2018年02月02日

野沢温泉スキー場のリフト改廃(その2 山麓部)(野沢温泉村)

nozawa_map02a.jpg 野沢温泉リフト一覧a.jpg

昨年末の告知に従って野沢温泉スキー場に出かけ、なくなってしまったリフトについてレポートを試みた。積雪期なので昔のリフトの痕跡があったとしても雪の下でわかるはずもないのだが、地形や周囲のコースなどからそこにリフトがあったときの雰囲気ぐらいでも感じられれば、と考えた。なお、類似の位置に架け替えられたリフトなどは対象外とした。

野沢温泉スキー場を訪れるのは6年ぶり。驚いたのは外国人が多いこと。聞こえてくるのは英語と中国語ばかり。また、平日はユートピア・チャレンジ・湯の峰・水無のリフト休止ということだった。いずれも好きなコースなので残念。

今回は山麓部の廃止リフトについて見ていきたい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■柄沢第2リフト
現在の長坂駐車場ができる前、車の日帰り客にはもっぱら柄沢の駐車場が使われていて、柄沢ゲレンデの重要性も高かった。一時期は、柄沢から上ノ平を結ぶ計画もあったのではないかと思う。
柄沢第2リフトは現在の第1リフトの上部にあった。雪の上からはその痕跡はわからない。第1・第2リフトを乗り継げば3kmの長さをもつ柄沢ゲレンデの緩斜面を思う存分滑ることができた。
karasawa2_a.JPG karasawa2_b.JPG
(左)柄沢ゲレンデを最下部から見上げる。(右)柄沢第1ペア終点。この付近に第2リフトの乗場があったはず。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■柄沢第3リフト
柄沢ゲレンデ上部からスカイラインの尾根上を結んでいたリフト。リフトが存在していた頃の様子を知らないので、だいたいの位置を推測するしかなかった。スカイライン下部を滑ることができたので、このリフトがあれば柄沢だけでもかなり楽しめたのではないだろうか。→[訂正]コメント欄にご指摘いただいた通り、柄沢第3リフトはスカイラインには達していなかったということ。柄沢ゲレンデの第2リフトのさらに上に合ったようです。
karasawa3_a.JPG karasawa3_b.JPG
(左)柄沢第2リフト中間のこのあたりの乗場があったのではないか。(右)スカイラインの尾根上に降場があったはずだが場所はよくわからない。→[訂正]柄沢第3リフトはスカイラインには達していなかったとのこと。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■第17リフト
柄沢から長坂方面に向かって柄沢連絡ペアに乗車してスカイライン末端に上る。その反対側斜面にあったのが第17リフト。長坂方面から柄沢に戻るときにも使えた。斜面には下から見て左側にジャンプ台が設けられているが、かなりの急斜面に見える。現在、柄沢から長坂に向かうには、ジャンプ台の上から脇を通って進む。
dai17_a.JPG dai17_b.JPG
(左)長坂駐車場から見た第17リフトがあった斜面。(右)斜面の横から見る。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■向林ロマンスリフト
長年、野沢温泉スキー場の問題はゴンドラ乗場直下に大きな駐車場がないことだった。温泉街に宿泊すればいいが、車の日帰り客には訪れにくい面があった。それを解決したのが長坂駐車場の設置であり、そのため向林ゲレンデが犠牲になった。
現在の長坂駐車場の位置に緩斜面の向林ゲレンデがあり、向林ロマンスリフトが架けられていた。かつて柄沢から長坂への連絡は向林ゲレンデを横切ればよかったが、現在のコースは長坂駐車場の上部を回り込むようにつけられている。
mukai_a.JPG mukai_b.JPG
(左)柄沢連絡ペア降場から見おろす。長坂駐車場の位置に向林ゲレンデがあった。(右)長坂駐車場の上部から下部を見る。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■向林展望リフト
向林ゲレンデ上部からスカイラインの尾根に上る位置にあったリフト。尾根に上るリフトだったので展望はさぞかしよかったと思われる。スカイライン最下部のみを滑るには便利だっただろう。また、長坂方面からスカイライン下部を経由して柄沢に戻るときにも使えたと思う。
mukait_a.JPG mukait_b.JPG
(左)向林ゲレンデ上部からスカイラインの尾根を見上げる。前方の切開きがリフトの痕跡か?(右)リフト終点付近のスカイラインの尾根から向林ゲレンデを見おろす。

次回以降、野沢温泉スキー場中間部・山頂部のリフトについて取り上げたい。

こちらもご覧ください → 野沢温泉スキー場のリフト改廃(その1)
posted by 急行野沢 at 20:37| Comment(2) | 信越沿線 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

野沢温泉スキー場のリフト改廃(その1)(野沢温泉村)

nozawa_map02a.jpg 野沢温泉リフト一覧a.jpg

昨冬は志賀高原のリフト改廃について調べた。もう動かないだろうと思ったリフトが多客期には「稼働していた」という指摘も受け、難しさも感じた。しかし一方、スキー場の歴史の流れの一部を記録できたのではないかと思う。

そこで、今回は長野から近いところで野沢温泉について取り上げてみたいと考えた。私の手元にある最も古い資料は、1987シーズンのゲレンデマップ。このマップにあるリフトと今シーズンのリフトの比較表をつくってみたのが上の表である。

もちろん輸送力増強のため、クワッド(同スキー場では「フォー」と呼ぶ)やペアなどに架け替えられているものが多い。しかし一方、現在はまったくリフトのない位置に存在したものも見受けられる。上のマップ上に○印をし、別表上に色を塗った11のリフトがそれに該当する。

その中には「ここにリフトがあると便利なのだが」と思えるものも中には見られる。シーズンインした現在は、これらのリフトの痕跡を探すことは難しいだろうけれど、野沢温泉に行って可能な範囲で調べたいと思う。近々、現地に赴いてみたいと思う。

こちらもご覧ください → 野沢温泉スキー場のリフト改廃(その2 山麓部)
posted by 急行野沢 at 09:30| Comment(1) | 信越沿線 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

木曽駒高原スキー場(木曽駒高原新和) (その2) (木曽町)

木曽方面に出かけたついでに、来夏の登山に備えて木曽駒ケ岳の登山口を確認しておこうと思った。よく考えれば、それはちょうど木曽駒高原スキー場の跡地にあたる。同スキー場は本ブログ開始間もない頃に取り上げたものの、もう一度きちんとレポートする必要を感じていた。

kisoko_img001.jpg kisokoCIMG9396.JPG 
(右)ゲレンデ直前にある駐車場案内。

国道19号を塩尻方面から南下する。原野交差点を左折して木曽駒高原に入る。別荘地の中を最上部まで進めば駐車場の空きを示す案内板が登場する。その先ですぐに大きなセンターハウスの前に出る。前回はたしか存在したスタートハウスが取り壊されて、左手にコンクリート基礎が残っている。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」には、「中央アルプスの主峰木曽駒ケ岳の山麓に展開するスキー場。穂高連峰や御岳を間近にし、白樺に囲まれた素晴らしい景観はスキーヤーをあきさせない」と紹介されている。「早朝スキーをめざして仮眠室は人気の的。スキーヤーを満足させてくれるスキー場だ」

kisokoCIMG9398.JPG kisokoCIMG9404.JPG
(左)廃墟となりかけているセンターハウス。(右)下部からゲレンデ全体を見上げる。

当時は営業時間の長さでも知られ、平日8〜22時、土日祝6時〜、週末〜24時であった。仮眠室も週末は満席となることも多かったようだ。クワッド1基とペア5基と輸送力も充実していた。最大斜度37度、最長滑走距離1200m。2006シーズンから営業休止となっている。最後の頃はスノボ中心の集客となっていたようだ。

