2010年01月30日

サンアルピナ青木湖スキー場(大町市)

100130DSC_0005青木湖.JPG 100130DSC_0016青木湖.JPG
(左)青木湖の対岸から見たスキー場全体。(右)ゲレンデ下の掲示板から。

青木湖の湖面を望みながらの快適な滑走が売り物だった。ムーディな雰囲気は女性を中心に人気があり、鹿島槍・佐野坂に両サイドを囲まれ、リフトもトリプル1基・ペア4基の規模をもったゲレンデ。まさか営業をやめる冬が来るとは思いもしなかった。サンアルピナとして3つのゲレンデがつながってひとつとして捉えられていた面もあり、両側のスキー場への影響も懸念されている。最大斜度35度だがそれは鹿島槍側に近い連絡コース的な斜面にあり、やはり全体としては中斜面・緩斜面のイメージが強い。最長滑走距離は1,500m。

青木湖スキー場は1972年(昭和47)に開業。「京急青木湖」という名称が印象に残っているが、2005年から経営を引き継いだ管理会社が今シーズンの営業中止を昨秋に表明した。数年来、赤字が続いており営業を断念せざるを得なかったようだ。大町市長も「大町にとってスキー場の振興は大きなテーマだが、なかなか有効な誘客宣伝策が出てこないのも実情」というコメントを出したことがある。

私は最近では2002年3月に滑りに行ったが、そのときは「サンアルピナ共通リフト券」で鹿島槍から入り、青木湖を通って佐野坂まで足をのばした。青木湖は本格派には、やや物足りないゲレンデと見られがちだったのかも知れない。サンアルピナ3スキー場の真ん中にあり、特に鹿島槍に比べると少々インパクトが弱かったことは否めない。

国道148号から青木湖を周回する道路にはいる。青木湖畔の雪の風景を撮影しようとしている何人かの写真愛好家をのぞいては、周回道路を走る車はほとんど見られない。ゲレンデ下まで近づけば、当然ながらセンターハウスやリフト施設はそのまま残っていて、整備次第ですぐに営業できるように見受けられる。ゲレンデ下にあるホテルは、近隣のスキー場への送迎により営業を続けているようだ。ゲレンデ直下というロケーションと湖畔の雰囲気から、私も宿泊してみたいと候補に上げたこともあった宿ではあったが。

ツボ足でセンターハウスの前を進み、トリプルリフトのあるゲレンデ下に立ってみる。両側の鹿島槍・佐野坂の気配はあまり感じられず、それよりも対岸のヤナバスキー場の流す音楽が風に乗ってかすかに聞こえてくる。1月末の土曜日、ヤナバはそれなりの客を集めている様子だった。それにくらべ、こちら側は静かな湖畔の冬。そんな味わいも捨てがたいものではあるけれど、来期以降の復活を祈りたい。

100130DSC_0012青木湖.JPG 100130DSC_0015青木湖.JPG
(左)第1トリプルリフト乗場から見上げる。(右)雪に埋もれているセンターハウス。

【追記】
2010年11月17日の新聞各紙の報道によると、2011シーズンの営業は断念するものの、伊那スキーリゾートなども引き受けたクロスプロジェクトグループ(白馬村)が営業権やリフトなどの施設の譲渡を受け、2012シーズンに向け再開の準備をするとのこと。サンアルピナ3スキー場がつながったかたちを、ぜひ再現してほしい。
【追記】
2012シーズンから再開との話だったが、競売にかけられているという情報もあり、再開はされていないもよう。(2011年12月)
posted by 急行野沢 at 17:30
"サンアルピナ青木湖スキー場(大町市)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。