2020年01月26日

大原スキー場(新潟県魚沼市)

oharaDSC01861.JPG oharaDSC01863.JPG
(左)道沿いには「大原スキー場」の案内板。(右)ゲレンデへのアクセス道から。

記録的な暖冬で、これまでにない雪不足が続いている。1月に入ってもオープンできていないスキー場が珍しくないほど。営業期間が短くなるとスキー場の存続も困難になるのではないかと危惧している。魚沼市内のスキー場も例外ではなく、多くのスキー場がシーズンインできていない。そんな時期に大原スキー場を訪れた。11月に本ブログのコメント欄に「大原スキー場が閉場」らしいとの情報をいただいたためである(「越後アクシオムスキー場」の項)。

魚沼市中心地から国道252号を北東に向かう。大白川駅前を過ぎて国道から左折。さらにその先でも左折するが、「大原スキー場」の掲示は以前と変わらず立っている。除雪された道がゲレンデ下まで続いていた。さらにゲレンデ左側の中腹まで車で進むことができた。

見渡せるのは下部の第1リフト沿いの左右にある斜面だけ。ややブッシュが出ているが、あらためて見ると中上級者向けの気持ちよさそうな斜面である。リフトはチェアを外されていて、シーズンインの気配すらないのが寂しい。右手にあるレストハウスへも除雪されておらず、いくら小雪とはいえツボ足で進むのは困難。上部の第2リフト周辺の様子は、ここからうかがい知ることはできなかった。

oharaDSC01885.JPG oharaDSC01874.JPG
(左)ゲレンデ下部のリフト乗場・レストハウス付近。(右)ゲレンデ左側から第1リフト沿いを見る。

以前は「関越国際大原」という仰々しい名前だったと記憶している。1999年3月に一度だけ訪れたことがある。もう、20年も昔の話なので記憶は曖昧。天候が良くなかったせいか、滑っているのは地元のポール練習の少年たちばかりで他は閑散としていた。リフト2本ながら、かなり滑りごたえはあったと思う。

魚沼市中心部の小出あたりからも20km以上の距離がある。地元向けという位置づけなのだろうけれど、もう少し手前に須原などのスキー場もある。以前は別々の自治体だったといえども、立地としては厳しいだろうと思っていたがどうだったのだろう。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」には以下のように紹介されている。「守門岳の中腹。尾根伝いの幅のあるコースから初心者向きの平坦なコースまで。ポール専用バーンがあり、運動部、競技会に好評。ゲレンデ内に民宿、スクール、レンタルあり」。ペアリフト2基(760m、569m)が直列に配置されていたので、滑走距離は1.5km以上とれたと思う。最大斜度30度。スキー場開設は1972年(昭和47)。

oharaDSC01894.JPG ohara_img187a.jpg
(左)第1リフト乗場。

公共交通を使ってのアクセスは「只見線大白川駅から無料送迎バスで10分」となっている。日に数本の列車しかない只見線を使ってのアクセスは、当時といえども現実的だったとは思えない。豪雪で知られるこの地でも、今年はわずかな雪しか見ることができなかった。雪ではなく雨が降りしきり、閉鎖されたゲレンデをいっそう物悲しく包んでいた。(現地訪問:2020年1月)
この記事へのコメント
急行野沢様
詳しいレポートありがとうございます。
今季、大湯温泉が雪が無さ過ぎてダメなので、じゃあ大原はどうだろう?ということで、積雪情報を見ようとしても、何も出て来ず、ようやく閉場していることに気づきました。
自然の地形を活かしたおおらかなスキー場で、なんとなくコースを外してオフピステに入り込むこともでき、テレマークにとって居心地のいいスキー場でした。
かつて「関越国際」の時代にも、父親に連れられて須原の民宿から只見線に乗って訪れたことがあります。なぜか深々と雪に埋もれた大白川の駅と只見線のディーゼルカーの記憶しかありませんが。
もう一度、車ではなく只見線に乗って行ってみたかったです。淋しいですが、守門岳の自然に帰っていくのでしょう。
Posted by 踵虫 at 2020年01月30日 01:15
急行野沢様 わざわざ、レポートありがとうございます。 1973年夏守門岳下山時に、重機でスキー場を作っていた覚えがあります。私は80年代ごろから車で行くようになり、NHK親子でスキー番組で収録放映もされました。 規模はコンパクトですが、中越地方の人にとってここの魅力は何と言っても、奥只見丸山に次ぐ雪の多さで、オープンの早さと、春スキーの長さでした。 魚沼市になってから何度も存亡の危機に見舞われ、運営団体が現れて何とか持ちこたえていました。
近年、毎年1~2度は滑ってましたが、コースの半分はクローズにし、県内外の競技者の練習場と大会会場で全国の競技者も少なからず来ていました。また、スキーブームの頃の元SAJデモの佐藤智子さんの本拠地?としても知られていました。一度、佐藤さんは私の職場に宣伝においでになり、サイン本を頂いたこともあります。 私は昨年4月6日に滑ったのが最後。その後、閉鎖されると知人から聞きました。 今年は魚沼地区は雪不足でオープンできない状態だったので、ここがあればなあと残念です。
Posted by ロシアスキー at 2020年02月11日 17:49
急行野沢様
メッセージの入り口が分からないので、こちらからお知らせします。新潟へのお仕事が増えそうな情報です。
キューピッドバレイスキー場とわかぶな高原スキー場が、来年度からなくなる模様です。どちらも少雪による営業不振が原因のようで、新聞で知りました。詳しいことは、新潟日報モアのホームページで検索ください。
新潟の下越選手権を毎年やっていた三川温泉スキー場が今年営業できなかったので、奥只見丸山スキー場に延期したところ、新型コロナウイルスの影響で中止になりました。
通常のスキー場営業はどこもほぼ影響なくやっているわけですが、先日土曜日に行った八海山スキー場も雪質が比較的良かったのに、客の入りが少なめでした。スキー場の受難の年になりましたね。
Posted by ロシアスキー at 2020年03月12日 10:36
ロシアスキーさん 情報ありがとうございます。キューピットバレーとわかぶな高原ですか。キューピットバレーは今シーズンもそれなりの営業日数があったような気がしていたのですが……。動向を注視して、レポートをするようにしたいと思います。
Posted by 急行野沢 at 2020年03月12日 10:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください