2021年12月12日

五日町スキー場[2022シーズン営業休止](新潟県南魚沼市)

itsukDSC00167.JPG itsukDSC00175.JPG
(左)ゲレンデ下から見上げる。(右)並列で架かるセントラルリフト。

五日町スキー場のホームページで本年9月に「2021-2022冬期シーズン休業のお知らせ」が告げられた。「突然ではございますが、この度、新型コロナウィルス感染拡大の影響により2022年の冬期シーズンの営業を休業いたすこととなりました。(後略)」感染しにくいとされてきた子どもたちへの感染が強く心配されるとも触れられている。

itsukDSC00179.JPG itsukDSC00208.JPG
(左)セントラルリフト乗場とゲレンデ下の建物群。(右)セントラルリフト中間から見おろす。

五日町スキー場には、1998年3月に一度だけ訪れたことがある。実質リフト3本の
スキー場だけれど、緩急の勾配があるコースがあって、それなりの滑りごたえがあったと思う。地元の少年たちが練習に励んでいたことが記憶に残っている。

スキー場ガイドには「国道17号線沿いにあり、越後三山の雄大な山並みが一望できる。平均11度から32度のカベまで多彩に楽しめる」と紹介されていた(「日本のスキー場・東日本編'91・山と溪谷社)。最長滑走距離は2,300m。上越新幹線浦佐駅からバス10分。

itsukDSC00198.JPG itsukDSC00196.JPG
(左)ゴルフ練習場。(右)GREEN HOUSE脇から高原ゲレンデを見上げる。

11月下旬に現地を訪問してみる。国道17号から少し西に入った場所には、民宿街を示す看板も見られた。ゲレンデ下部にはセンターハウスやパトロール、レンタル、食堂などの建物がある。かつては賑わったであろうロッジも見られる。ペアとシングルがペアで架かる斜面は幅広の緩斜面である。

「グリーンシーズンを11月28日まで延長」という趣旨の看板を脇に見て、ゲレンデの中の車道を上って行くと、セントラルリフトの終点、高原リフトの乗場のある平坦地に出る。傍らには「五日町ゴルフ練習場入口」と看板があり、グリーンシーズンとはこれのことかと納得する。

itsukDSC00201.JPG itsukDSC00205.JPG
(左)高原リフト乗場。(右)高原ゲレンデ右奥には山頂リフト。

GREEN HOUSEと書かれたレストハウスの脇から見上げる高原ゲレンデは、ほどよい中斜面。その上には、遠目に山頂リフトも見える。こう見ると意外に奥深いゲレンデに感じられる。振り向くと越後三山が秋の晴天に輝いていた。休業理由がコロナだけであれば、収束すれば復活しそうだが、どうなのだろうか。(現地訪問:2021年11月)

itsukDSC00199.JPG スキャン_20211123.jpg
(左)セントラルリフト上の平坦地から越後三山を望む。
この記事へのコメント
県民の私も、今初めて知りました。新潟日報には出てたかしら?かなり前から経営危機であることは推測していました。。
魚沼も若い人の人口減で、学校も統合。頼りの子どもも激減です。それでも、昔は首都圏などから学校スキー遠足など泊りできてましたね。スキーブームの頃は賑わっていましたね。
私は1973年に来て以来、3年に一度程度滑りに来てました。多くの魚沼のスキー場同様、町営から第三セクター、民営化となりましたね。
スタートは下半分のゲレンデでしたが、その後シングルの高原リフト2基を増設した時も、赤字になるんじゃないかと危惧されていたらしいです。コースは半日ガンガン滑れて、リフト代も安く、斜面変化に応じた滑りを楽しむにはもってこいでした。八海山を前に見ながら…。
民宿も多く、農閑期の職場として地元には欠かせない存在だったはず。食堂も素朴で安く人情が温かった。
近年は、休日でも少なく、平日は国道から見ても、滑っている人がいるか、リフトが動いているか分からない位でしたから、経営が成り立たないだろうと心配してました。
Posted by 目黒 満 at 2021年12月15日 23:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください