2012年10月30日

清水山スキー場(小谷村)

shimizuDSC_0145.JPG shimizuDSC_0147.JPG
(左)ゲレンデ下の道沿いには小屋があり、その脇からゲレンデが広がっていた。(右)ススキに覆われた斜面を見上げる。

このスキー場のことを知ったのは、「'95オールスキー場ガイド(立風書房)」によるもの。この本には「JR大糸線南小谷駅より送迎車で。車は長野道豊科ICから70km。ポールトレーニング専用のスクール・清水山レーシングキャンプの専用ゲレンデ。Tバーリフト1基」と記載があった。また、2005年の中土小学校閉校記念行事として、この清水山スキー場でスキー大会が開かれたとの記事もみつけた。

小谷村の清水山というのはどのあたりかと地図で調べてみると、姫川に注ぐ中谷川の北側に位置する地名だとわかった。あのあたりにゲレンデがあったというのは初耳である。これは調べてみなければ、としばらく前から考えていた。残暑もやや落ち着き、秋の気配が深くなった1日、白馬を経て小谷へと向かった。

国道148号を小谷温泉口の交差点で右折、小谷温泉方面に向かう。途中、左折して中谷川を渡り山腹を清水山集落へと上って行く。その辺りで農家の庭先にいた小父さんに聞いても「清水山にスキー場はない」という。しかし、よく聞くと「小さなスキー場だったら、ここへ上がってくるS字カーブの下あたりにあったよ」とのこと。S字カーブのあたりから下を見ても良くわからなかったが、中谷川の北側に沿う道まで下ってみると、道の北側にはっきりとわかる南斜面のゲレンデの跡があった。

ゲレンデの跡は背の高いススキに覆われていたが、レーシング練習用のゲレンデだったからか、かなりの斜度があるように見えた。ゲレンデ下の道沿いにはいくつかの小屋があり、トイレやさまざなな器具の格納に使われていたようだ。

shimizuDSC_0151.JPG shimizuDSC_0152.JPG
(左)ゲレンデ下の道に沿ってスキーの道具を格納していたと思われる小屋がある。(右)ゲレンデ上部のS字カーブのあたりから見おろす。

ゲレンデから少し西側に立派な民家風の建物があった。往時には民宿でもやっていたのかと、縁先にいたご主人に声をかけてみる。なんと、この方がレーシング・キャンプの先生であった。各地から参加した子どもたちを、宿泊させながら清水山スキー場で指導にあたっていたという。降雪期にだけTバーリフトを斜面に設置していた。前記の中土小学校閉校行事あたりが、スキー場として機能していた最後の時期のようであった。がっしりした体格と優しそうな表情が印象的だった。(現地訪問:2012年9月)
posted by 急行野沢 at 01:00
"清水山スキー場(小谷村)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。