2014年10月31日

白馬みねかたスキー場(その1)(白馬村)

minekaDSC_0381.JPG minekaDSC_3598.JPG
(左)リフト乗場に掲示されているゲレンデマップ。第2リフト終点から頂上までの第3リフトは、最近は運行されておらず表記が消されている。(右)営業していた時のようす(2013年12月31日)。

「みねかた」には昨年の12月31日に滑りに行ったばかりだった。そのときの様子を記録したのが、→こちら。「『みねかたは大丈夫なのか?』という声も聞こえてくる」と書きながら、しかし、年末だったせいか、そこそこ賑わっていることに安堵していた。家族連れや地元のポール派が楽しんでいた。それが、今年9月になってホームページ上でクローズが発表された。

ホームページには以下のように掲示された。「前運営会社からの譲渡を受け、株式会社みねかたにて9シーズン運営を行ってまいりましたが、当社での来シーズンの運営継続が難しい状況となっておりました。運営を引き継いで頂ける企業を探す等、スキー場営業を継続する道を色々と模索しておりましたが交渉もうまく進まず、来シーズンに向けての動きも本格化する時期となり、非常に残念ではございますが、白馬みねかたスキー場はクローズさせて頂くことといたしました。(後略)」

minekaDSC_0331.JPG minekaDSC_0335.JPG
(左)ゲレンデ入口には鳥居。左手にセントラル・ロマンスの両ゲレンデ。(右)ゲレンデ最下部には数軒のレストハウスなど。圧雪車がスタンバイしているが、今シーズン稼働することはないのだろう。

やはり経営上は予断を許さない状況だったのだと、あらためて思い知らされた。オールドスキーヤーがのんびり滑るには適度なスキー場だったので、ひとりで数回出かけたことがある。のんびりできたということは、やはり客が少なかったということだろう。

「SKI GUIDE'86(山と渓谷社)」には、「日本の屋根北アルプス連峰を一望できる白馬山麓の北東斜面にリフト3基が効率的に配置され、3つのゲレンデ、3本の林間コースをうまく結びつけている。山頂からの景観はすばらしく、北アルプス連峰の景色を心ゆくまで楽しめる7kmの歩くスキーコースは、北アルプスの展望台として親しまれており、コース整備も万全で初めてスキーをはく人でも、安心して楽しむことができる。ナイター設備、ポール練習コースもある」と紹介されている。スキー場開設は昭和38年(1963年)であるから、50年もの歴史を持っていたことになる。

minekaDSC_0351.JPG minekaDSC_0358.JPG
(左)セントラルゲレンデ中間部左には、イタリアンレストランやロッジの建物が残っている。(右)しょうぶ平コース中間部を上から見下ろす。右手の白い建物はケーキハウス。

雨模様の10月の休日、峰方を訪れる。白馬の中心街から、国道406号を5kmほど鬼無里方面に入ったところ。ゲレンデ手前1km弱に駐車場があり、かつては臨時駐車場を必要とするほどだったと再認識する。ゲレンデ入口に雨降宮峰方諏訪神社の鳥居が立っている。社殿は右手奥にあるのだが、神社と共存している雰囲気はいにもローカルゲレンデにふさわしい。リフトはチェアをはずしたままだし、ゲレンデ下のさまざまな施設もそのままの状態。リフトの横に置かれた圧雪車は、雪を待ってスタンバイしているように見える。周辺の何軒かのプチホテル風の建物はなんとなく寂しげに見える。

ゲレンデ左につけられた林道を登っていくと、最近は営業していなかったイタリアンレストランやロッジの建物が、バブル期の遺構であるかのように徐々に廃墟化している。「イタリア料理カーサビアンコ 閉店致します。ありがとうございました」の貼り紙が悲しい。その先、しょうぶ平ゲレンデ脇にケーキハウス「ルフレ」の白い建物。こんなゲレンデ脇でどのくらいの来客があるのかと思っていた店だ。さらに行くと、第2リフトの終点。最近は稼働していなかった第3リフトの乗場もある。背の高いススキに視界は閉ざされがちだが、パノラマゲレンデから山頂部を見渡すことができる。歩くコースは北アルプス展望台だったが、メインゲレンデからは頸城山地方面の展望しか得られない。小雨の中、それも霞んで見えるだけだった。(現地訪問:2014年10月)

minekaDSC_0361.JPG minekaDSC_0366.JPG
(左)最後の頃は休止していた第3リフト乗場から、ゲレンデトップを見上げる。(右)第2リフト終点から見下ろす。

