2009年11月22日

六日町坂戸スキー場(新潟県南魚沼市)

091122DSC_0022a坂戸.jpg 091122DSC_0028a坂戸.jpg
(左)ゲレンデを見上げる。右手奥の杉林の中に坂戸城址の碑がある。ゲレンデ下に「天地人」の旗が立てられている。(右)坂戸城址にある「上杉景勝、直江兼続生誕之地」の碑。

迂闊だった。六日町坂戸はスキーヤーではなく、観光客が訪れる場所になっていた。
坂戸は合併で誕生した南魚沼市の中心である六日町市街から、魚野川を渡った東岸にある温泉街。古くは魚野川の水運などで栄えた。その背後にある坂戸山の北西山麓にあったのが坂戸城であり、六日町坂戸スキー場だった。

坂戸城は今年の大河ドラマ「天地人」の主人公・直江兼続と主君・上杉景勝の生誕の地だという。少し離れた場所には「直江兼続公伝世館」なるものがつくられ、ゆかりの地を巡るシャトルバスも運行されている。「上杉景勝、直江兼続生誕之地」という碑が立ち、石垣が残る坂戸城址には観光バスで訪れたらしい人々。その北側には最大斜度18度のなだらかな斜面に六日町坂戸スキー場があったが、2002シーズンを最後に営業を休止(廃業)した。リフトなどの施設の跡は残っていないが、草地の広がりがゲレンデの跡であることを示していた。ただそこに関心を向ける人はいない。

091122DSC_0029a坂戸.jpg 091122DSC_0119b.jpg
(左)ゲレンデから六日町の市街を見おろす。

「南魚沼郡誌 続編 上巻(1971年3月)」によれば、坂戸スキー場は温泉街に隣接するゲレンデとして開発され、古くから町民のスキー場として親しまれていたが経営不振が続いていた。1967年(昭和42)にそれを引き継ぐ形で坂戸城址スキー場として開設されたようだ。以前からあった一本杉ゲレンデからその下段を切り開いた初心者スロープ。一本杉にロープトウ1基、一本杉スロープまで郡内最初のスライダーリフトを架設し家族向きスキー場としてデビューした。

廃業直前には460mのシングルリフト1本の施設だったらしい。また「スキー天国にいがた(新潟日報事業社・1975年12月)」によれば、坂戸温泉街のすぐそばにあるスキー場で、ゲレンデ全面に牧草が植えてあるので安全かつ快適なスキーを楽しむことができ、北側に面しているので雪質もよいと案内されている。スキー場真下には公認温泉プールがあった。六日町駅からは徒歩でも15分ほどの距離で、地元には根強いファンが多かったようだ。市街地と標高はほとんどかわらず、豪雪地であることがわかる。(現地訪問:2009年11月)
posted by 急行野沢 at 12:00
"六日町坂戸スキー場(新潟県南魚沼市)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。