2012年05月10日

あづまスキー場(福島県福島市)

azumaDSC_0002.JPG azumaDSC_0024.JPG
(左)福島市郊外から、満開の桃畑の向こうに吾妻連峰。(右)磐梯吾妻スカイライン沿いに建つ吾妻ロッジ。

ゲレンデガイドを開くたびに、このスキー場のことは気になっていた。縦長に4本のリフトが配置されたコースレイアウト。しみじみとしたローカル・ゲレンデの雰囲気が漂っているように感じられた。上部と下部のリフトが別の経営主体だった時期もあったと記憶しているが、そんな煩雑さにも興味をもった。ロコ的な魅力に抗いきれず、1998年3月に東京から長躯日帰りで滑りに出かけた。

高湯温泉の先から磐梯吾妻スカイラインに入るのだが、冬期はこのスキー場の中心部にある吾妻ロッジまで通じているだけで、その先は通行止め。そのときは吾妻ロッジの前に車をとめたが、当時、すでにずいぶん歴史を感じさせる建物になっていたように思う。あいにくその日は雪が降り続き視界が開けることはなかったが、樹林の中に続くコースを楽しく滑ることができた。

もっぱら上部の石楠花第1・第2リフト沿いで滑ったが、混雑というにはほど遠いけれど、それなりに賑わっていたと記憶している。ポニーリフトと乗り継いで高湯温泉街からアクセスするための、最下部の湯花沢リフト(シングル)は当時既に稼働していなかったし、白樺平リフトは稼働していたものの、ほとんど乗っている人はいなかった。晴れていれば展望が素晴らしいところだとわかっていたので再訪を期していたが、2006年3月末をもって営業を終了した。福島西ICから18km、福島市内に位置する唯一のスキー場で、福島市民のホームゲレンデのようなものではなかっただろうか。

azumaDSC_0027.JPG azumaDSC_0033.JPG
(左)しゃくなげ第1リフト乗場から見上げる。(右)白樺平リフトの上部から見おろす。

「オールスキー場完全ガイド2000」(立風書房)には、「磐梯吾妻スカイラインに沿ってコースがタテ長に並ぶ。ベース部は奥州三高湯と呼ばれる人気の高湯温泉。『汗をかいてひと風呂』には最高のロケーションだ。スクールが有名で基礎派が多いが、最近ではスノーボーダーにも県屈指の人気」と記されている。最大斜度36度、最長滑走距離3,500m、ペアリフト3基、シングルリフト1基。最後の頃にはハーフパイプも設置されていた。

いつかは再訪しなければと思っていたが、ようやく連休のさなかに1日の時間をひねり出した。福島市の郊外では桃の花が満開で、その向こうには残雪をいただく吾妻連峰が輝いている。ラジオのローカルニュースでは福島県内各地の放射線量が告げられていた。硫黄の香漂う高湯温泉を過ぎて、磐梯吾妻スカイラインへ。この日は無料開放されていて、首都圏ナンバーの車も多い。ゲレンデはその道に沿っているので、廃スキー場めぐりとしても訪問はしやすい。やがて見えてきた吾妻ロッジは、破損が目立つ姿をさらしていた。

吾妻ロッジの横には白樺平リフトの降り場、下方には石楠花第1リフトの乗場が見えるが、いずれのリフトも椅子をはずされただけで営業時そのままのように見える。上部を見上げると石楠花ゲレンデにはまだ残雪が十分残り、コースのありかを示しているようだ。白樺平ゲレンデにはナイター照明の設備もそのままの姿で立ちつくし、一段下がった場所のヒュッテの建物も残されている。少し早く廃止になっていた湯花沢リフトの錆びついた姿もその下に見えた。春の晴天のもと、福島市街を中心とする信達平野を一望することができた。(現地訪問:2012年4月)

azumaDSC_0069.JPG azumaDSC_0071.JPG
(左)左奥に白樺平リフト乗場、右に湯花沢リフトの降り場。
posted by 急行野沢 at 14:13
"あづまスキー場(福島県福島市)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。