2013年11月05日

越後アクシオムスキー場(その2)(新潟県魚沼市)

axiDSC_0243.JPG axiDSC_0252.JPG
(左)国道沿いに残っている案内板。(右)リフトが撤去されたゲレンデ。

越後アクシオムについては、その後リフトが撤去されたなどの情報が寄せられていた。その事実関係を調べに訪れてみた。

国道252号沿いには「右折 AXIOM 大駐車場完備」と大きく書かれた案内板がいまも残されたままだ。看板を支えている鉄柱が錆びているのが、廃スキー場だいうことをかすかに示している。日に数本の列車しかない只見線のレールを踏切で越えてゲレンデ下に出る。

ゲレンデ下に立つと以前は残されていた第2ペアリフトの姿はまったくなくなっていた。斜面にはリフトの鉄柱も見あたらない。斜面上部を見上げると、上部にリフト終点の姿が残っていることは認められた。斜面の下部には畑地も開かれていて、近所の方が畑仕事をしている姿も見られた。魚沼の地も収穫の季節を迎えていた。

axiDSC_0253.JPG axiDSC_0254.JPG
(左)ゲレンデ上部に残されているリフト終点の施設。(右)廃墟化が進んでいるレストハウス。

ゲレンデに隣接して立つレストハウスは赤・白・緑の3色に塗られた屋根が印象的。クワッドリフトの新設を予定してこの場所に建てられた理由は、以前コメント欄に情報が寄せられたとおり。ただ、屋根板が曲がり、窓ガラスも割れたりして、廃墟化が進んでいるように見えた。(現地訪問:2013年9月)

こちらもご覧ください → 2009年09月20日 越後アクシオムスキー場
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させていただいております
興味深い廃スキー場やゲレンデとして日光湯本温泉スキー場(ゲレンデ一部閉鎖)や苗場スキー場の浅貝ゲレンデ上部、尾瀬岩鞍西山ゲレンデの一部などがあります。是非おすすめしたいなと思いコメントさせていただきました。
Posted by EF63 at 2013年11月17日 20:24
元従業員の方から聞いた話ですが、湯沢〜石打地区のゲレンデが強風でクローズしたある日、滑れるゲレンデを求めて徘徊した車がアクシオムに集中し、駐車場に入りきれない車が只見線の踏切上にも並んでしまったそうです。そこに滅多に来ないはずの只見線の列車が来て止まってしまい、誘導の拙さについてJRから大目玉を食ったことがあるとのことでした。駐車場からJR踏切までは1kmも離れているのに、信じられない話です。そんなゲレンデも今は、ススキの原野に戻ってしまいました。センターハウスの屋根はあと何シーズン豪雪に耐えられるでしょうか?屋根が落ちたらまた見に来てください。

Posted by のぶネット魚沼 at 2013年11月24日 07:59
のぶネット魚沼さん いつもコメントをお寄せいただき有難うございます。只見線の列車を止めてしまったことがあったなんて。いまのダイヤだと1日片道4本しか列車がないですから。そしてそれほどの車が押し寄せていたことがあったとは、いまとなってはとても信じられないことですね。
Posted by 急行野沢 at 2013年11月24日 18:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック