2009年04月11日

七巻スキー場(その1)(野沢温泉村)

P4110022.jpg P4110008.jpg
(左)かつて渡し舟があったあたりの千曲川の流れ。左に桑名川駅、右が七巻。(右)七巻スキー場の跡地。少しゲレンデを登ったあたりから、リフトの痕跡と崩れかけた建物を見おろす。

七巻という地名は、古くから野沢温泉スキー場(上の平)からのツアーコースの終点として知られている。その七巻集落から少し山の中に、つまりツアーコースからいえば終点の直前に、七巻スキー場があった。

一方、七巻といえば千曲川の渡し舟でも知られていた。現在、国道117号は七巻集落のある千曲川右岸を走っているが、かつては千曲川左岸につけられていた。飯山線の桑名川駅も左岸にあり、そちら側に主要交通路が集中していたが、この付近には橋がなく、七巻集落から桑名川駅などとの間の往来はこの渡し舟に頼っていたようである。舟は通常、右岸に寄せられていて、対岸に舟があるときは一斗缶を叩いて合図をしたという。船賃は50円だったらしい。

はじめて七巻スキー場のことを耳にしたときには「そのスキー場に行くには、渡し舟に乗らなければならない」といわれ、たいそう驚いた記憶がある。残念ながら私は訪れる機会がなかったが、1970年代のスキーツアーの記録によれば、七巻にくだった後、渡し舟に乗り、桑名川駅から飯山線で帰途についたというものがいくつも見られる。せわしない今日ではローカル線と渡し舟に乗ってスキーに向かうなどという旅情が味わえたら、それは一種の贅沢だと思うのだがどうだろうか。その渡し舟も1983年に廃止されている。

さて、七巻スキー場は1967年12月に開業し、1982年に閉鎖となっている。国道117号から七巻の集落内を通り、南の方向に棚田の中を上っていくと右手にコンクリート製の人工物の痕跡が残っている。近づいてみると、リフト乗場のコンクリートの基礎部分と、その隣に崩れかけたトイレ、そして今は物置になっているらしい食堂の建物が隣接している。古いスキー場ガイドを見ると、500mのシングルリフトが1基あることが記されている。ゲレンデには低い木々が茂り始めていたが、北斜面でもあり、4月のこの時期にも中腹には残雪が見られた。シンプルな構成のゲレンデだったようだが、近場の人々が楽しむほかは、野沢から滑ってきた人たちが仕上げのひと滑り、という程度に過ぎなかったのではなかろうか。

北信州のしみじみとした歴史の中に、千曲川の渡し舟とともに、このゲレンデの記憶もとどめられることを願いたい。

P4110009.jpg DSC_0010nm.JPG
(左)低い木々に覆われ始めているゲレンデ。(右)「冬の信州'81」を参考に作図。

*当初、「七ヶ巻(なながまき)スキー場」として記載しましたが、当時はもっぱら「七巻(ななまき)スキー場」と呼ばれていたようなのでそちらに変更しました。

こちらもご覧ください→「七巻スキー場(その2)」
posted by 急行野沢 at 20:00
"七巻スキー場(その1)(野沢温泉村)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。