2010年02月06日

姫木平スキー場(長和町/旧長門町)

100206P1030073姫木平.jpg 100206DSC_0022.JPG
(左)植樹祭の柱がある下部からゲレンデを見上げる(2009年6月)。

ゲレンデが密集する白樺湖周辺は、首都圏からは出かけやすいロケーションだと思う。しかし、もともとそれほど積雪の多い場所ではないから、北信濃に住むものにしてみれば、わざわざ南の方向に出かけるのには躊躇しがちだ。今日も長野市周辺では雪が降り続いたが、途中の丸子や武石あたりまで来ると日差しがのぞいた。

国道152号を北から進めば、大門峠の少し手前で西に分岐するのはエコーバレースキー場へのアクセスルート。その道に沿って地元長和町出身の冬季五輪選手に対する「ガンバレ スノーボードクロス競技 藤森由香選手」という応援の旗が立てられている。このエコーバレーへの途中にある姫木平別荘地にとり囲まれるようにして、姫木平スキー場はあった。

別荘地の計画の中に最初から組み込まれていたのだろうか。スリバチ型のゲレンデ脇に並ぶペンションからは、簡単にゲレンデに滑り込むことができた。エコーバレーへも至近距離なので現在も営業をしているペンションは多いけれど、中にはひっそりと雪に埋もれている建物も見受けられる。その先に少し進めば、エコーバレーはさすがにトップシーズンの週末とあって賑わっている様子だった。

100206DSC_0008.JPG 100206DSC_0015.JPG
(左)ゲレンデ下部から見上げる。(右)ゲレンデ上部から見下ろす。

私は1993年2月にエコーバレーで滑った帰りに、「仕上げに数本」という感じでこの姫木平で滑った。最大32度の壁もあるコースで、規模の割には楽しい斜面のゲレンデだったと記憶している。その頃は子ども連れも多く結構賑わっていたと記憶しているが、1998年を最後に営業を中止した。スキー人口が多かった時代には、エコーバレーのようなビッグゲレンデとの棲み分けがなされていたということになるのだろうか。1976年の開設。最大斜度40度。第1リフト325m、第2リフト464m。

私の訪問時にはリフトはシングル2本あり、トップに向かって右手の長い第2リフトをもっぱら使ったと記憶している。手元の古いガイドブック(オールスキー場完全ガイド/立風書房)では左手に1本だけ描かれているので、最後には1本になったのかもしれない。いずれもいまは痕跡を見出せない。ゲレンデ最下部に「平成21年植樹祭 長和町」と書かれた柱が立てられている。別荘地の中のエアポケットのようになってしまった空間。植樹して景観を損なわないようにする取組みが行われている模様だ。
posted by 急行野沢 at 21:00
"姫木平スキー場(長和町/旧長門町)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。