2017年08月04日

[復活へ]ロッテアライリゾート(新潟県妙高市)

本年5月、地元紙などで「2017年12月のオープン目指して改修工事が進められている新潟県妙高市両善寺の『ロッテアライリゾート』の施設概要が明らかになった」と報じられた。復活を望む声が大きかった、あのARAIを再び滑走できる日がいよいよ現実のものとなろうとしている。

araDSC05804.JPG araDSC05775.JPG
(左)遠景から見たゲレンデ最下部とゲレンデ下のホテルなどの建物。(右)ゲレンデ下の正面入口付近。

5月に明らかにされた施設概要は、韓国のホテルロッテが100%出資した「ホテルアンドリゾート上越妙高」が発表したもの。冬だけでなくグリーンシーズンのアクティビティが楽しめるという。また温泉を新設し、ホテルも一新、プール・レストラン・カフェ・ビジネスセンターなど多彩な施設を設け、長期滞在にも対応することが盛り込まれている。

気になるゲレンデは、ゴンドラ1基・ペア2基・クワッド2基を稼働するとしている。以前のゲレンデ規模や輸送規模そのままである。とすれば、再び大毛無山の大斜面を滑ることができそうである。(→以前のゲレンデマップはこちら

araDSC05778.JPG araDSC05787.JPG
(左)(右)ホテルなどの建物は足場が組まれて改修が進められている。

上越方面に出かけたついでにアライに立ち寄ってみる。といっても、もちろん工事現場に立ち入ることはできないので、周囲の道路からうかがい知ることしかできないのだが。多くの工事車両や作業員が周辺道路から出入りしていて、思っていたよりも大規模に工事が進められていることに驚かされる。

ホテルなどゲレンデ下の多くの建物には足場が掛けられ、改修が進められていることがわかる。少し上部に行くと、山麓第2リフトの乗場がある。ここも足場が建屋を覆っていた。その先のゴンドラ六本木平ステーションも足場が覆い、周辺では多くの人々が作業を続けていた。

araDSC05786.JPG araDSC05782.JPG
(左)山麓第2リフト乗場。(右)ゴンドラ六本木平ステーション。

ゲレンデに至る案内標はこれから再整備されれるのだろう。農作業の軽トラが走り回る周囲の田園風景と大規模リゾートは少々不釣り合いのものと見えたが、これからどう調和していくのか、調和しないのか。そんなことも気になった。(現地訪問:2017年8月)

こちらもご覧ください
「ARAI MOUNTAIN & SPA(その1)」
「ARAI MOUNTAIN & SPA(その2)」
「ARAI MOUNTAIN & SPA(その3)」
「ARAI MOUNTAIN & SPA(その4)」
「旧新井リゾート 2017年度オープンへ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。