2015年11月22日

マウンテンパーク津南スキー場(新潟県津南町)

いくつかのスキー場でオープンの便りも届いたものの、例年にない温かさによりオープンを延期したところもある。シーズン直前になって気をもませることが多いけれど、今シーズンも一般営業休止の話が聞こえてきた。

manpakDSC_0003b.JPG manpakDSC_0014.JPG
(左)レストハウスやロッジがあるゲレンデ入口。(右)右は第2リフト降場、左に第3リフト乗場が見える。その向こうにメインゲレンデが広がる。

新潟県津南町。長野県北部とは隣接した土地であり、そんな親しさもあってマウンテンパーク津南のことはずっと気になっていた。当間や清津などに出かけたときの帰り道に寄ってみたことがあるけれど、営業終了時刻近くだったせいだろうか、いつも閑散としていた。一般客は果たしているのだろうか、という感じだった。

そんな心配があたったといっていいだろうか、今シーズンは一般向け営業を行わないことが伝えられた。「マウンテンパーク、今冬は営業せず」という見出しで「存廃が検討されていた津南町の町設スキー場『マウンテンパーク津南』について、町は28日までに、今冬の一般客向け営業を行わず、学校の課外活動や競技などの目的に限って使用することを決めた。来季以降の存続は未定で、町は運営業者を探している。」と報じられた(新潟日報2015年10月29日)。

かつてはJR飯山線津南駅から連絡リフトがあったが、下部のリフトはずいぶん前に廃止されていて、その点は以前、本ブログでも取り上げた。近年は週末のみ第2・第3ペアリフトだけの営業となっていたようだ。
 → こちらもご覧ください 「2013年5月14日 マウンテンパーク津南スキー場・津南駅連絡コース」 (ゲレンデマップもこちらを参照願います)

manpakDSC_0018.JPG manpakDSC_0039.JPG
(左)第3リフト乗場。(右)メインゲレンデ最上部。第3リフト降場が見える。遠く越後三山の山頂部はもう白い。

「オールスキー場完全ガイド2000(立風書房)」では本スキー場について以下のように紹介している。「日本一の河岸段丘の眺めと、温泉付きセンターハウスも魅力。ゲレンデ内にはロッジがあり、宿泊が即ゲレンデと直結している。標高727mの茶屋峠山頂から2.5kmダウンヒルコースがとれ、大会やポールの練習に人気がある。ベースタウンの津南町には旅館や温泉もあって便利」。全リフト稼働時には、最大斜度35度、ペアリフト5基を備えていた。関越道・石打塩沢ICから24km、50分。首都圏からは足を運びにくい立地だったと思う。

一般向け営業休止のニュースを聞いて、あらためて津南を訪れる。越後田中駅付近で国道117号から分岐して北に入り、車でゲレンデ中心部まで上がっていく。周囲の山並みは紅葉に染まっている。学校活動や競技には使用されるということなので、とくに営業休止を感じさせるようなものはない。レストハウスやロッジの建物は、中をのぞくと近年あまり使われていないようすがうかがえるものの、異常はない。その背後の第2ペア・第3ペアは搬器を外されてはいるものの、そのままスタンバイしている様子。

ゲレンデ斜面につけられた車道を通って、ゲレンデ最上部の茶屋峠まで上がってみる。秋空の眺望を楽しもうと、他にも車でやってきている人々がいた。撤去された第7ペアの降場の場所は、駐車スペースになっていて、そこからわずかに歩くとコンクリート製の展望台がある。また、その付近から東に歩けば第3リフトの降場にたどり着く。山頂部一帯からは眼下にメインゲレンデ、その下にレストハウスやロッジ、さらに河岸段丘の向こうに越後三山や谷川連峰、苗場山などの山並みを望むことができた。この眺望を楽しみながら滑ることは、もうできなくなるのだろうか。(現地訪問:2015年11月)

manpakDSC_0066.JPG manpakDSC_0085.JPG
(左)ゲレンデ最上部(第3リフト降場付近)からゲレンデを見おろす。河岸段丘の向こうに谷川連峰や苗場山。(右)少し下った場所にある第2リフト乗場。

2015年09月22日

千の坂スキー場(新潟県十日町市)

sennoDSC03845.JPG sennoDSC10020.JPG
(左)松之山温泉街。(右)資料などから推測した千の坂スキー場の位置。

松之山温泉は、草津温泉・有馬温泉とともに日本三大薬湯といわれている。その泉質はホウ酸含有量日本一で塩分濃度も高い。温泉地ではあるものの歓楽的な雰囲気は少なく、里山の自然美を色濃く残している。山深い豪雪地であり、小正月に松之山の新婦を娶った新郎を雪の中に放り投げる「婿投げ」という奇祭が行われることでも知られている。

それほどの豪雪地であるから、温泉とスキーをセットにした集客も当然考えられ、現在もペアリフト2基の松之山温泉スキー場が営業を続けている。松之山温泉街から南へ1kmほどの場所である。この松之山温泉スキー場は1983年の開設であるが、それ以前に松之山にあったのがここで紹介する千の坂スキー場である。

「スキー天国にいがた(1975年、新潟日報事業社)」には以下のように紹介されている。「松之山温泉から徒歩5〜15分のところにあり、主に初心者向けのコース。スロープは400〜500mで小規模スキー場である。(後略)」。また、「松之山町史(1991年)」には以下のように記されている。「早くから大松山周辺がスキー場として利用されてきたが、温泉場付近にスキー場がほしいという観光客の要望にこたえて、昭和39(1964)年に千ノ坂スキー場がオープンした。51年には津南町で使用されていたロープトウが設置され、無料休憩所もできた」。しかし、その後さらに本格的なスキー場建設が必要とされ、現在の松之山温泉スキー場が登場することになるのである。

sennoDSC03810.JPG sennoDSC03815.JPG
(左)木造三階建の堂々とした凌雲閣。(右)古いプールの向こうがゲレンデだったと教えられた。

小雨降る9月の午後、松之山を訪れる。「スキー天国にいがた」にあった地図から、温泉旅館・凌雲閣の近くではないかと考えていた。松之山温泉街への入口から少し南下した場所に凌雲閣は位置している。年月を経た木造三階の建物は存在感を放っていた。その窓口でスキー場について聞いてみると、「その脇の道を行くとプールがあって、その向こうがゲレンデでした」と教えていただけた。

駐車場の脇の道を進むと使われていないようすのプールがあって、その向こうに右上(西)から左下(東)への斜面があった。手前の部分(北側)はススキが繁っていて、向こう側は棚田が並んでいる。その中を温泉街上部の不動滝へ通ずる車道が通っている。どのあたりまでがゲレンデだったのかははっきりしないが、この斜面だったことは間違いないだろう。ロープトウが架けられていたらしいが、スキー場の痕跡は何も残っていない。しかし、スキーをするのには程よい傾斜のように思えた。棚田の稲穂は収穫を前に首を垂れはじめていた。(現地訪問:2015年9月)

sennoDSC03833.JPG sennoDSC03839.JPG
(左)下部から斜面を見上げる。(右)谷を挟んだ東側から見た斜面全体。

2013年05月29日

見附水道山スキー場(新潟県見附市)

suidoDSC_0093.JPG suidoDSC_0096.JPG
(左)田園の中〜住宅地の向こうに水道山。こちら側の斜面がゲレンデだった。(右)斜面下の畑地から見上げる。

見附の市街地の南東側に位置する水道山。その名前は、水道施設がこの丘陵に設けられたことによるものらしい。そんな水道山にかつてスキー場があった。市街地のすぐ奥に位置する丘陵だから、地元の人々にとっては身近なスキー場として賑わったのではないだろうか。

水道山は6〜7月には約4,000本の紫陽花が咲き乱れる公園としても知られている。その紫陽花の季節に一度、三条方面からの帰り道のついでとして訪れたことがある。山頂稜線部を南北に車道が走っていて、ところどころにベンチやあずまや、遊具などが配置され、まさに手近な市民の憩いの場というかたちになっていた。しかし、あたりを歩き回ったりしてみたが、丘陵地のどのあたりにゲレンデがあったのかそのときはよくわからなかった。

稜線部から東側にかけてはやや展望が広がり、疎林が覆っているだけの場所があった。そちら側にゲレンデがあったのではないかと見当をつけて、4月の休日にあらためて出かけた。東側にある腰越という地名の住宅地、その中の狭い道をたどって、丘陵地の裾野部分まで行ってみる。そのあたりは畑地となっていて、何人かが畑仕事をしていた。その中のひとりの小父さんに話を聞いてみると、正面に見える斜面がまさにスキー場の跡地だということだった。予想したとおりの場所である。稜線までのぼる遊歩道が設置されているのも見える。その斜面に白っぽい支柱が3本立っている。それがナイター照明施設の痕跡だと教えてくれた。ナイター照明は、昭和50年頃まで使われていたのではないかという。その後、照明施設は取り外されて、野球場に移設されたようだ。照明施設はあったものの、リフトやロープといった施設はなかったとその小父さんは話してくれた。

suidoDSC_0104.JPG suidoDSC_0102.JPG
(左)白っぽいナイター照明の支柱が残っている。(右)ゲレンデ斜面上から見おろす。

今度は水道山の山頂稜線部から見おろしてみると、眼下に細越の住宅地が見え、その向こうには広大な田園地帯が広がっているのが見えた。足元の斜面はけっこう急で、まっすぐ滑り降りるのは初級者では難しいと思った。

ナイター照明の撤去時期などから推測すると、もう30年ほど前にはスキー場としての機能は停止していたのではないだろうか。長岡悠久山・三条大崎山などと類似の立地である。降雪が減った影響もあり、また、もっと大規模なスキー場が開発されたことにもよるのだろうが、このようなスキー場が次々と消えていった。かつては多くの市民で賑わったのであろう時代を、いまは偲ぶしかないのかもしれない。(現地訪問:2013年4月)

2013年05月14日

マウンテンパーク津南スキー場 津南駅連絡コース(新潟県津南町)

tsunanDSC_0002.JPG tsunanDSC_0004.JPG
(左)日帰り温泉が同居するJR飯山線の津南駅。(右)津南駅と中心街の間をむすぶ千曲川の橋から、前方の斜面にコースとリフトの跡が見える。

小学生の頃だっただろうか、友人に聞いた話は「津南のスキー場は駅前にリフト乗場があって、列車を降りるとすぐにゲレンデに登る連絡リフトに乗ることができる」というものだった。車を持っている家は少なくて、スキーに行く交通手段はおもに鉄道とバスだった時代である。私も「それはずいぶん便利だなあ」と感心した記憶がある。飯山線の運転本数もいまと同じくらいだったと思うが、当時はそれが貴重な移動手段だった。

現在、マウンテンパーク津南は上部のロッジ周辺のイエローリフト・オレンジリフトという2本のリフトで、土・日・祝のみ営業している。その下部のオレンジリフト(以前の名前は第2ペアリフト)の下に、かつてはさらに2本のリフト(第1ペアリフト・第10連絡ペアリフト)があって津南駅との間を結んでいた。時代が変わって、鉄道やバスがスキー場へのアクセス手段としての主役の座を降りて、多くのスキー客が車で上部のロッジ周辺の駐車場まで乗り入れるようになり、下部のリフトは必要がなくなってしまった。

「SKIER'91 日本のスキー場・東日本編」(山と渓谷社)に掲載されている「マントパーク津南」のゲレンデマップには、まだ第1ペアリフト・第10連絡ペアリフトが存在しているし、「オールスキー場完全ガイド2000」(立風書房)にも記載があるから、この両リフトが廃止されたのは2000年代初頭ではないかと推測している。前者には「中里同様、JRの駅前からリフトが架かっており、全国的にも珍しい駅前グループのスキー場。連絡リフトで上がった所がメインゲレンデで、ほぼまっすぐにコースが延びている」とある。また、「第1リフトの外側に位置するチャレンジコースは、最大斜度37・平均斜度20度の上級向きバーン」と書かれている。

tsunanDSC_0018.JPG tsunanDSC_0019.jpg
(左)駅裏側のリフト乗場があったと思われる場所。右側の斜面にコンクリートの基礎部分が残っている。

私が初めてマウンテンパーク津南に滑りに行ったのは2004年12月のことで、そのときには既に下部のリフトは稼働していなかったと記憶している。その時はもっぱら、現在の「イエローリフト」沿いで滑った。私のほかは、ほとんど地元の少年たちが練習に励んでいるばかりだった。しかし、「日本一の河岸段丘」とうたう周囲の展望はやはり素晴らしかった。

あらためてマントパーク津南の連絡リフト付近を訪れてみることにする。JR津南駅は、国道117号が走る津南の中心街からは少し離れた信濃川の左岸に位置している。その信濃川に架かる橋からは、津南駅の背後の丘陵にスキーコースやリフトのための切り開きの跡がはっきりとわかった。津南駅は日帰り温泉が駅舎内に同居しているが、現在ではこのような温泉設置の駅はさほど珍しくはなくなった。鉄道に乗るために駅に来る人より、温泉に入るために車で乗りつける人の方が多いくらいではないだろうか。駅の線路を挟んだ裏側にわずかに広がる平地にリフト乗場があったと思われる。まだ雪が残り、その跡を確認することはできなかったが、正面の斜面にはリフトの支柱が立っていたと思われるコンクリートの基礎部分を見つけることができた。

一方、上部に車で登り、オレンジリフトの乗場に行ってみる。そのすぐ下には、第1ペアリフトの終点と思われるコンクリートの角柱が立っていた。そこから下を覗くとかなり急な斜面が続いている。チャレンジコースはこの場所から、右に回って駅へとくだっていた。その向こうには信濃川、そして苗場山方面の山並が続いているのを見渡すことができた。(現地訪問:2013年4月)

tsunanDSC_0037.JPG tsunanDSC_0040.JPG
(左)オレンジリフト乗場。左手奥に第1リフト終点の痕跡がある。(右)第1リフト終点部分のコンクリートの残骸。

2013年04月30日

上大谷スキー場(新潟県加茂市)

kamiooDSC_0078.JPG kamiooDSC_0092.JPG
(左)「上大谷スキー場」バス停。(右)バス停の周辺には春の花が咲き、石仏が並んでいる。前方の杉林のあたりとその向こう側がゲレンデだったらしい。

新潟県の市町村ごとの地図を眺めていたときのこと。ふと目に飛び込んできたのは「上大谷スキー場」というバス停の名前だった。バス路線やバス停の名前までが掲載された詳細な地図だったが、しかし、バス停の名に「スキー場」とあるものの、近くにスキー場がある様子はない。加茂市東部の山間地であり、すぐ北東にある小さな峠を越えれば五泉市(旧村松町)という場所である。それ以来、このバス停はずっと心の片隅にひっかかっていた。

一度、阿賀方面からの帰路にその場所を車で通ったことがあった。思ったより狭い道で対向車が来ると、すれ違いに少々緊張を要するほどの道である。そして、山沿いの小さな集落の中の三叉路に「上大谷スキー場」というバス停は確かに立っていた。その支柱に付いている時刻表を見ると、加茂市役所から戸倉の間を結ぶバスが1日7往復走っていることがわかった。しかし、案の定、周囲を見てもスキー場らしき場所は見あたらない。通りかかった人にでも聞こうと思ったが、あいにくと季節と時間帯が悪くて人の姿は皆無だった。

帰ってからインターネットで調べてみると、確かに加茂市営市民バスが運行されているようだ。あらためて地図を見ると、周囲の地形から推測して、バス停南側にある丘陵の北斜面あたりにスキー場があったのではないかと推測できた。バス停周辺の人々が畑仕事に外に出てくる季節を狙って再訪しようと考えた。

kamiooDSC_0079.JPG kamiooDSC_0081.JPG
(左)ゲレンデがあったと思われる斜面を見上げる。(右)道路際から見る。前方の竹林の向こう側がゲレンデ。

4月下旬の休日、あらためて上大谷スキー場バス停を訪れた。周囲には春の花が咲き、バス停の立つ三叉路には石仏や石標がいくつもあって、古くから人の往来があった道であることをうかがわせた。バス停の前の家からちょうど出てきた小父さんに話をうかがう。バス停の南側、山に向かってやや右手にある畑地のあたりがゲレンデだったようだ。その左手にある杉林のあたりにも当時はゲレンデが広がっていたらしい。畑や杉林となっているためゲレンデのイメージはいまひとつつかめないが、快適な中斜面を思わせる斜度ではなかろうか。小父さんの記憶によると、50年ほど前には加茂のスキークラブの練習ゲレンデとして賑わっていたという。リフトやロープトウなどの施設はなかったと話してくれた。

数10年前には、おそらくスキー場としての機能は果たさなくなっていたのではないかと思われる。それでありながら、なぜいまだにバス停に名前を残しているのか、詳しい事情はわからない。しかし、この土地の歴史の一端を残しておいてくれるような気がして、なんだかしみじみと嬉しく感じた。(現地訪問:2013年4月)