2018年11月25日

あららぎ高原スキー場(阿智村)

長野県内といっても北信からはあまりに遠いが、県内のスキー場は踏破しようという目的で2014年3月に訪れた。近隣にある治部坂やひらやに比べて、少し滑りごたえがあるゲレンデだったと記憶している。特に上部の第2ペア沿いが楽しかった。クワッド1本、ペア1本のリフトがあった。

arara_DSC03287.JPG arara_DSC03289.JPG
(左)スキー場入口には「歓迎」の文字。(右)センターハウス前には広い駐車場。

おもに中京方面からの集客で賑わっていたと思うのだが、本年9月に今シーズンの営業中止がホームページ上で告げられた。「本年度のあららぎ高原スキー場の営業は中止とさせていただきます。楽しみにされていた皆様には、多大なご迷惑をおかけしますこと、心より深くお詫び申し上げます」1989年オープンで、近年はスノーボーダーの利用が多かったと思う。

arara_DSC03327.JPG arara_DSC03292.JPG
(左)クワッド乗場からゲレンデを見渡す。(右)クワッド乗場横のゲレンデマップ。

また、11月には新聞でも営業休止が報じられた。それによると、入場者数の減少や、暖冬や重油高騰による経費の増加が要因。オープン当初は、近くの国道に車列ができるほど賑わったが、スキーやスノボ人気の衰退に加え、5〜6年前の暖冬を機に入場者数が一気に落ち込み、経営が苦しくなった。今後は未定だという。

arara_DSC03316.JPG arara_DSC03302.JPG
(左)クワッド乗場とセンターハウス。(右)上部の第2ペアリフト。

国道153号を南下して、あららぎ高原を再訪する。飯田市街からもけっこう距離がある。国道から西に入る場所や、その後のアクセス道の分岐には「スキー場」の表記がある。いまとなっては少々過剰と思える4段分もの広さがある駐車場を過ぎ、センターハウス前に車をとめる。スキー場内には「営業休止」等の表記は見あたらない。

センターハウスの左を回り込んでゲレンデ下に出る。ゲレンデ下に置かれたままのスノーマシンや圧雪車も所在なさげ。リフトはチェアを外されている。ススキが揺れるゲレンデは緩やかで広い。上部左手には第2ペア沿いのコースが斜度をもたげている。大川入山の登山口にあたり、治部坂峠からは登ったことがあるけれど、いつかこちらから登りたいと思っている。

arara_DSC03307.JPG arara_DSC03319.JPG
(左)第2リフト付近から見おろす。(右)ソリゲレンデにはスノーベルトが残る。

ゲレンデ下部右手にはソリゲレンデがあり、スノーベルトが風除けのシートを被ったままになっていた。来シーズン以降の動向が未定なので、ゲレンデ施設について当面大きな動きはないと思う。晩秋の気配の中、ゲレンデの風情は何となく寂しげに感じられた。(現地訪問:2018年11月)

営業していた頃の様子は→こちら

2018年10月12日

御岳ロープウェイスキー場(その2)(木曽町)

ont2_DSC02829.JPG ontakeDSC_0064.JPG
(左)御岳ロープウェイから下部の斜面を見おろす。

2014年9月27日の御嶽山噴火では登山者ら58人が死亡し、日本における戦後最悪の火山災害となった。しばらく御嶽山登山はできないと思っていたが、9月26日から10月8日までの間、黒沢口登山口の九合目二ノ池上分岐から山頂までの立ち入りが解除された。この機会に登っておきたいと考え、御岳ロープウェイに向かった。

当初の目的は御嶽山登山であるが、御岳ロープウェイ乗車の機会でもある。御岳ロープウェイスキー場の痕跡も見定めてこようと考えた(御嶽山登山の記録は→こちらへ)。2011シーズンから冬期の営業を休止した同スキー場。その後も夏山登山等の利用がある4〜11月には、ロープウェイの運行を続けていた。そこに発生したのが2014年の噴火であったが、翌年6月6日に運行を再開し、グリーンシーズンの営業を続けている。

ont2_DSC02650a.JPG ont2_DSC02653.JPG
(左)センターハウス。広い駐車場が前に広がっている。(右)センターハウスからロープウェイ乗場を見る。

ロープウェイを名乗るものの、6人乗りのいわゆるゴンドラである。チケット売場と売店などの入った建物には「CENTER HOUSE」とあり、登山の注意掲示がいくつも見られる。いったん建物外に出て乗場に向かう。見上げる斜面には花壇が整備されている。かつてのゲレンデ左手にゴンドラが、右手にはチェアを外された第1ペアリフトの乗場がある。支柱などもそのままで、遠目には少し整備すれば再開可能とも見えた。

ont2_DSC02651.JPG ont2_DSC02832.JPG
(左)花壇の向こうに第1ペア乗場が見える。(右)第1ペア・第2ペアの乗継地点。

8時30分の運転開始時刻には、雨模様の天気にもかかわらず30人ほどの行列ができていた。しばらくゴンドラに揺られると、進行右側眼下に第1ペアと第2ペアの乗継地点が見える。樹林に阻まれて見えにくいが、チェアを外されてはいるもののリフト施設はそのまま残されているのがわかる。さらに進むと、これも右下の広々とした斜面に第2ペアと第3ペアの乗継地点が見えた。こちらもリフト施設がそのまま残されている。

周囲の斜面は笹に覆われているが、スキー場のコースであったことははっきりとわかる。快適な滑降を想像させる斜面である。ゴンドラ飯森高原駅に到着すると、山頂に向かって右側に第3リフトの終点がある。こちらもリフト施設はそのまま残されている。下を見るとやや落ち込んだ急斜面のように見える。かなり規模の大きなゲレンデだったことに、あらためて気づかされる。

ont2_DSC02670a.JPG ont2_DSC02821.JPG
(左)第2ペア・第3ペアの乗継地点。(右)左に第3ペア終点。右はゴンドラ駅。

夏期にゴンドラは運行されているし、リフトの維持状況を見ると、スキー場として再開することは物理的には不可能ではないように思えた。ただ、冬期営業休止を続けているのは、スキー場として集客をはかるのは難しいということだろう。晴れていればゲレンデから御嶽山の雄姿が見えたはずだが、今日は深い霧雨に覆われて、はかばかしい展望は得られなかった。(現地訪問:2018年10月)

こちらもご覧ください → 御岳ロープウェイスキー場(その1)

2017年10月24日

木曽駒高原スキー場(木曽駒高原新和) (その2) (木曽町)

木曽方面に出かけたついでに、来夏の登山に備えて木曽駒ケ岳の登山口を確認しておこうと思った。よく考えれば、それはちょうど木曽駒高原スキー場の跡地にあたる。同スキー場は本ブログ開始間もない頃に取り上げたものの、もう一度きちんとレポートする必要を感じていた。

kisoko_img001.jpg kisokoCIMG9396.JPG 
(右)ゲレンデ直前にある駐車場案内。

国道19号を塩尻方面から南下する。原野交差点を左折して木曽駒高原に入る。別荘地の中を最上部まで進めば駐車場の空きを示す案内板が登場する。その先ですぐに大きなセンターハウスの前に出る。前回はたしか存在したスタートハウスが取り壊されて、左手にコンクリート基礎が残っている。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」には、「中央アルプスの主峰木曽駒ケ岳の山麓に展開するスキー場。穂高連峰や御岳を間近にし、白樺に囲まれた素晴らしい景観はスキーヤーをあきさせない」と紹介されている。「早朝スキーをめざして仮眠室は人気の的。スキーヤーを満足させてくれるスキー場だ」

kisokoCIMG9398.JPG kisokoCIMG9404.JPG
(左)廃墟となりかけているセンターハウス。(右)下部からゲレンデ全体を見上げる。

当時は営業時間の長さでも知られ、平日8〜22時、土日祝6時〜、週末〜24時であった。仮眠室も週末は満席となることも多かったようだ。クワッド1基とペア5基と輸送力も充実していた。最大斜度37度、最長滑走距離1200m。2006シーズンから営業休止となっている。最後の頃はスノボ中心の集客となっていたようだ。

前回訪問時は霧が濃くてわからなかったが、センターハウスの脇に立って見上げると、放射状に広がったゲレンデ跡はなかなか大規模だったことがわかる。リフトは撤去されているが、ゲレンデに向けた巨大なスピーカーやナイター照明などは残されている。周囲の山腹は紅葉に彩られている。

kisokoCIMG9409.JPG kisokoCIMG9411.JPG
(左)ゲレンデ中腹から下部のレストハウスを見おろす。(右)ゲレンデ中腹にはレストハウスがある。

ゲレンデ右側の車道を上る。両側にはいくつもの駐車場跡があり、往時の賑わいを感じさせる。2件のペンションの脇を過ぎれば、ゲレンデ中腹のレストハウスの脇に至る。前方右手はクワッドリフト上部があった方向だろう。その先には木曽駒ケ岳方面の稜線が雲に覆われている。

中京方面のスキーヤーに長年親しまれたゲレンデだったと思うが、東海北陸道の開通により奥美濃方面に中心が移ってしまったのだろうか。中津川ICから72kmというのは、現在の感覚ではちょっと遠い。木曽方面のスキー場の経営状況は予断を許さないところもいくつかあると聞く。(現地訪問:2017年10月)

kisokoCIMG9414.JPG kisokoCIMG9420.JPG
(左)ゲレンデ中腹から上部を見上げる。(右)クワッドリフト上部方向。前方は甲斐駒ケ岳方面。

こちらもご覧ください → 木曽駒高原スキー場(その1)

2016年01月23日

いがやスキー場(その2)(松本市)

igaya2CIMG1960.JPG igaya2CIMG1964.JPG
(左)ゲレンデ下部から見上げる。(右)ゲレンデ最上部。

2013シーズンを最後に営業休止となっている「いがやスキー場」。Mt.乗鞍に滑りに出かけたので帰路に、「いまはどうなっているのだろう」と気になって立ち寄ってみた。

