2017年08月26日

花背スキー場(京都市左京区)

一日数本の出町柳駅発・広河原行バスには、登山者など意外と多くの乗客があった。北大路から堀川通・上賀茂を通り、鞍馬の細い道を北上していく。花背峠へと登っていく急坂急カーブの道には、車両行違いのための係員が配置されていた。北山杉の美林を見ながら、花背峠を越えれば別所川に沿う谷へと下っていく。茅葺屋根も見られる風景は、外国人観光客で賑わう京都市街とは別世界のようである。

hanaDSC06051a.JPG hanaDSC06060a.JPG
(左)「花背高原前」バス停。前方に花背小中学校の旧校舎。(右)ゲレンデ下には貸スキー兼レストハウスの建物。右手上部にゲレンデが広がる。

この花背別所町にあったのが花背スキー場。1929年に開業、1964年に経営主体がかわり、1989年を最後に廃業。最盛期にはシーズン5万人、土日には3,500人もの集客でリフト待ち30分という時代もあったという。しかし廃業直前は雪不足に悩まされ、営業日数もごく短かったようだ。全長200mのシングルリフトが1基。日本で3番目に古いスキー場という記録も見られる。

1時間強バスに乗車して「花背高原前」下車。目の前に花背小中学校の旧校舎がある。周囲の民家には空家も多い様子。西の山中に向かう林道を歩くと、10分もかからずに花背スキー場のゲレンデ下に到着する。ゲレンデ下には貸スキー兼レストハウスの建物が残っている。室内には食事メニューの掲示が残っているのが見えた。数年前まではその右手(北側)にも別の建物が残っていたらしい。すぐ脇にはヒュッテなどの位置を示す案内板が、朽ちながら残っている。

hanaDSC06064a.JPG hanaDSC06067a.JPG
(左)ゲレンデ下部に残る案内板。(右)最下部からゲレンデを見上げる。

見上げるゲレンデは快適に滑れそうな中斜度の東向き斜面。背の高い草がその大方を覆っている。少し登ったところには、リフト乗場とレストハウスらしき建物が見える。錆び付いたリフト設備には、まだワイヤーが残っていて前方へと延びている。その先は樹林の中に消えていて、支柱やリフト上部の様子などは知ることができなかった。

hanaDSC06069a.JPG hanaDSC06071a.JPG
(左)錆びたリフト設備。手前にTバーリフト。(右)ゲレンデ最下部を見おろす。

リフトのすぐ脇には比較的新しいTバーリフトの装置が置かれている。廃業後にプライベートゲレンデのようなかたちで使われてた(いる?)という情報もあるので、その名残なのかもしれない。ゲレンデ直下には駐車場スペースがあまり見当たらなかった。林道からの途中左手(南側)に広い草地がいくつかあるので、そこが駐車場として使われていたのかもしれない。

なお、この花背スキー場に隣接して、1984〜1989年に営業した花背大平スキー場があったという。詳細はよくわからないが、もうひとつ南側の谷の採石場上部の斜面(東向き斜面)にあったのではないかと推測している。

hanaDSC06094a.JPG hana_img001.jpg
(左)林道の前方に花背大平スキー場跡地(?)。花背スキー場のもうひとつ南側の谷。

京都市街地から1時間程度の都市隣接の立地。アクセス道路の厳しさにもかかわらず多くのスキーヤーが押し寄せた時期を、いまは回想するしかない。積雪の減少は、こうしたスキー場を閉鎖に導くとともに、スキー人口の減少にもつながっていったのではないだろうか。(現地訪問:2017年8月)

*「花脊」が正しいと思われるが、近年では「花背」が用いられる方が多いようす。本稿では「花背」で統一した。
posted by 急行野沢 at 10:00| Comment(2) | 京都府・滋賀県 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の拙い頁です
http://outdoor.geocities.jp/odekake320/hai.html

いつも楽しみに拝見しております。
ハナセ、比良山ほか、いい画像・文章があったら転載利用して下さいませ。

Posted by yukiyamania at 2017年08月26日 23:39
yukiyamaniaさん コメントいただき有難うございます。廃スキー場についてのページ、参考にさせていただきます。
Posted by 急行野沢 at 2017年08月27日 14:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。