2021年06月19日

動向が気になるスキー場

N53MT乗鞍.JPG Q15白弓.JPG
(左)乗鞍スノーリゾート(2019年2月)(右)白川郷平瀬温泉白弓スキー場(2018年3月)

来シーズンに向けて動向が気になるスキー場
■乗鞍スノーリゾート(松本市)
 運営会社が、同スキー場の売却を検討中とのこと。→2022シーズン営業(休暇村ゲレンデは休業)
■白馬さのさかスキー場(白馬村)
 昨シーズンは営業休止がいったん発表されたが、その後営業することに。来シーズンは? →2022シーズン営業休止
■白川郷平瀬温泉 白弓スキー場(岐阜県白川村)
 2020年度いっぱいで閉鎖の方針であることが数年前の村議会で明らかになっていた。村に代わって運営を担う新たな事業者を募っているとのことだが……。→ 閉鎖

来シーズンはどうなのか?……昨シーズン営業休止のスキー場。
■エコーバレースキー場(長和村)→2022シーズンも営業休止
■石打花岡スキー場(新潟県南魚沼市)→2022シーズンも営業休止
■ファミリースノーパークばんだい×2(福島県猪苗代町)→2022シーズンも営業休止
■猪苗代リゾートスキー場(福島県猪苗代町) →閉鎖?
■チャオ御岳マウントリゾート(岐阜県高山市) →閉鎖?
■今庄365スキー場(福井県南越前町)→2022シーズンも営業休止 
■新保ファミリースキー場(福井県池田町)→2022シーズン営業
posted by 急行野沢 at 15:54| Comment(1) | 信越沿線 営業休止のスキー場 | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

飯綱高原スキー場(長野市)(その4)

iizDSC00844.JPG iizDSC00856.JPG
(左)駐車場からCコース下部が見える。(右)建物の間を通り雪の斜面へ。

昨シーズンで営業を休止した飯綱高原スキー場。その斜面の一部がそり遊び場として、子ども連れでけっこう賑わっているという話を聞いた。2月の土曜日、飯綱方面に出かけたついでに、立ち寄ってみた。

ハイランドホール前や第4リフト下の駐車場は雪に埋もれていて入れないが、第1クワッド下の駐車場は除雪されていて30台以上の車がとまっていた。駐車場から近いCコース最下部の斜面では、多くの子ども連れがそり遊びを楽しんでいた。スピードを上げて斜面を下ってくるスキーヤーやボーダーもいないので安心だ。周辺のゲレ食も何軒かは営業しているようだ。

このようなかたちにしろ、賑わっていることは何となく嬉しい。第1クワッドや第2ペアリフトは、当然ながら雪に埋もれたままで稼働していない。ただ、撤去の作業が進められているようにも見えない。グリーンシーズンを中心とした再整備が行われるらしいが、どのようになっていくのだろうか。(現地訪問:2021年2月)

iizDSC00852.JPG iizDSC00857.JPG
(左)絶好のそり遊び場。(右)第1クワッド。もう動くこともないのか。

「飯綱高原スキー場(その1)」2020年3月8日
「飯綱高原スキー場(その2)」2020年3月29日
posted by 急行野沢 at 10:49| Comment(0) | 信越沿線 営業休止のスキー場 | 更新情報をチェックする

2021年02月05日

わかぶな高原スキー場(その2)(新潟県関川村)

昨年12月のレポートでは、「少なくとも今シーズンの営業は休止となったと思われる」と曖昧な書き方をせざるを得なかったが、先日の新聞報道で今シーズンの休止、さらに今後も再開の見込みがないことがわかった。

2021年1月29日の新潟日報によれば、「わかぶな高原スキー場閉鎖へ 経営難で営業停止のまま」と報じられている。
「今冬、営業を停止している新潟県関川村のわかぶな高原スキー場が、閉鎖する見通しとなったことが28日までに分かった。加藤弘村長は新潟日報社の取材に対し、スキー場として直営する考えがないことを改めて示した上で『リフト設備などを撤去し、スキー場としては閉鎖する』と述べた。スキー人口の減少や少雪で客足が伸びないことなどが要因で、30年余のスキー場の歴史に幕を下ろす。村が地権者から借り上げているスキー場の敷地は、賃借期限の2022年7月までに返還する方針。」

村の貸付金の返済滞納や従業員への賃金不払い、前売りリフト券への対応など、問題も積残っているという。

wakabDSC00947.JPG wakDSC00941.JPG
(2015年3月営業時)

