2009年09月11日

地蔵峠スキー場(長野市)

P1040161jz.JPG P1040163jz.JPG
(左)ゲレンデ下部から上部を見上げる。(右)ゲレンデ中腹から下部を見下ろす。

地蔵峠という名の峠は各地に見られるが、長野市松代と上田市真田(旧 真田町)を隔てる峠もそのひとつである。峠を越える県道は今でも急坂・急カーブが連続するが、千曲川に沿う国道18号は渋滞が激しいため、長野・上田間の抜け道として使われている。

いまでは信じられないことだが、その地蔵峠の北側斜面に昭和40年代にはスキー場があった。資料によれば1927年開設という記録も見られる。今日ではとてもスキー場に足る積雪があるとは思えないが、その頃は北信アルペンスキー大会や少年スキー大会が行われていた(「長野市誌」)。リフト等の施設もなく、地蔵峠へのアクセスも容易ではなかったようだが、峠を越える県道の開通にともない再び賑わいを見せるようになったという(「長野県スキー史」)。

松代側から県道を上っていくと、地蔵峠(車道が越えているのは正しくは「新地蔵峠」)に上りつく前の最後の右カーブから左に入る林道がある。ここから上っていく古くからの地蔵峠を越える山道を進む。ひとしきり上ると右手にスキー場があった広い緩斜面が広がる。スキー場の位置に確信がもてなかったが、長野市役所に問合わせたところ、このスキー場で滑った経験のある方がいらしたとのことで、ここであることは間違いないようだった。大部分は草木が生い茂っていて、リフトもなかったということなので、スキー場であったことを示すものは残っていないようだ。近くに廃屋が見られるが、これが各種資料に載っていた「地蔵峠山の家」なるものかもしれない。天気がよければ、善光寺平の広がりが眺められる。

DSC_0072jz.JPG
posted by 急行野沢 at 22:30
"地蔵峠スキー場(長野市)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。