2009年04月29日

上林スキー場(かんばやしスノーボードパーク)(山ノ内町)

 P1020242a.jpg P1020243a.jpg 

上林スキー場は、長野オリンピックのハーフパイプ会場。最後の頃はスノーボード専用ゲレンデのようだったので、私のようなオールド・スキーヤーには訪れる機会はなかった。上林温泉のすぐ上にあるので、付近の温泉に泊まってスキー・スノーボードを楽しむのには手軽な場所だっただろうが、積雪には不安を残す場所だったと思う。ペアリフト2本が、「く」の字型に配置され、その中間部に、メインの駐車場とレストランがあったようだ。

2007シーズンで営業を休止し、リフトやレストランなどの施設は撤去されている。きれいに整備された形跡があり、ゲレンデ中間部にこのゲレンデの歴史を示す石碑が建てられている。それによれば、志賀高原で初めてスキーが行われたところであり、大正10年には上林スキー場が開設されたとあるから、その歴史の古さに驚く。役割を終えたゲレンデは廃物が散乱して目も当てられない場所もあるが、このように石碑が建てられ整備されていると、その歴史に敬意を払わずにはいられない。

「'86 SKI GUIDE(山と渓谷社)」によれば「志賀高原スキー発祥の地・大鹿山(標高1,300M)の北斜面に位置する。戦前は各種競技大会の開催でその名を馳せたが、昭和36(1961)年全日本ジャンプ大会を最後に閉鎖。昭和56(1981)年に初心者、家族連れ、学生の合宿、スキー教室に合うようにゲレンデを整備拡充して再開した。ゲレンデは4.3haとこじんまりしているが、3コースがあり、猿の見られるゲレンデと、家族的な雰囲気で好評を得ている」と記載されている。

P1020266a.jpg
posted by 急行野沢 at 19:00
"上林スキー場(かんばやしスノーボードパーク)(山ノ内町)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。