→ 「わかぶな高原スキー場」2020年12月17日
posted by 急行野沢 at 14:55| Comment(0) | 信越沿線 営業休止のスキー場 | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

2021シーズン 営業休止?のスキー場

2021今シーズン営業休止が見込まれるスキー場。
本ブログで既報のほかは、以下のようなところでしょうか。
(関東甲信越・北陸・東海の範囲ですが)

[福島]猪苗代リゾート
[新潟]わかぶな高原 石打花岡 妙高スキーパーク
[長野]エコーバレー
[岐阜]飛騨高山 チャオ御岳
[福井]今庄365 新保ファミリー

コロナの影響もあるので、来シーズンは復活するところもありそう。
危ぶまれていた「胎内」「あさひプライム」「あわすの」「ひだ流葉」「飛騨位山」「飛騨舟山」あたりは営業しそうですね。「白弓」は今シーズン限りで休止でしょうか。

wakDSC00941.JPG wakDSC00956.JPG
わかぶな高原スキー場(2015年3月訪問時)

*コメント欄へのご指摘があり、妙高スキーパーク、猪苗代リゾートを追記しました。
posted by 急行野沢 at 11:34| Comment(6) | 信越沿線 営業休止のスキー場 | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

白馬さのさかスキー場(白馬村)[2021やっぱり営業!→2022営業休止]

下記のように、いったん営業休止とホームページ上で告げられたが、その後、「白馬さのさか観光協会及び近隣住民の皆様の協力を得ましてオープンへの目処が立ったことから、今シーズンの営業を行うこととなりました」とのこと。なお、オープン予定日は12月25日(金)。
地域ぐるみでの取り組みによって、スキー場営業にこぎつけたということのようである。

ちなみに同一営業主体によるエコーバレーは、現在のところ「今シーズン休止」は変わらない模様。

[2022年10月追記]
白馬さのさか・エコーバレーとも、2022シーズンの営業休止が発表された。
------------------------------------

sanosDSC08469.JPG sanosDSC08463.JPG
(左)国道沿いの駐車場からゲレンデを見上げる。(右)大糸線の向こうにセンターハウス。

白馬さのさかのホームページ上で、今シーズンの営業休止が告げられている。「白馬さのさかスキー場は2020-2021シーズンの営業に向けて準備を進めて参りましたが、昨今の社会情勢の中、十分なコロナ対策及び運営内容の見直しが困難と考え、今季の営業を休止する運びとなりました。(後略)」

同スキー場はこの数年、経営主体が変わるなど予断を許さない状況が続いている。2017年9月の信濃毎日新聞によれば「白馬村観光課によると、同スキー場の利用者数は1998~99年が約7万7千人で、その後は減少傾向にある。雪の降り始めが遅かった2015~16年は前季比41 %減の約3万4千人。16~17年も雪不足で営業開始が半月ほど遅れ、約4万3千人にとどまった」とあり、同年から経営会社が変わった。

コロナが原因としてあげられているので、その収束後は営業再開の可能性もあるのだろうが、前途多難と思わざるを得ない。「首都圏発スキー場と宿2003(実業之日本社)」には「専用のモーグルバーンや本格的なフリーライドバークもあるとあって、いつも若者の熱気に包まれている」と紹介されている。最近はスノーボーダーが多いゲレンデという印象があり、ちょっと私のようなオールドスキーヤーには近づけないと感じていた。

sanosDSC08462.JPG sanosDSC08459.JPG
(左)第6クワッド下から見上げる。(右)第2ペア前に取り外されたチェアが並べられていた。

2002年3月に鹿島槍・青木湖・佐野坂とサンアルピナ3スキー場を滑り歩いた際は、結構滑りごたえを感じたと記憶している。青木湖が休業して、サンアルピナとしての広さが失われてから、五竜・47・八方・岩岳など白馬の大ゲレンデを前にして中途半端な規模と感じられるのはやむを得ないのだろうか。

白馬方面の帰路に佐野坂へ立ち寄ってみる。国道沿いに広い駐車場があり、一段上がって大糸線の踏切を横切れば立派なセンターハウスがある。その裏側に第2クワッド、第6ペアの2本のリフトとそれぞれに沿う斜面が見える。リフトのチェアが並べられ、トラックや重機が作業をしている。来るべき再開のシーズンに向けての作業なのであろうか。(現地訪問:2020年11月)

なお、県内では同一経営主体であるエコーバレースキー場(長和町)も同様の理由で今シーズン営業休止が決定している。
posted by 急行野沢 at 21:07| Comment(1) | 信越沿線 営業休止のスキー場 | 更新情報をチェックする