2019年01月27日

イムラスキー(追憶のスキーメーカー・飯山市)

先日、コメント欄に「追憶のスキー用品店」を取り上げてもらえないかという話を寄せていただいた。スキー用品店についてはあまり詳しくないので、どうしようかと思っていたが、ふと昔使っていたスキー板のことを思い出した。「追憶のスキーメーカー」として、このイムラスキーのことは取り上げられないかと考えた。

imuraDSC04785.JPG imuraDSC04782.JPG
(左)小学校低学年の時に使っていたイムラスキー。竹製のストックが時代を感じさせる。(右)小学校高学年の時に使っていたイムラスキー。

物置にしまってあった古いスキー道具を改めて見てみると、小学校低学年・小学校高学年の時に使っていたスキー板もイムラスキーだった。それらはどのようにして購入したのか記憶がない。しかし、中学1年の時(1970年頃)に買ってもらったスキー板についてははっきりした記憶がある。

小学生の時の道具が小さくなったので、新しいものを買ってもらえることになり、父親に連れられて飯山市街にあるイムラスキーまで直接、買いに出かけた。父親に何らかのつてがあったのかもしれない。長野駅から飯山線のディーゼルカーに揺られて行ったのを憶えている。

imuraDSC04783.JPG imuraDSC04775.JPG
中学1年の時に購入したイムラスキー。いま見るとimura skiのロゴが意外に格好いい。

記憶は曖昧だけれど、飯山市街にある事務所のようなところで「これからは、このグラスファイバーという素材がお勧めです」などと説明を受けて、寸法などを決めて注文したのだと思う。大人のスキーヤーの仲間入りができたような気がして嬉しかった。中学・高校時代を通じてそのスキー板を使っていた。

現在、国内のスキーメーカーはオガサカはじめ、ほんの数社になってしまった。かつては日本国内に40社以上が存在したようだ。このイムラスキー(伊村製作所)も既に会社としては存続していないらしい。近くに出かけたついでに飯山市街に立ち寄ってみる。

imuraDSC04758.JPG imuraDSC04756.JPG
(左)いまもあるTRANSONICの看板。下にimura skiの文字がある。(右)飯山市中心街。このあたりに事務所があったはず。

飯山図書館の向かい側に、TRANSONICというブランド名が大きく入った看板がある。下にはimura skiという懐かしいロゴが入っている。この付近に工場があったのではないだろうか。TRANSONICということは少し下った時代のものだと思う。私が行った事務所は雁木のある本町城下通あたりだったはずだが、その場所はよくわからなかった。(現地訪問:2019年1月)

posted by 急行野沢 at 09:00| Comment(1) | 東京周辺 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さん ありがとうございます。
「追憶のスキー用品店」
投稿したものです。

現在、国内のスキーメーカーはオガサカはじめ、ほんの数社になってしまった。
↑を拝見すると 日本スキー発祥の地 記念館? に行ったことを思い出しました。

わたし 岐阜の大垣というところに住んでいますが
岐阜市の六条というところに、ヒマラヤの本店があり、25年ほど前はアルペンと出店を競っていました。
ヒマラヤ本店の横にアルペンが出店しその隣に
ヒマラヤの独身寮を建て、その隣にアルペンのゴルフ館を建てと、さながら、陣取り合戦の様子でした。
あれから四半世紀が立ち、アルペンは近くにスポーツデポを建て、陣取り合戦の地はほとんど更地になっていました。
アルペンの赤字・早期希望退職者といい
本当に隔世の感があります。
Posted by たけ at 2019年02月02日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。