最大斜度35度は、一番右手の第1ロマンス沿いにあった。最長滑走距離は1,300m。

itoshiDSC_0007.JPG itoshiDSC_0009.JPG
(左)クワッドリフト下からゲレンデを見上げる。(右)ゲレンデ右にある第1リフト・第1ロマンスはしばらく前から稼動していなかったと思われるが、そのまま残っている。

各地のスキー場が賑わいをみせている1月の休日、国道156号から西北側に分岐して石徹白を目指す。分岐点には、ウィングヒルズ・白鳥高原と並んでイトシロシャーロットタウンの案内板もそのまま残されていて、石徹白に至る道沿いにも「休業」などの表示はいっさいなかった。

急カーブが続く桧峠への道。峠を過ぎ、駐車場入口に車列ができているウィングヒルズの賑わいを過ぎれば車の姿を見なくなる。ほどなく、石徹白の村落の南側にある、北斜面のゲレンデが左手にあらわれる。駐車場入口には「平日無料」と書かれた、駐車料金を徴収していた小屋。その向こうに雪に埋もれて人気のないセンターハウス。センターハウス前まで圧雪されていて車を乗り入れることができた。その前にはクワッドリフトの乗場と、それに平行している第2ロマンスリフトの乗場。いずれもリフト施設はそのままの姿で雪に埋もれている。右手に2基のリフトがあるが、こちらはしばらく前から稼動していなかったようだ。

ゲレンデ下には何軒か「民宿」という看板を掲げた建物が見られたが、当然ながらスキー客の姿はない。そんな一軒の前で人のよさそうな小母さんに聞いてみる。「スキー場は今年からお休みなんですよ。わざわざ来てもらったのにねえ。また、やるようになったら来てくださいね」といわれた。しかし、再開のときが来るのだろうか。わからない。(現地訪問:2012年1月)

itoshiDSC_0030.JPG itoshiDSC_0033.JPG
(左)石徹白村落の上部から見たスキー場全体。(右)クワッド乗場にあったゲレンデマッブ。
この記事へのコメント
いつもお邪魔しております。休止早々と訪問有難うございます。私が行ったのは中学ぐらいでしたのでもう三十数年昔になります。雪不足の中雪のあった石徹白に変更していきました。当時はシングルリフト2−3本にロープトゥがあったと思います。国道から細い県道314で峠を越えて行かねばならず手前の白鳥高原(旧白山)よりさらに奥というアクセスやなんといっても手前にウイングヒルズが出来たことがより痛手となったのでしょう。かくなる私も先シーズンの滑り収めは手前のウイングでした。昔は白山のお膝元という立地から奥美濃の中でも豪雪地帯として知られ雪不足の年には大変重宝したスキー場と言えるでしょう。又一つ思い出の地が消えるのが寂しい限りです(合掌)
Posted by KUMA at 2012年02月09日 13:51
KUMAさん いつもお読みいただき有難うございます。やはり、手前にウイングヒルズができたことが大きかったのでしょうね。私が訪問した日も、お昼ごろだったのですがウィングヒルズの駐車場待ちの車の列がまだ続いていました。
Posted by 急行野沢 at 2012年02月09日 15:04
イトシロのアップありがとうございます。今年から営業休止ということで以前このスキー場の情報提供させていただきましたが、こんなに早くアップしてくださるとは思ってもみませんでした。白鳥町から石徹白へ続く県道314号線はちょっと多めの雪が降ると車がスタックして上がれない車で渋滞したり、桧峠を越えてかなり下ったところにあったスキー場なので行きにくかったのと手前のウィングヒルズでお客さんが止まってしまい、客離れが進んでしまったんでしょうね。3年位前に元の経営者(サントリーの子会社)が撤退後地元の建設会社が経営を引き継ぎましたが、限界がきてしまったようで残念です。

おんたけ2240が本来今年から営業休止予定でしたが、地元王滝村が今年に限って村が営業と言っているので来年はもしかしたら。。。

スキー場近くのおんたけ休暇村の人の話では「スキー場廃業したら収入が激減するから来年以降も何とか営業すると思います。」とのこと。
と言っても来年のことはわからないので今年中に滑っておきたいところです。
Posted by みや at 2012年02月12日 22:26
みやさん、おんたけの新しい指定管理者は決定しましたよ。
その指定管理者を担当する会社は、今季、Mt.KOSHAを登場させて一躍有名になったマックアースさんです。

来季も営業できます。
Posted by 名無し at 2012年02月13日 17:45
名無しさん、情報ありがとうございました。
マックアースという会社は初めて聞きましたが、HP確認したところいくつかのスキー場も経営してたんですね。
来年はゴンドラ運行されるといいですね。
Posted by みや at 2012年02月13日 23:45
ここ私の故郷なんです。
子供のころは学校の授業で週に2回は午後にスキー場に行き、それ以外の日も放課後は毎日5時までスキーに明け暮れていました。

今あるクワッドリフトは昔はシングルリフトでしたが、頂上からの3つのコースのうち、真ん中のコースはリフトからも丸見えでしたが、低学年のころは半泣きで降り、4年生ころからはコブをこなせるようになり、それ以降はいかに目立って滑れるかを考えていました。

今年でスキーから遠ざかって12年。
20代半ばまでは職場の人とイトシロに行っていました。
前々から今年はやるのやらないのとウワサは聞いていたものの、なんだかんだで営業してたので安心していましたが、この正月に里帰りしてスキー場から音楽が聞こえて来ない現実にあらためて残念な思いです。

いつかきっと復活することを願っています。
Posted by 休眠スキーヤー at 2012年02月14日 01:07
スキーから長年、遠ざかっている方からもコメントをいただけるとは有難いです。ずいぶん前から休業の噂があったいうのは、知りませんでした。ここしばらくのことかと……。
Posted by 急行野沢 at 2012年02月16日 22:38
はじめまして。
イトシロは幾度と通った思い出のスキー場の一つ。国道156号線から手前に2つのスキー場がありますが一番多く行きました。
初心者から上級者まで楽しめ、比較的空いているので白鳥地区のお気に入りでした。

来年は子供をデビューさせ、私も復活しようかな?と考えておるところで、残念です。

ありがとうございますm(__)m
Posted by HIDERIN at 2012年02月21日 15:20
はじめまして。
イトシロは一人スキーには最適なゲレンデでした。

土日に駐車料金は要るものの、とにかくガラガラ。
急斜面から天然コブとコンパクトながら充実したコース、そして豊富なパーク。

この辺のゲレンデがハーフパイプを次々廃止する中、イトシロは最後までオープンしてくれていました。
テーブルトップも飛びやすく、パーク初級者の私には何もかもできる最高のゲレンデでした。

イトシロが消え行き場が無くなってしまいました。
復活することを切に願っています。
Posted by allora at 2012年03月04日 00:16
はじめまして。

このようなブログの開設に感謝申し上げます。

イトシロは、私お気に入りのゲンレデの一つです。
閉鎖をこちらで知りました。
自然地形のままのコンパクトなゲレンデで、眼前に白山連邦を望める絶好のロケーション。
多くの方は不便を感じていたアクセスも自分にとっては、ドライブを楽しませてくれるものでした。
残念です。
イトシロだけでなく十八番のゲレンデが次から次へと・・・。

ゲレンデだけでなく、私が気に入ったお店や施設は廃業されます。
そんな私って・・・。(涙)

これからも折に触れて訪問したいと思います。よろしくお願い申し上げます。
Posted by 残雪を求めて at 2012年03月07日 12:49
はじめまして。スキーバブルの頃に通ったゲレンデです。156号からさらに山に入り、チェーン装着は必須でした。穴場でしたが、ウィングヒルズが出来てからは、随分と人が減った感じがしました。大雪警報が出た帰りは、駐車場を17時に出発し、156号に出れたのは22時過ぎだっことが懐かしく思い出されます。
スキーバブルもそうですが、思い出のゲレンデが閉鎖されるのはさみしい限りですね。
Posted by つよぽん at 2012年04月22日 22:15
今シーズン滑りに行けず、検索してここに
たどり着きました。

12年ほど前から毎シーズン来ていたスキー場が
イトシロシャーロットタウンでした。

大阪でスポーツショップオープンのイベントで
リフト券を貰ったのがきっかけだったと思います。

センターハウスが充実しており、また前日夜に到着するとハウス前に車を駐車できること、また託児施設がしっかりしていたことも
あり、ファミリースキーには最高の場所でした。

3〜4年前に運営母体(サントリーの子会社?)が撤退し、別経営になって危ないかもしれないと思ってはいましたが、やはりという感じ。

我が家の子供たちはこのスキー場しか知りません。

寂しいですね。
Posted by グッキー at 2012年07月04日 16:15
イトシロは、3年前に発見して以来、何度も通わせて頂きました。

高鷲やウィングヒルズが混雑するなか、イトシロは空いていて、コースも良く、満足できるスキー場でした。

隠れ家的なスキー場で、誰にも教えたくない、そんなスキー場だっただけに、非常に残念です。

復活するのを、心からお待ちしています。
Posted by まさぽん at 2012年09月23日 21:48
閉鎖される直前のシーズンが1番よく行かせてもらいました
そのシーズンは民宿にも2度お世話になったのに

やはり今シーズンも復活はないですか
悲しいなぁ
Posted by モモイヌ at 2012年11月28日 22:00
手前のウィングをシーズン券で滑っています。一度だけ激混みが嫌で行ったことがありますがコンパクトでいいスキー場だと思いました。今年も途中の看板は健在ですが再オープンはなさそうですね。寂しい限りです。
Posted by takasan at 2012年11月30日 15:06
もう30年以上通っていたのに残念です。
Posted by ロイ at 2012年12月14日 21:27
おーい寂しいなぁー(;o;)
20年通いつめて
子供か大きくなって
連れて行こうと思ったのに(ToT)
素晴らしいゲレンデありがとうございましたm(__)m
Posted by at 2013年03月14日 20:32
前回コメントしたのが2年前の2月、今年の正月に気が付きましたが、鉄塔も撤去されており、もう復活はないと思います。

地元民として自慢できたのは、スノーマシンが普及しどのゲレンデもせっせと雪づくりをしていたのにイトシロは100%天然雪。
北向きの地形もあったんでしょうが、ウィングヒルズで初めて滑った時はものすごく違和感がありました。

ポールの練習に明け暮れていた子供の頃が忘れられません。
特に今年みたいにオリンピックを見ていると...
Posted by 休眠スキーヤー at 2014年03月05日 23:46
イトシロシャーロットタウンありがとう。
大好きでした。
Posted by 加藤伸也 at 2017年06月30日 03:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック