2019年11月09日

和田峠スキー場(その2)(長和町)

ビーナスラインから古峠(旧和田峠)にかけての斜面に広がっていたのが和田峠スキー場。今年の2月と10月に和田峠から三峰山への登山道を歩く機会があり、あらためてゲレンデの脇から現地を見ることができた。前回レポートからもう10年が経過し、斜面の大かたは唐松の植林幼樹に覆われて痕跡は薄れている。知らなければゲレンデがあったとは気づかないだろう。

wadaDSC00458.JPG wadaDSC00381.JPG
(左)ゲレンデを下から見上げる。右手にスキー学校の看板を掲げた廃屋。(右)植林された唐松の幼樹が広がる。

ちなみに旧和田峠では旧中山道と、太平洋と日本海に流れ落ちる水を分ける「分水嶺トレイル」が交差する。分水嶺のすぐに北側(日本海側)に位置していて、本州のど真ん中にあるような感じである。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」には以下のように紹介されている。「ビーナスライン入口。近くに車山高原などの大きなスキー場があるためすいており、ファミリーや日帰りスキーヤーに人気。最大斜度28度で上級者コースも揃う。ソリ専用ゲレンデ、スクール。レンタルあり」シングルリフト1基があった。2000年版掲載されているが、1998年を最後に営業を休止したはずである。

ゲレンデ下部に建つレストハウスやスキー学校の建物は、廃墟となりながらもまだ残っている。左側にあったリフト施設の痕跡は、樹木に覆われ遠目にはわからなくなっている。旧和田峠に登りつく直前に左方向に樹木のない斜面が見える。このゲレンデ上部は斜度が急なため、植林が行われなかったのだろうか。旧和田峠には中山道についての説明板がいくつも立てられていて賑やかである。峠の向こう側は諏訪湖まで望むことができた。(現地訪問:2019年10月)

wadaDSC00450.JPG wadaDSC00385.JPG
(左)ゲレンデ上部はけっこう急斜面。(右)古峠(旧和田峠)。

こちらもご覧ください→「和田峠スキー場(その1)」

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。