こちらもご覧ください→「白馬みねかたスキー場(その2)(2015年2月14日)」
posted by 急行野沢 at 10:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 白馬山麓 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 管理人様。初めてコメントさせて頂きます。ワタシはクロカンスキーをしてまして、このスキー場にはお世話になってました。クロカンコースからの素晴らしい展望も含めてローカルで好きなスキー場でした。知った時は寂しいとともにやはりと。家族で行く時はクロカンの板とアルペンの板を持って行って楽しみました。

 かつて4年ほど前まではみねかたスキーマラソンも開催されており、参加してました。


 考えてみるといつも空いてて、のんびりというイメージで、経営となるとやはりと言うのは否めませんでした。

 スキーマラソンで最後に行った時に、白馬駅から送迎してもらったんですが、バイトのお兄さんがスキーマラソンはおろかスキー場自体も今後分からないと言ってたのを思い出します。


残念極まりないですが、今考えると経営母体が代わったりしながらも良く頑張ったと言えるのかもしれません。数年かなり前から栂池などビッグゲレンデでもかつてに比べるとかなり人が少ないですものね。


 本当にさみしいです。このページを読ませて頂いてますが、賑わってたころのゲレンデを思うと(他のスキー場も)さみしさばかりが残ります。ヤナバが再開いうのはいい材料ですが。

 当方、白馬大好きの大阪のスキーヤーで、最近はクロカンで各地の市民レースに出てます。


Posted by わんわん at 2014年11月01日 11:46
はじめまして。いつも読ませて頂いております。
みねかたが営業停止と知り、そしてこちらのブログで記事を拝見し、図々しいとは思いましたがコメントさせて頂こうかなと思いました。

みねかたには、4シーズン前に一度だけ行き、おまけにその時は半日券でしか滑りませんでした。なぜかと言えば、娘が岩岳学生大会に出ていたので見に行くまでの時間調整でお邪魔したと言うわけです。

しかし、ローカルとはいえそこそこ楽しめるゲレンデだと感じました。またコースの手入れも行き届き、親切なスタッフの方たちと合わせて、とても好印象でした。

その日は10名ほどの中高年のグループがスクールを受けていましたが、それ以外のフリーのスキーヤーは私を含め2人しかおらず、こーゆー寂しさがローカルスキー場と言うのかなどと妙に納得したのを思い出します。

娘が岩岳学生大会に出ることがきっかけで、以来毎年白馬には行っております。大事な思い出の1ページであるみねかたスキー場が営業停止になってしまうのは、とても寂しく思います。時代なのでしょうか、、、


これからもレポート楽しみに読ませて頂きますので、お身体大切に頑張って頂けたらと思います。
ありがとうございました。

実は
Posted by 村木正明 at 2014年11月20日 16:13
22年前、親友が白馬に居を構え、年に数回尋ねます。24年前迄、オリンピック競技になると信じ、アルペンスノーボードに力を注いでおりました。しかし、たび重ねる怪我、故障の為、その夢は儚く諦めました。数年前、久方ぶりに雪山の空気を吸いたくなり、またゲレンデに出てみたくもなり、白馬に赴きました。もちろん古い道具を持ち出して、訪ねたゲレンデは峰方スキー場。平日と言うこともあり全部で7人の方々が優雅にゲレンデを大きく使い滑走されておられました。コンディション最高で、数年のブランクもコブ一つない整備の良さに助けられ、楽しく滑ることができました。それ以来私は峰方スキー場に行く事が冬の楽しみであり、また妻も周囲を気にする事なく、安心して楽しめる峰方が、大好きになりました。リフト券売り場のロッジでは、話しかけていただけるようにもなりました。そこには校長先生をはじめ、年配の素敵な生徒様がたが集い、お仲間に入れていただいたりも、致しました。しかしながら今回の閉鎖にはとても残念で、言葉もありません。
Posted by 光井寛 at 2015年01月08日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック