2012年09月12日

下田八木スキー場(新潟県三条市)

shitadaDSC_0001.JPG shitadaDSC_0005.JPG
(左)ねずみ薬師の北東斜面にスキー場があった。(右)オートキャンプ場から見たねずみ薬師、ゲレンデは山頂の左下あたり。

2005年に三条市と合併した南蒲原郡下田(しただ)村。清流・五十嵐川と秀峰粟ヶ岳・守門山に代表される自然豊かな地域である。八木ヶ鼻温泉や越後長野温泉といった泉質の良い温泉でも知られている。また、漢学研究者・諸橋轍次の生家・記念館を併設した道の駅『漢学の里・下田」が国道289号沿いにある。かつては国鉄弥彦線が東三条からさらに南東に向け、村内の越後長沢駅まで通じていたが、1985年にこの区間は廃止となった。

国道289号を五十嵐川に沿って上流に向かうと、やがて八木ヶ鼻と呼ばれる絶壁が左手にあらわれる。五十嵐川が削り取った、石英粗面岩の切り立った崖。ここはハヤブサの生息地でもあるという。五十嵐川をはさんで、その八木ヶ鼻に対峙する斜面にあったのが下田八木スキー場である。「ねずみ薬師」と呼ばれる里山の北東斜面にあたる。昭和42年12月20日の開設。地元の大会も開かれたことがあるという。休止年月は現在までの調査では不明だが、10年ほど前ではないかと推測している。

shitadaDSC_0020.JPG shitadaDSC_0024.JPG
(左)国道289号から見た八木ヶ鼻。(右)最下部から見上げたゲレンデ。

国道289号が八木ヶ鼻のちょうど前を通るあたりに南側に上って行く簡易舗装の林道がある。入口には施錠がされているので、車を置いて歩いて登って行く。途中、コンクリート製の水道施設らしき建物のあるところで舗装は終わり、その先しばらく未舗装の道を進めば、ゲレンデ下に導かれる。軽自動車なら通れそうな道ではあるが、ゲレンデ下に駐車スペースがあったのかはよくわからない。

見上げるゲレンデは背の高いススキに覆われている。上部に行くほど急傾斜に見える。右手にプレハブ小屋があり、中には練習用のポールなどが置かれていた。地元の子どもたちのよい練習場だったのだろう。距離はせいぜい300mくらいだろうか。ゲレンデ規模から考えてリフトがあったとは思えないが、ロープトウくらいはあったように思える。ネズミ薬師への登山道と思われる道を、ゲレンデ上部まで登ってみる。下部から見上げた時よりも急な斜面に思える。対岸の八木ヶ鼻が迫力満点、それに向かって滑る気分はどうだったのだろうか。(現地訪問:2012年7月)

shitadaDSC_0031.JPG shitadaDSC_0043.JPG
(左)ゲレンデ最上部から見おろす。正面に八木ヶ鼻。(右)ゲレンデ下部には小屋が残っていて、中にはポールなどが置かれていた。
この記事へのコメント
このブログ、懐かしくて色々なスキー場を探っては、記事を読んでしまいました。
実は、閉鎖したスキー場のカタログとかリフト券なんかを未だに後生大事に持っています。
オケジッタスキー場なんか、何時閉鎖したか分からなかったけど、このブログで了解しました。
ところで、関越国際大原スキー場ってつぶれているとばっかり思っていましたが、まだ春スキーでは丸山とタイ張ってるみたいですね。小さなスキー場にも生き残ってもらいたいです。
Posted by ぐりぐりももんが at 2012年09月23日 13:44
魚沼市内のスキー場では、大原・大湯・薬師は指定管理者が決まり、民間新会社が運営を決めている須原とともに存続されるようです。
スキー場については、規模が小さければダメということにはならないと感じています。
Posted by 急行野沢 at 2012年09月23日 21:23
魚沼市内のスキー場の中で、9月頃までの情報だと、小出スキー場が唯一閉鎖が決まった
と県内新聞などで報じられましたが、その後運営団体(会社?)が決まり、復活するそうです。
後は、お客さんが沢山来ることを願いたいです。
Posted by ロシアスキー at 2012年11月03日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/282364447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック