2016年07月16日

万座ロープウェイ(群馬県嬬恋村)

本ブログでたびたび参考にさせていただいている「失われたロープウェイ」に万座ロープウェイが掲載されていて、以前から気になっていた。その記載の再確認をする程度のことしかできないけれど、万座は比較的身近な存在なので出かけてみた。

manzaro_5106.JPG manzaroCIMG5119.JPG
(左)万座スキー場・プリンスゲレンデ付近。(右)「全国スキー・ゲレンデ案内(1962年11月、実業之日本社)」ほかを参考に作図。

同サイトによれば、万座スキー場開業の5年後の1961年にスキー場内に建設され、21人乗りの搬器が朝日山の山麓駅(万座駅)と白根山地蔵岳中腹の山頂駅(白根展望駅)間の547mを約4分で結んでいたという。通年営業で、グリーンシーズンは白根山湯釜観光の足であった。

「全国スキー・ゲレンデ案内(1962年11月、実業之日本社)」には万座温泉スキー場について以下のような記載がある。「バスで入ってバスで帰るのもいいが、滑れる人なら志賀高原から横手を越えて、また草津から弓池を通って訪れ、帰りはまた山を越して帰りたいものだ。また。ロープウェイの完成で志賀高原、草津へのツアーも約40分短縮された」

同誌には「弓池から草津へ」のツアーコース(中上級)が「万座からの帰りによく使われるコースで、多少天気が悪くても迷う心配は少ない」として紹介されている。行程は「万座スキー場−(第1リフト・万座ロープウェー15分)−弓池(上り下り20分)−振子沢頂上−(下り30分)−殺生−(下り10分)−草津天狗山スキー場」。1972年に国道292号(志賀草津道路)が開通し、1971年にロープウェイは廃止となった。ただ、スキーシーズン中は最期まで賑わっていたようだ。

manzaro_5021.JPG manzaro_5025.JPG
(左)万座プリンス下から見た朝日山ゲレンデ。第一リフトは左側。(右)朝日山第1ロマンスリフト(休止中)の終点。国道292号が目の前を通っている。

久しぶりに万座温泉を訪れる。朝日山ゲレンデは数年前から営業を行っていない。朝日山第1リフトの終点付近にロープウェイ乗場があったはずである。万座中心部から車で上り国道292号に出て左折すれば、すぐ道の左脇に朝日山第1リフトの終点がある。ロープウェイ乗場は反対側の台地の上にあっはずだ。

もう少し志賀側に進んだところから右手の斜面に取り付き、尾根上に出たら左手の最高点に進む。コンクリート片や錆びたワイヤーが点在して、ここがロープウェイ「万座駅」だったことがわかる。

manzaro_5041.JPG manzaro_5075.JPG
(左)万座ロープウェイ「万座駅」の跡。谷を隔てた前方稜線上に「白根展望駅」があった。(右)「万座駅」跡から振り返る。右手遠くに万座スキー場ゲレンデ。左下に万座温泉街。

谷を挟んで向こう側には白根山の山稜が見える。その一角の土が出たところが「白根展望駅」だったのだろう。遠めにコンクリートの土台のようなものが見える。ただ、現在は白根山周囲1kmは立入規制が敷かれているので、そちら側に近づくことはできない。前方の駅に降り立った後、白根火口南斜面を滑り、さらに逢ノ峰西麓を回り込んで、現在の草津スキー場の最上部にたどり着いたものと思われる。

スキー人口が減少した現在では、このような施設があっても難しいとは思う。そもそも足元の朝日山ゲレンデが休止となってしまった。しかし、個人的には万座から入って草津に降りるという、このコースを一度たどってみたかったと思う。(現地訪問:2016年6月)

manzaro_5086.JPG manzaro_5094.JPG
(左)「万座駅」跡から遠望した「白根展望駅」跡。(右)白根山レストハウス駐車場(現在規制中)付近から山腹を見上げる。当時は「白根展望駅」からこちらに滑降したはずだが。
posted by 急行野沢 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 群馬県 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
万座ロープウェイ、懐かしいです!
当時、朝日山リフト(シングル)は、開通したばかりの志賀草津道路を跨いだ上まで延びていて、すぐロープウェイに乗り継げました!
振子沢まで登り無しなので、草津まで行く人は多かったです。志賀へは渋峠への登りがきつく逆コースになるので少なかったと思います。

追−志賀丸池のゴルフ場スキー場は取り上げられたことがありますか?
Posted by Tama at 2016年07月16日 21:40
万座ロープウェイ、懐かしいです!
当時、朝日山リフト(シングル)は、開通したばかりの志賀草津道路を跨いだ上まで延びていて、すぐロープウェイに乗り継げた記憶があります!
Posted by Tama at 2016年07月16日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック