2009年04月11日

七巻スキー場(その1)(野沢温泉村)

P4110022.jpg P4110008.jpg
(左)かつて渡し舟があったあたりの千曲川の流れ。左に桑名川駅、右が七巻。(右)七巻スキー場の跡地。少しゲレンデを登ったあたりから、リフトの痕跡と崩れかけた建物を見おろす。

七巻という地名は、古くから野沢温泉スキー場(上の平)からのツアーコースの終点として知られている。その七巻集落から少し山の中に、つまりツアーコースからいえば終点の直前に、七巻スキー場があった。

一方、七巻といえば千曲川の渡し舟でも知られていた。現在、国道117号は七巻集落のある千曲川右岸を走っているが、かつては千曲川左岸につけられていた。飯山線の桑名川駅も左岸にあり、そちら側に主要交通路が集中していたが、この付近には橋がなく、七巻集落から桑名川駅などとの間の往来はこの渡し舟に頼っていたようである。舟は通常、右岸に寄せられていて、対岸に舟があるときは一斗缶を叩いて合図をしたという。船賃は50円だったらしい。

はじめて七巻スキー場のことを耳にしたときには「そのスキー場に行くには、渡し舟に乗らなければならない」といわれ、たいそう驚いた記憶がある。残念ながら私は訪れる機会がなかったが、1970年代のスキーツアーの記録によれば、七巻にくだった後、渡し舟に乗り、桑名川駅から飯山線で帰途についたというものがいくつも見られる。せわしない今日ではローカル線と渡し舟に乗ってスキーに向かうなどという旅情が味わえたら、それは一種の贅沢だと思うのだがどうだろうか。その渡し舟も1983年に廃止されている。

さて、七巻スキー場は1967年12月に開業し、1982年に閉鎖となっている。国道117号から七巻の集落内を通り、南の方向に棚田の中を上っていくと右手にコンクリート製の人工物の痕跡が残っている。近づいてみると、リフト乗場のコンクリートの基礎部分と、その隣に崩れかけたトイレ、そして今は物置になっているらしい食堂の建物が隣接している。古いスキー場ガイドを見ると、500mのシングルリフトが1基あることが記されている。ゲレンデには低い木々が茂り始めていたが、北斜面でもあり、4月のこの時期にも中腹には残雪が見られた。シンプルな構成のゲレンデだったようだが、近場の人々が楽しむほかは、野沢から滑ってきた人たちが仕上げのひと滑り、という程度に過ぎなかったのではなかろうか。

北信州のしみじみとした歴史の中に、千曲川の渡し舟とともに、このゲレンデの記憶もとどめられることを願いたい。

P4110009.jpg DSC_0010nm.JPG
(左)低い木々に覆われ始めているゲレンデ。(右)「冬の信州'81」を参考に作図。

*当初、「七ヶ巻(なながまき)スキー場」として記載しましたが、当時はもっぱら「七巻(ななまき)スキー場」と呼ばれていたようなのでそちらに変更しました。

こちらもご覧ください→「七巻スキー場(その2)」

2009年04月05日

北飯山スキー場(その1)(飯山市)

P1010502a.jpg  P1010521a.jpg
(左)第1リフト乗場付近 (右)第1リフトの鉄塔

P1010601a.jpg  P1010611a.jpg
(左)第2リフト乗場からゲレンデを見上げる (右)第2リフトの鉄塔

北飯山スキー場は飯山線の北飯山駅から北西の方向にすすんだあたりに所在した。現在の交通路でいうと、国道292号線を国道117号との分岐から西に進み、トンネルをすぎて少し進んだあたりの南側の丘陵の北面ということになろうか。何の痕跡もないだろうと寄り道をしてみると、錆びついたリフトの鉄柱などがすっかり残っていた。

麓には「民宿」の看板を掲げた家もみられる。そんな一角に、赤錆びた第1リフトの乗場がある。鉄柱には「北飯山スキー場 第1リフト 昭和39年11月 北飯山観光開発」の文字が読み取れる。第1リフトの途中から右手前方に向かって、第2リフトがあったようだが、それもすっかり残っている。ゲレンデの多くは畑地になっているようだが、その雰囲気は地形から読み取ることができた。

記憶は曖昧だが、昭和40年代に飯山にいた伯父につれられてこのスキー場に来たことがあると思う。その頃のことだから、飯山の市街からここまで歩いて来たはずだ。1964年12月に営業を開始。1976年の春をもって営業を終了している。実際に営業していた期間は10数年にすぎない短命のゲレンデだったようだ。1973年には飯山国際スキー場が開設され、相互のゲレンデを連絡するロープトロイカを整備して再起をはかったが、各地に大規模なスキー場が誕生する中、スキー客の獲得は思うにまかせず閉鎖に至った(「飯山市スキー史」)という。

P1010643a.jpg  P1010682a.jpg
(左)第2リフトの中間部とゲレンデ 

こちらもご覧ください→「北飯山スキー場(その2)」

2009年03月29日

飯山国際スキー場(飯山市)

P1010583a.jpg P1010593.JPG 
(左)第1リフト上部から。いったん下った最低部が第2リフトの乗場。遠く坊主山山頂部に架かる第4ゲレンデの跡が見える。

飯山市の裏山のような感じの場所にあった飯山国際。飯山市街から斑尾高原に向かってのぼりはじめてわずかな所を右折する。以前は右折する所に「歓迎 飯山国際スキー場」などと書かれたアーチがあったと思う。私が訪れたのはもう40年も前のことなので記憶は曖昧だが、小学生にとって見れば結構な規模のスキー場だと思われた。当時、飯山線の鉄道の仕事をしていた伯父に連れられて出かけた。

2001年に経営が破綻して、以降営業は休止となった。リフトの機器や鉄塔などはすべて撤去され、潅木も茂り始めて、スキー場だった痕跡を示すものはあまり残っていない。しかし、坊主山方面を見上げればゲレンデの跡がはっきりとわかる。最低部の駐車場周辺には、マウンテンバイクのコースらしきものが設けられていた。

「'86 SKI GUIDE(山と渓谷社)」には、「長野県スキー発祥の地・飯山市の西方、坊主山(標高720m)の北東斜面20haが、上級者向き1、上中級者向き1、中級者向き2、中初級者向き1の5ゲレンデとなって縦に長く展開する。最上部・坊主山ゲレンデからホームゲレンデまで一気に滑ると2.5kmのダウンヒルコースとなる。また、日本ではじめて1日の入場者を1,500名と限定した定員制を採っているので、リフト待ちもなく、のりびりゆったり安全にスキーを楽しめる」と案内されている。最大斜度43度。標高差250m。

10年ほど前までは斑尾に出かけるときに「飯山国際って、まだあるんだ」と思いつつ通り過ぎていたが、最後に1回滑っておくんだったと後悔している。温暖化のせいで、近年は飯山市街でも積雪がずっと少なくなったようだ。昔からのゲレンデは市街地に近く、標高の低いものがけっこう多い。以前は山奥までは道路も整備されていなかったから、現在のような標高の高い所にあるスキー場には、なかなか足をのばすことができなかったからだが、こう積雪が少なくなると平地に近い小規模のスキー場にとってはますます厳しい事態となるかもしれない。

2009年03月15日

信濃平スキー場(その1)(飯山市)

P1010302a.jpg 信濃平a.jpg
第1リフト下からスキーセンター、その上の第7リフト方面を見上げる。

信濃平スキー場は1963年の開業。黒岩山の東山麓に開かれ、飯山線沿線のスキー場の中では老舗といっていいだろう。飯山線の信濃平駅からは丘陵をひとつ越えた西側にあり、少し離れている。かつては戸狩と人気を分けるほどのポジションだったと思う。民宿街があり、東京方面からの団体客もあったはずだ。

ひとりで出かけようとしたが、駐車場がしっかりと案内されておらず、駐車する場所があるかわからなかったので、行くのを躊躇した記憶がある。その後に一度だけ訪れたときの印象では、規模のわりにコースはバリエーションに富んでいたと思う。民宿街から連絡リフト的な第1リフトでスキーセンターまで上り、その上の第6・第7リフト沿いがメインゲレンデ。第7リフト沿いの急斜面(最大斜度38度)を、地元の少年たちがかっとんでいたのが印象に残っている。

「'86 SKI GUIDE(山と渓谷社)」によれば「黒岩山(標高939m)の東斜面20haにSAJ公認大回転バーン、山頂からノンストップ4kmの林間コースをはじめ、上級者向き2、上中級者向き1、中級者向き2、中初級者向き2、初級者向き1の合計8コースをもつ。スイス・グレーヘンスキー場と姉妹提携をしており、現役インストラクターのヨーロッパアルペンスキーの指導と、スイス人コックによる本場スイスの味が明るく陽気なアルプス並みのムードを盛り上げる」と紹介されている。

2001シーズンをもって営業を休止した。早すぎる終焉と思えたが、今にしてみれば比較的賢明な選択だったのかもしれない。いまはレストハウスなどの建物は残っているが、リフトの鉄柱などはきれいに撤去されている。前記のとおり、スイスのグレーヘンスキー場と提携していたので、民宿街にはそのマークが現在も掲出されている。(現地訪問:2009年3月)

P1010310a.jpg
スキーセンター付近から第6リフト方向を見上げる。

こちらもご覧ください→「信濃平スキー場(その2)」

2009年03月07日

斑尾高原豊田スキー場(中野市/旧豊田村)

P1010223豊田a.jpg P1010282cc豊田.jpg

2003シーズンに開業して、数年営業した後に2008シーズンから営業休止となった。よくこんな時期にスキー場をオープンしたなと思ったが、冬期の仕事の確保などという事情があったらしい。

直列につながったリフトが2本。ゲレンデの構成もシンプルで、斑尾からの帰りにひとすべり……という程度の使い方ならいいかもしれないが、ここで1日楽しむというのは、ちょっときびしいと思った。すぐ近くにある「まだらおの湯」とタイアップするなどの方法はあるのかもしれないが。ロケーションは豊田飯山ICからも近くて悪くはない。斑尾への通り道にあたるが、それがいいのか悪いのか。

開業してすぐの時期に行ったが、ほとんど滑っている人はいなくて寂しかった記憶がある。今後、再度営業する可能性もあるかもしれないが、施設はただ雪に埋もれているだけである。

Pc210011.jpg
営業していた頃の様子。夕刻のリフト運転終了間際とはいえ、駐車場に車は数台。(2002年12月)

【続報】
2010シーズン、営業を再開した模様。サンパティックと共通リフト券とし格安の料金設定にするなど、工夫は凝らされているようだ。
詳細はこちらから
 → http://www3.ocn.ne.jp/~madarao/mt-ski/index.htm

【続報2】
2011シーズンの動向が不明だったが、現地に行ってみるとリフトが動いていた。あまり人が滑っている気配がなかったので念のためリフト券売場で聞いてみると、「営業してますよ」とのことだった。滑っているのは数人程度という感じだった。(2011年1月)
110102DSC_0005.JPG

【続報3】
サンパティック斑尾(プレイランド斑尾)の破産にともない、斑尾高原豊田スキー場の動向が注目されていた。かなりの降雪があり、通常であれば営業を開始するところだろうが、訪れてみるとひっそりとしていた。駐車場までのアプローチもまったく除雪がされておらず、開業の準備もまったくされていないようだ。やはり、今シーズンの営業は難しいのだろう。(2011年12月)
toyotaP1090534.JPG

【続報4】
サンパティック斑尾が今シーズン営業再開となったので、斑尾高原豊田スキー場はどうなるのか、気になるところ。しかし現地では、リフト・ゲレンデの準備はされていないようだった。センターハウスまで除雪され何台か車もとまってはいたのだが、ゲレンデの準備というようすは感じられなかった。(2012年12月29日)
toyotaP1130261.JPG