2019年06月29日

湯沢高原スキー場・布場ゲレンデ(新潟県湯沢町)

nunoDSC_0713.JPG nunoDSC_0717.JPG
(左)かつては数本のリフトが並列に架かっていた。(右)リフト下から。(いずれも2019年3月)

関東のスキーヤーにとって越後湯沢というのは特別な響きを持った地名だと思う。バブル最盛期の頃の賑わいはたいへんなものだった。その湯沢の中心にあり、歴史のあるゲレンデの布場が歴史に幕を下ろすことになったようだ。2016年3月に「湯沢町は23日の町議会全員協議会で、同町湯沢の湯沢高原スキー場・布場ゲレンデを2019年3月末で閉鎖する方針を明らかにした」と新聞報道がなされた(新潟日報)。

いまは湯沢高原スキー場の一部という位置づけなのだが、同スキー場のサイトでは布場の廃止には触れていない。ただ、3月末には以下のように報道された。「新潟県湯沢町の温泉街に一番近い布場スキー場が、3月末で閉鎖されます。(中略)湯沢町は来場者の減少や設備の老朽化で、今シーズン限りで閉鎖を決めました。」

「千葉県からのスキーヤーは『ここは家族で滑るにはいいので毎年来ている(閉鎖は)さみしいね』と語りました(3月27日、新潟テレビ21)。」湯沢高原のゲレンデマップには、まだ、布場ゲレンデが記載されているけれど、よほどのことがない限り、次のシーズンに営業することはなさそうである。

nunoDSC_0719.JPG nunoDSC_0714.JPG
(左)ゲレンデを見上げる。(右)ゲレンデ下にはロッジが建ち並ぶ。(2019年3月)

布場ゲレンデの開設そのものは1915(大正4)年。越後湯沢で最も古いスキー場ともいわれている。越後湯沢駅から徒歩圏内で、広々とした初心者向け緩斜面のコースに、いまはペアリフトが1本だけ。滑走距離250m、最大斜度18度、平均斜度12度。以前はこの斜面に6本のペア・シングルリフトが架かり、湯沢高原に連絡するシングルリフトも一番北側にあった。

布場を含む湯沢高原は何回も訪れたが、1989年2月の記憶が鮮明だ。昭和天皇の大喪の礼により休日になったので職場の仲間と、急遽、宿もろくに決めずに湯沢にやってきた。そのときはやはり混雑していて、布場ゲレンデ下にあるロッジの半地下のような部屋に宿泊した。目の前がゲレンデだったけれど、布場では物足りなくて、もっぱら高原ゲレンデなどに遠征した。標高が低いので雪質はあまりよくないという印象もあった。

営業期間も残りわずかの3月に布場を訪れた。越後湯沢駅周辺は多くの人で賑わっていたが、多くは温泉客のようだ。布場ゲレンデに出てみると、晴天の日曜日にもかかわらず滑っているのはほんの数人だった。

nunoDSC07862.JPG nunoimg001.jpg
(左)リフト下から(2019年5月)。

その後、グリーンシーズンになってからも所用のついでに立ち寄ってみたが、リフト施設など周囲の様子に大きな変化は見られなかった。かつてはリフトが並列で架かっていた広い斜面も、リフト1本では閑散として見えた。ゲレンデ下にずらりと並んでいるロッジが、全盛期の面影を残しているだけだった。(現地訪問:2019年3月・5月)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。