2018年12月16日

しらおスキー場(岐阜県郡上市)

shirao2DSC04050.JPG shirao4DSC04096.JPG
(左)しらおスキー場入口の案内板。(右)遠景からのしらおスキー場上部。左に第7ペア上部、右に第1ペアが見える。

本年6月にしらおスキー場のホームページで、スキー場の閉鎖が告知された。「この度、6月30日(土)をもちまして、有限会社六ノ里 しらおスキー場を閉鎖させて頂くことになりました。平成13年のオープン以来、17年月余に渡りまして、多くのお客様にご愛顧頂きました事を心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました。(後略)」

閉鎖の理由については触れられていない。スキー人口の全体的な減少もあるだろうが、奥美濃の中では南部に位置し、近年では雪不足によって営業期間が短くなっていたことも影響しているのではないだろうか。最近は平日リフト券2,000円(平日駐車場無料)という廉価設定でアピールしていたようだ。詳しくはわからないが、17年という寿命だとしたらあまりに短命なスキー場といわざるを得ない(コメント欄にお寄せいただいた通り、当初開業は1980年代中頃とのこと)。

shirao1DSC04117.JPG shirao5DSC04052.JPG
(左)白鳥ICからの道脇の案内。(右)第5リフトと右下にレストハウス。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」には「白尾山山麓に位置し、大杉ゲレンデと白樺ゲレンデの2つのメインゲレンデがあり、3kmのダウンヒルコースや2kmの林間コースが楽しめる。東海北陸道白鳥ICから車で10分とアクセスはグッと便利。日帰りの利用客が多く、スノーボードは全面開放、BXコースやジャンプ台などを備え、さらに人気が期待される」と紹介されている。

奥美濃では比較的名古屋に近く、知名度はやや低いながらコースバリエーションに富んだゲレンデ。ゲレンデベースからは全体像がつかみにくい奥行きのあるスキー場だった。2つの緩やかなゲレンデとそれらをつなぐ上中級向けのダウンヒルコース、振り子沢コースなどで構成されていて、ペア4基、シングル2基のリフトがあった。ゲレンデ構成は興味深かったが、訪問を果たせないうちに本ブログの対象となってしまった。

shirao3DSC04088.JPG shirao_mapimg001.jpg
(左)アクセス道は進入禁止。

一部のスキー場がオープンし始めた12月の中旬、しらおスキー場を訪問した。白鳥ICから途中「しらおスキー場 今シーズンは終了しました」という道脇の掲示を見ながら、県道82号を進む。しかし、スキー場へのアクセス道に左折したところにゲートがあり、「無断進入禁止」の表示。自重して周辺の林道などからゲレンデの様子を観察するにとどめる。ゲレンデ下部はスギやヒノキの林に囲まれて、遠くから様子はわからない。

メインの第1ペア、右手の第5ペア、左手奥にあった第7ペアの上部は遠目に確認することができたが、いずれも搬器を外された状態だった。奥行きのあるゲレンデなので、遠景から全体像をつかむことは難しい。ただ、斜面にはうっすらとしか雪がなく、営業していてもオープンはまだ先だっただろう。いつか白尾山への登山道をたどって、上部からゲレンデの様子を見てみたいと思う。(現地訪問:2018年12月)

shirao6DSC04067.JPG shirao7DSC04111.JPG
(左)第1ペア上部と振り子沢コースの最上部。(右)第7ペア上部。
この記事へのコメント
20代のバブル最盛期に2度行きました。奥美濃のどのスキー場も満員だったのに、このスキー場だけ空いていました。
彼女がいるにもかかわらず、ちょっと気になる子を誘いスキーをしていましたが、転んだ拍子にエッジでウエアの上からすねを切り、大量出血しそのまま近くの病院へ行き5針縫って帰ってきたのを思い出しました。
また一つ想い出のスキー場が閉鎖されるのは寂しい限りです。
Posted by つよぽん at 2018年12月18日 22:43
早速レポありがとうございました。
進入禁止とは想定していませんでした。
以前は白尾山への登山はしらおスキー場のゲレンデを歩いて上がっていきましたが、登山者のマナーが悪くスキー客以外は立入禁止となり、スキー場手前に登山道ができたようです。
新しい登山道ができてからは行ってませんが、前の登山ルートはスキー場のリフト山頂から登山道が続いていたのでおそらく今も登山道上でスキー場頂上は行けるかと思います。
スキー場上部やリフトの様子は見渡せます。
Posted by みやかず at 2018年12月19日 01:47
コメントお寄せいただきありがとうございます。
登山道は、少し手前から左側を巻く林道を進むようになっていました。今回は林道から登山道へ入る地点まで行きましたが、杉林の中でゲレンデの様子は見渡せませんでした。いつかスキー場を見渡せるところまで登りたいと思います。
Posted by 急行野沢 at 2018年12月19日 10:07
初めまして。何年も前から拝見しておりますが、初めてコメントさせていただきます。

しらおスキー場ですが、オープンは80年代中頃です。かつて奥美濃にたくさんあったロコスキー場と同様、地元の有志による出資で建設されました。スキーバブル前夜、近隣のスキー場では高速トリプルリフトが採用され始めた時期でしたが、資本力の弱いここはペア、シングルのみの架設です。それでも上部へ拡張してダウンヒルコースを作るなど頑張っていました。
一時期、デイリースポーツ(スポーツ紙)の関連会社に買収され「デイリー白鳥スノーリゾート」と名前を変えましたが数年で撤退、結局地元の人々が会社をつくり「(有)六ノ里」として経営していました。サイトにあった「平成13年の〜」は(有)六ノ里として運営した期間です。

高速から近くファンも結構いましたが、やはり最近は経営が苦しかったようですね。「奥美濃最後のロコスキー場」とも言えるしらおが無くなってしまったのはなんとも寂しい限りです。
Posted by 泥 at 2018年12月22日 00:50
2000年代中期ぐらいからでしたか、照明を点けての早朝営業をしたり、当時でもいち早く格安リフト券販売に踏み切ったりと、周辺の強豪スキー場に負けじと頑張っていた印象でしたね。
ただやはり雪質・量が一歩落ちることと、コースレイアウトにやや無理があるところ、そしてイマイチ華やかではなかったのが奥美濃を訪れる客の支持を得られなかった理由かなと思います。
しかし母袋よりも先とは思いませんでした…。
Posted by ワイゾウ at 2018年12月22日 23:07
昨年の大雪の中滑りに行ったのが最後となるのか...一人でふらりと気軽に楽しめる所だったので、重宝してました。何とも寂しい限りです。今年は雪が少ないなあ。
Posted by たにゃお at 2018年12月25日 14:19
ご無沙汰しております。
オープン当初は法人会員権があり、法人には何枚かフリーパスが提供され、同行者は半額という破格な条件で滑走ができました。
会社経営の知人をそそのかして法人会員権を買ってもらい、一緒によく行きました。あの当時はまだ雪も多い年もありましたが、雪が減り、周辺スキー場のスノーマシン充実に伴い、足が遠のいてしまいました。地元有志のフリースキーヤーがイベントを仕掛けていたので、ぜひ今年こそ行こうと意気込んでいた矢先なので残念です。
Posted by at 2018年12月28日 10:10
数年前まで子供を連れて何回か行きました。アクセス・価格設定もよく、コースバリエーションも周辺の人気スキー場に引けをとらなかったのでお気に入りでした。近年雪が少なすぎなのがつらかったですかね・・・
Posted by zx-10 at 2019年06月10日 08:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。