「首都圏発スキー場と宿EAST2013(実業之日本社)」には、乗鞍高原温泉の一項目としてこのスキー場について以下のように紹介されている。「『乗鞍高原いがやスキー場は隠れた穴場』 メインゲレンデへ入る左手に独立してある。ここは、日本初の冬季オリンピックの銀メダリスト・猪谷千春が少年時代に練習していたコースを整備拡張して造られたゲレンデだ。リフト1本のゲレンデだが、アルプスウォーカー付きの『キッズパーク』がある。(後略)」2012〜13シーズンは乗鞍と一体となったかたちで運営されていて、この紹介はその時期のものである。

乗鞍高原から前川渡への県道をしばらく下って右折。その場所には、まだ「いがやスキー場」を示す標識が残されていた。ゲレンデ下には蕎麦屋でもあるレストハウスが健在の様子だった。ゲレンデは雪が積もったままで、当然ながら何も整備はされていない。しかし、リフトはチェアを外されただけの状態であり、ゲレンデ中腹の建物には、稼働はしていないものの圧雪車が格納しているのが見えた。積雪がいまひとつなので、ブッシュが出ているところが見えるものの、少し整備をすれば営業できる状態のように見える。

Mt.乗鞍のパンフレットには「旧いがやスキー場は休業しています」と表記されている。「休業」ということは、復活の可能性も考えられるということだろうか。ゲレンデの様子をみるとそんな可能性も感じさせる。雪雲が空を覆いはじめ、ゲレンデの向こうに見えるはずの乗鞍岳を隠してしまった。(現地訪問:2016年1月)

こちらもご覧ください→「いがやスキー場(その1)(2014年05月17日)」

2015年11月03日

浦の原スキー場(伊那市/旧長谷村)

いまは伊那市に合併となった長谷村。主要な集落は国道152号と三峰川に沿った地域に点在している。国道から南東に離れた三峰川の上流、その山中に位置する浦という集落は、檀ノ浦の戦いに敗れた平家の落人「平維盛」の子孫が住み着いたといわれている。古老は「檀ノ浦村」と自称し、それが「浦」の地名の由来だという。

ura1DSC04474.JPG ura2DSC04439.JPG
(左)浦の集落。(右)小松氏先祖の墓(伊那市文化財)。

この浦の小松氏が平家の流れを汲んでいるとされ、小松家とその側近であった西村家では春彼岸中日に先祖祭をおこなっている。赤旗を竹竿につけて墓の生垣に立てる。その後、「小松内大臣平重盛卿」の文字が書かれた掛軸を床の間に掲げて、盛大な祝宴をあげるのだという。正確な歴史検証は今後に俟つ部分が大きいといわれているが、そんな話を聞くだけでもこの土地の歴史に思いを馳せてしまう。

この土地にスキー場があったことを知ったのは「長野県上伊那誌・現代社会篇(1967年1月)」の記載によるもの。同誌では「浦の原スキー場」について以下のように紹介されている。「伊那市から浦までバスの便がある。標高1,300m余り、三峰川の溪谷に面したスロープで、冬季は平均40〜50cmの積雪があり、初心者のスキーに適している。また、夏はキャンプ地としても好適である。」

また、昭和30年代後半から40年頃の地元紙には、この浦のスキー場についての記事を見ることができる。「例年ならば里に雪はなくても山岳地帯の浦スキー場は雪のない年がなかったが、この冬に限って淋しい冬(雪不足)だと関係者はこぼしている。(昭和40年1月)」「今秋拡張工事の完成をみた長谷村浦の原スキー場はさきの降雪で二十センチの積雪がありホツホツスキーを.楽しむ客が訪れている。(中略)あまり知られていないので、長谷村観光協会ではパンフレットを作成、新年早々には完成するので各方面へ配布する(昭和35年1月)」

ura3DSC04452.JPG ura4DSC04445.JPG
(左)浦の集落から西側の山並みを見る。前方の山並みの奥にゲレンデがあったというが。(右)浦の集落から見た仙丈ケ岳。

南信方面の山に登った帰りに、浦を訪れる。山中の道を車でたどり、「なんでこんなところに」と思える浦の集落にたどりつく。廃屋もあるのだろうが、しかし、思ったよりも多くの家が建ち並んでいる。集落の中で見かけた年配の方、数人にスキー場について尋ねてみる。ゲレンデは集落近くにあったと思っていたが、かなり西側の山中に入ったところだったようだ。「中沢へと越えていく途中の北斜面。窪地のようになっていて、そこは積雪が多かった。美和湖の方角も見渡すことができた」という。

浦の西側山中に上っていく林道あたりかと思ったが、そうでもないらしい。古老の話では「歩いて登っていくしかない。きちんと支度をして」とのことだった。そんな話から地図上で推測すると、入野谷山から北北東にのびる尾根がやや広くなったあたりかと思えるのだが、それでは西側の分杭峠あたりから入った方が早そうだし、スキー以前に最低でも標高差300〜400mの登山の様相を呈してくる。いずれにしても、この日はゲレンデの場所は特定できなかった。再訪の機会にあらためて調べたいと思う。振り返ると、谷を挟んで仙丈ケ岳が午後の光を受けて輝いていた。(現地訪問:2015年10月)