2012年01月01日

加山キャプテンコースト湯沢スキー場(新潟県湯沢町)

kayamaDSC_0051.JPG kayamaDSC_0054.JPG
(左)スキー場入口の看板も撤去されて「休業」という貼り紙だけがあった。(右)ゲレンデ下から見上げる。

湯沢の市街地から東に大源太川を遡る方向には、岩原や湯沢パークといったゲレンデが点在する。その一番奥にあったのが加山キャプテンコースト。いわずと知れた若大将・加山雄三氏が経営するスキー場で、ゲレンデにはヨットが置かれ湘南のイメージを醸し出していた。

2011年7月には「俳優で歌手の加山雄三さんが経営する新潟県湯沢町土樽の加山キャプテンコーストスキー場が閉鎖することになった。加山さんは『開場以来、赤字続きだった。東日本大震災の影響で運営資金の調達が困難になり、閉鎖することにした』と話している」と報じられた。加山キャプテンコーストスキー場は、バブル末期の1991年12月にリフト4基でオープン。

昨シーズンは「リニューアルに向けた準備をする」として休業したが、大方の見方は復活は難しいのではないかというものだった。利用客数は2008シーズンに2万人を超えたが、2010シーズンは約15,000人と減少傾向にあったという。若者のインドア志向によりスキー人口が激減し、大震災の影響も大きく、スキー場維持が難しくなったようだ。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」によれば「北西斜面に放射状に伸びる4基のリフトと、緩斜面中心の6つのコースで構成される。『ファミリーのためのスキー場』というコンセプトと東京駅から2時間足らずというアクセスのよさ、規模のわりに充実したパーキングエリアが好評。スキー場名の『加山』はいうまでもなく加山雄三氏のこと。ゲレンデにシンボルのヨットが置かれている」と紹介されている。

kayamaDSC_0058.JPG kayamaDSC_0062.JPG
(左)駐車場脇には加山氏の写真。(右)ゲレンデ下に残されている建物やリフト施設。

クワッド2基とペア2基。ゲレンデ構成は緩斜面か上級斜面のいずれかで、その中間にあたる斜面は少なかった。私にとっては湯沢周辺でついに足を運ぶことのなかった数少ないスキー場。その理由は、ゲレンデ構成に魅力がなかったことと、湯沢の街からは手前に岩原や湯沢パークがあったこと。それに加えて、雪山に湘南の雰囲気は不釣り合いではないかいう思い込みもあった。

12月下旬、湯沢の街から湯沢パークスキー場の横を通って、加山キャプテンコーストの跡地まで行ってみた。途中の案内標識などはすべて撤去されていて、キャプテンコーストを示すものはまったく見あたらない。スキー場駐車場まではアクセス道路は除雪されていたが、ゲレンデ下にあるレストハウス付近やリフトの下まで近づくには、新雪の中をツボ足で進むしかなかった。

駐車場脇には加山氏の写真がまだ掲げられていたが、シンボルだったヨットは撤去されたようで見あたらない。リフト施設やゲレンデ下のレストハウスなどの建物はそのまま残されている。ゲレンデ下の建物はプレハブのような簡易な建物が多いように感じられた。ゲレンデには深く雪が降り積もり、圧雪さえすればすぐにでも営業を再開できるように見受けられた。(現地訪問:2011年12月)

kayamaDSC_0068.JPG kayamaDSC_0065.JPG
(左)レストハウス前から見たゲレンデ全景。

2011年12月27日

浦佐スキー場(新潟県南魚沼市)

urasaDSC_0018.JPG urasaDSC_0023.JPG
(左)国道17号から見たゲレンデ。(右)バス停名や案内板にも浦佐スキー場の名が残る。

今シーズンから営業休止となったスキー場の中で、最も衝撃的だったのは浦佐スキー場ではないだろうか。「スキー道場」といえば、すなわち浦佐のことを指していた。「上手くなりたかったら、浦佐へ行け」といわれ、スクールの講習には定評があった。その浦佐が営業をやめるとは、ひとつの時代が終わったとさえ感じられる。

2011年6月の新聞報道によれば「浦佐スキー場、来季の営業休止。南魚沼市浦佐の浦佐スキー場が来季の営業を休止することが13日、分かった。利用客が減少し設備投資や運転資金の確保が難しいと判断した。同スキー場は、地元の住民らが出資し合い1958年にオープン。60年にスキー学校を開校し、優れた指導者による普及活動や技術指導に定評があった」と報じられた。昨夏の土砂崩れでスキーセンターが崩壊し、その影響もあるのだろう。半世紀以上におよぶ歴史にピリオドが打たれることとなった。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」には「ゲレンデはコンパクトだが、上越屈指の有名スキー場。というのも昔からSAJ系スクールの最高レベルとして知られてきたからだ。ゲレンデもスクールの講習用に手をくわえてあり、わざとリフトを架けない斜面を持ち、うまくなりに行くには最適。ゲレンデのすぐ下が旅館街で、そのはずれは駅というロケーションの便利さもある」と記載されている。

urasaDSC_0026.JPG urasaDSC_0037.JPG
(左)パラで架かるリフト乗場。(右)リフト乗場とリフトセンター、レストハウス。

ゲレンデ中央にペア2基・シングル1基がパラに架かり、まっすぐ下る上級・中級の各コースやS字を描くような初級コースが配置されていた。国道17号がゲレンデ間近を走り新幹線浦佐駅も至近距離と交通アクセスは悪くなかったが、東京方面からは手前に湯沢・石打・六日町周辺に多くのスキー場があるから、ここまで来る必要性を感じる人は少なかったのかも知れない。

湯沢・石打周辺のスキー場も営業を開始したクリスマスの3連休、浦佐スキー場を訪問してみる。国道17号沿いには「浦佐スキー場前」というバス停名もそのまま残っているし、案内看板もそのまま残っている。スキー場下の旅館・民宿は温泉地でもあるのでほとんどが営業を続けている様子だが、外部から見た限りではスキー客の姿はなく閑散としてはいる。

パラで架かるリフト乗場は雪に埋もれ、ワイヤーはそのまま上部に通じている。見上げるゲレンデはただ雪が積もり、迂回コースの跡は認められるものの、圧雪もされていないのがむなしさを感じさせる。魚沼の平地をはさんで、越後三山が白銀に輝いていた。(現地訪問:2011年12月)

urasaDSC_0047.JPG urasaZZ.jpg
(左)ゲレンデ全体を見上げる。
ラベル:浦佐スキー場

2011年02月12日

城平スキー場(新潟県湯沢町)

shiro_0095.JPG shiroP1060221.JPG
(左)上越新幹線のトンネル入口が左手にあり、その上部にゲレンデが開かれていた。(右)ゲレンデ下部から見上げる。周辺にはいまもロッジなどが多い。

越後湯沢。この町に、スキーに関わる思い出をたくさんお持ちの方も多いと思う。いつの頃からかリゾートマンションが林立する風景が目立つようになったけれど、温泉街としての歴史もあり風情を感じさせる一帯もある。友人のリゾートマンションに転がり込んだり、温泉街裏の安い民宿に泊ったり。どちらかというと後者のほうが思い出に残っている。

上越新幹線が大宮暫定開業をへて、上野まで乗り入れたのが1985年。当時は東京に住んでいたので、そのころから渋滞する関越道を避けて新幹線でスキーに行くことが多くなった。だいたい湯沢高原で滑るかシャトルバスで石打・岩原あたりに足をのばすことが多かったのだけれど、駅から近い城平で滑っておかなかったのをいまは後悔している。

越後湯沢駅西口から南に向かって歩けば、ほんのりと温泉の硫黄臭が漂ってくる。やがて左手には上越新幹線のトンネル入口が見えるが、その上に城平のスキー場の斜面が広がっている。越後湯沢駅から歩いてもほんの5分ほどの立地。湯沢市街に隣接したシティ派ゲレンデといういい方もできようか。

何軒かロッジなどの建物がある背後に草地となった斜面が広がっているが、リフトなどの施設は撤去され、新幹線のトンネルがすぐ脇を走る環境なのでそれと教えられなければかつてスキー場があったとはなかなか気づきにくい。何軒か、現在でも営業を続けている温泉付きの宿泊施設も見受けられる。1956年(昭和28)1月には、リフトの滑車が外れ逆走するという事故も起こったようだ。見上げるコンパクトなゲレンデには「最大斜度20度」という数字以上に斜度を感じる。最長滑走距離450m。

shiroP1060225.JPG shiro-map.JPG
(左)西側の丘陵地からゲレンデ下部を見おろす。(右)「スキー天国にいがた」を参考に作図。

「スキー天国にいがた(1975年12月)」によれば「湯沢の南側にあり、北向き斜面でありながら比較的空いている。湯沢のスキー場では穴場といえる。中腹の緩斜面は初心者向きで定評があり、ナイター設備は万全である」と案内されている。1956年(昭和31)開設でリフト2基(482m、276m)を備えていた。営業休止は1990年代と思われる。

「南魚沼郡誌(1971年3月)」には、戦後の復興時に古くからあった布場スキー場に活気が戻ってきたのにつれて、一本杉・城平などへと施設も拡充されていったと説明されている。それから20数年間ぐらいが、湯沢が最も活気づいた時期なのかもしれない。(現地訪問:2010年4月・12月)
ラベル:城平スキー場

2010年09月23日

三国スキー場(新潟県湯沢町)

mikuniDSC_0004.JPG mikuniDSC_0008.JPG
(左)メインゲレンデの下から。(右)ゲレンデを少し登ったところから、駐車場方面を振り返る。

上越国境北側の山深いところにあった三国。苗場のエスケープゲレンデであるかのように位置づけられていたのが、不幸だったと思っている。もう少し立地が違っていたら、独自のカラーで売り出すことのできるスキー場になっていたのではないだろうか。

私は1990年3月に一度だけ滑りに来たことがある。そのときは、他のスキー場のついでにというものではなく、この三国だけを目指してやってきた。もちろん大規模なゲレンデというわけではないけれど、雪質も良く中級レベルを中心としたコース構成が楽しく、十分満足のいくものだったと記憶している。一連の西武系スキー場の整理の中で、2004シーズンを最後に営業をとりやめた。

「'86 SKI GUIDE(山と渓谷社)」によれば、「苗場スキー場から、3.5km。上越国境の山々に囲まれた谷あいにあり、43haのゲレンデは豊富な積雪に恵まれ12月初旬から5月上旬まで滑走でき、美しいブナ林に囲まれた独特な雰囲気をもっている。ゲレンデにはセパレートされた7コースが設定されており、初級者から上級者まで自分の技術に応じたコース選定ができ、安心して滑走できるようになっている」と紹介されている。

苗場プリンスホテル宿泊のスキーヤーには、無料送迎バスが運行されていた。標高1,120〜1,548m。開設は1980年。最大斜度30度。苗場と同様、国土計画によってつくられた西武系のスキー場だった。リフトはペア2基、シングル1基。最長滑走距離2,500m。

mikuniDSC_0017.JPG mikuniDSC_0214.jpg
(左)ちょうちん岩コースの下から見上げる。

国道17号の苗場スキー場前から国道353号を南下すれば到達することがわかっていながら、なかなか足を運ぶ機会がなかった。ちなみにこの国道353号はけっこう凄いルートをとっていて、群馬県桐生市から赤城山の南麓、吾妻渓谷、魚沼の山稜などを縫って走り、新潟県柏崎市まで通じている。その途中にある、上越国境を挟む群馬県四万温泉とこの三国スキー場の間は開通していない。

9月初旬のまだ真夏のように暑い一日、苗場スキー場の前から狭い道幅の国道353号を進む。苗場スキー場からは3.5kmとあるが、あらためてその道をたどるとずいぶんと距離を感じる。終点は広い三国スキー場の駐車場となっていて、その右手前方の斜面に何本ものゲレンデが開かれていた。西武系の閉鎖スキー場に共通に見られるようにリフトやレストランなどの施設はきれいに撤去され、斜面を自然の植生にもどそうとしている。

ゲレンデの跡は背の高いススキなどに覆われているが、まだコースのかたちははっきりしている。少しゲレンデを登って振り返れば、谷川連峰の山々が雄々しい姿をもたげているのが見えた。国道終点の少し手前には、ちょうちん岩コースの最下部も跡をはっきり認めることができた。下界では35度という猛暑が続いているが、ここまで来るとさすがに涼しい風が吹いていた。風に揺れるススキが、こんな猛暑の夏にも、秋が着実に忍びよっていることを語っているようだった。(現地訪問:2010年9月)
ラベル:三国スキー場

2010年04月23日

白板高原スキー場(新潟県湯沢町)

shiraita_0005.JPG shiraita_0069.JPG
(左)国道17号沿いにはいまも「白板高原スキー場」の看板。(右)メインゲレンデ全体。左下から右上の稜線まで錆びついたリフト施設が残っている。

国道17号を湯沢の市街地から南下する。間もなく道は芝原峠に向かって上り坂にかかるが、その左手にあったのが白板高原スキー場。国道沿いにまだ「白板高原スキー場」の看板が立てられていて、それに従って左手の平地にくだると稜線に向かってシングルリフトの施設がそのまま残っている。リフト乗場の隣には、ロッジの建物が崩れながら残っている。アクセス道路は遮断され、ゲレンデ下まで容易に近づくことができなくなっていて、何となくわびしさを感じさせる。

「スキー天国にいがた(1975年12月)」によれば「苗場山系のスキー場のうち最も湯沢温泉および国鉄越後湯沢駅に近く、国道17号線沿いで自家用車では最も便利が良く、広大なゲレンデで日曜・祝祭日家族連れでも混雑がなく安全であり、会社・学生等の団体合宿にはコース等が非常に喜ばれている。しかも練習・大会等の催しも好適である」と紹介されている。最盛期にはシングルリフト2基(430m、220m)とロープトウ(230m)を備え、ナイター施設もあったが、最後の時期にはリフト1本だけになっていたようだ。ゲレンデ面積は16.5ha。

「湯沢の民宿街でも最も安く宿泊できる。スキー場施設も料金は安く、大会等の資材も一式揃って申込次第いつでも利用できる」と同誌にあり、実際、学生サークルなどポール派を中心としたゲレンデだったようだ。経済情勢厳しい今日であれば「安価なスキー場」も売りになったかもしれない。「日本のスキー場・東日本編(1991シーズン)」には最大斜度42度(!)最長滑走距離1,500mと記されている。また、湯沢高原スキー場の最上部、大峰山から芝原峠にくだり、さらにこの白板高原スキー場に滑り込むというツアーコース(約8km)があったようだ。

shiraita_0076.JPG shiraita-map.JPG
(左)リフト乗場付近と尾根からリフト乗場にくだるコースの跡。(右)「スキー天国にいがた」を参考に作図。

山稜を隔てた東側には「神立高原スキー場」があり、かつて最盛期には朝5時半からの早朝スキーが行われていて、1980年代後半に出かけたことがある。その頃は、まだ山を隔てたところに白板高原は営業していたはずであるが、そんなローカルなスキー場に思いを馳せる余裕はなかった。営業開始・終了年月についての正確な資料を見つけていないが、営業終了は1990年頃と思われる。(現地訪問:2009年11月、2010年4月)
ラベル:白板高原