前回訪問時は霧が濃くてわからなかったが、センターハウスの脇に立って見上げると、放射状に広がったゲレンデ跡はなかなか大規模だったことがわかる。リフトは撤去されているが、ゲレンデに向けた巨大なスピーカーやナイター照明などは残されている。周囲の山腹は紅葉に彩られている。

kisokoCIMG9409.JPG kisokoCIMG9411.JPG
(左)ゲレンデ中腹から下部のレストハウスを見おろす。(右)ゲレンデ中腹にはレストハウスがある。

ゲレンデ右側の車道を上る。両側にはいくつもの駐車場跡があり、往時の賑わいを感じさせる。2件のペンションの脇を過ぎれば、ゲレンデ中腹のレストハウスの脇に至る。前方右手はクワッドリフト上部があった方向だろう。その先には木曽駒ケ岳方面の稜線が雲に覆われている。

中京方面のスキーヤーに長年親しまれたゲレンデだったと思うが、東海北陸道の開通により奥美濃方面に中心が移ってしまったのだろうか。中津川ICから72kmというのは、現在の感覚ではちょっと遠い。木曽方面のスキー場の経営状況は予断を許さないところもいくつかあると聞く。(現地訪問:2017年10月)

kisokoCIMG9414.JPG kisokoCIMG9420.JPG
(左)ゲレンデ中腹から上部を見上げる。(右)クワッドリフト上部方向。前方は甲斐駒ケ岳方面。

こちらもご覧ください → 木曽駒高原スキー場(その1)
posted by 急行野沢 at 20:18| Comment(2) | 信越沿線 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

大平スキー場(その2)(中野市/旧豊田村)

上信越道・豊田飯山IC近くにあった大平スキー場。本ブログでは7年ほど前に取り上げた。その後、近くを車で通ることはよくあるものの、立ち寄ることがなかった。

160719CIMG5991.JPG 160719CIMG5994.JPG
(左)コンクリート部分だけが残されたリフトの痕跡。(右)リフト下からゲレンデがあった斜面を見上げる。

先日、通りすがりに立ち寄ってみると、リフトの痕跡がコンクリート部分だけになっていて驚いた。以前は機器類やワイヤーなども残っていたけれど、それらは撤去されたようだ。いつかヤブ漕ぎをして上部の様子も知りたいと思っていたが、草木の生い茂るこの季節にはそれも難しかった。

前回も触れた伯父の遺品の中から、豊田村にあった大平・涌井両スキー場の案内書を発見した。「今冬開設される…」と記載されているから、開設年の1968年につくられたものと思われる。

160719img001.jpg 160719img002.jpg
(大平スキー場・涌井スキー場の案内書から)

案内書によれば、大平スキー場へは飯山線+バスにより長野駅から40分でアクセスできる。とすれば長野駅から最も近いスキー場ということになる。積雪さえ確保できれば、長期にわたり長野市街に近い便利なスキー場となっていただろう。

なお、案内書には同村内にあった涌井スキー場についても掲載されている。涌井スキー場にはトロイカ1基があったが、「未開のスキー場です」と書かれているのが面白い。こちらの方が大平スキー場よりも先に閉鎖されることとなった。

160719img003.jpg 160719img004.jpg
(大平スキー場・涌井スキー場の案内書から)

立派な案内書もつくられていて、豊田村としては観光集客の目玉として力を入れていた様子がうかがえる。農林業以外にはさしたる産業もなかったと思われる地域にとっては、スキー客による冬期の収入は非常に大きなものだったと思われる。(現地訪問:2016年7月)

こちらもご覧ください→「大平スキー場(その1)」
posted by 急行野沢 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 信越沿線 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

聖高原第2スキー場(その2)(麻績村)

hiji2CIMG0001.JPG hiji2CIMG2699.JPG
(左)三峰山(聖高原スキー場最上部)から見た1308mピーク。山腹にゲレンデの跡がなんとなくわかる(撮影:2010年5月)。(右)すずらん湖畔。スキー場跡地は前方の山林の中。

聖高原すずらん湖近くにあった聖高原第2スキー場については、本ブログで7年ほど前に取り上げた。しかし、いま見るとずんぶん雑なレポートの仕方であり、もう一度やり直さなければと考えていた。

当時の資料もみつけた。「信州聖高原 麻績ガイド(昭和50年9月)」に聖高原第2スキー場(すずらんゲレンデ)の案内が掲載されていた。同誌の記載によれば「バスで聖高原からさらに15分。国民宿舎ホテルシャングリラで下車すると、ホテルの西側下にあるすずらん湖のすぐ上からすずらん第2ゲレンデが始まっている。ここには上方に550mの第2リフトが、下方には270mの第3リフトがかかっており、第3リフトから第2リフトへ乗り継げるようになっている。」なお、第1リフトは現在も営業を続ける聖高原(第1)スキー場にあるため、こちらを第2・第3としたのであろう。

「第2リフト付近はかなりの急傾斜で上級者向きのコースである。直滑降1,300mを一気に滑り下りる味が素晴らしい。リフト料金1回90円、往復160円。第3リフト付近は初級・中級向きのB・Cコースでゲレンデの長さは500m。すずらん第2ゲレンデまではバスが来ているが本数が少ない(スキーシーズン中でも日に3本)ので、ここまで足を延ばそうと考えている人は気をつけたい。」

hiji2CIMG2704.JPG hiji2CIMG2712.JPG
(左)緩斜面の最下部。第3リフト乗場があったと思われる。(右)第3リフト中間部付近から下部を見る。季節には水芭蕉が咲く。

下部の第3リフト沿いの緩斜面と上部の第2リフト沿いの急斜面で構成されていた。いまではバスが通うような場所とは思えないが、かつては日に3本とはいえバスが運行されていたことがかえって驚きでもある。当時は国民宿舎もすずらん湖畔にあり、聖高原観光のひとつの核ともいえる場所だったのだろう。1968年営業開始、少なくとも1993シーズンには営業を中止していた。

あらためて現地を訪問する。聖湖から旧大岡村(聖山パノラマホテル)方面に進み、すずらん湖畔へと左折する。左折する箇所にある広場は、かつてのホテル跡ではないかと推測される。すずらん湖畔を左側から半周した対岸には水芭蕉園の案内看板があり、そこが第3リフト最下部と思われるがリフト乗場などの痕跡は残っていない。第3リフトがあった緩斜面が水芭蕉園となっているのは前回レポートの通り。周囲には数日前に降ったと思われる雪が20cmほど積もっている。整備された遊歩道も雪に埋もれている。見上げる森林の中には別荘らしき建物が点在しているが、季節も季節なので人影はない。

hiji2CIMG2706.JPG hiji2CIMG2719.JPG
(左)第3リフト終点および第2リフト起点と思われるあたり。前方の1308m峰に向けて第2リフトが架けられていた。(右)第2リフト終点。1308m峰のピーク直下。

水芭蕉園の遊歩道最上部は、右から迂回してくる林道終点部の広場にもなっている。そのあたりが第3リフトの終点および第2リフト起点だったと思われるが、そこにもリフトの痕跡はない。正面の1308m峰に向けて第2リフトが架けられていたのだろう。前方斜面も草木に埋もれ、ゲレンデの雰囲気もあまりよくわからない。

ゲレンデ上部の様子も知りたくて、三和峠に車を置いて聖山へと続く登山道を歩き1308m峰まで登る。意外と急峻な勾配で、積雪もあるので手こずらされる。ピーク直下のヤブの中に少々の平地があり、そこにリフト降場があったようだ。見おろす斜面は樹林に埋もれ、ゲレンデだった様子は消え去っている。前方には、いまも営業を続ける聖高原スキー場のある三峰山、さらにずっと向こうには菅平方面の山並が広がるはずだ。いまは木の間越しではあるが、この展望がゲレンデから眺められたらなかなかのものだと思う。(現地訪問:2016年3月)

hiji2CIMG2722.JPG hiji2DSC_0183.JPG
(左)第2リフト終点付近からの展望。前方に三峰山方面が見渡せる。

こちらもご覧ください→「聖高原第2スキー場(その1)(2009年4月26日)」
posted by 急行野沢 at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 信越沿線 営業休止のスキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする