2013年03月29日

飯山スキー場(飯山市)

iiyamaDSC_0001.JPG iiyamaDSC_0002.JPG
(左)現在はシャンツェとなっている斜面。(右)最下部にはジャンプ競技の電光掲示板もある。

桜の便りが聞かれる季節となった。東京ではもう散り始めているというが、信州では花の季節はもう少し先になりそうだ。そんな信州の中でも雪の多い町というと、真っ先に名前があがるのが飯山だろう。飯山という町には雪のイメージがつきまとう。そんな飯山市街のすぐ西側に隣接していたのが、この飯山スキー場だった。

昨年1月に「飯山スキー100年誌」が刊行された。飯山のスキーの歴史をまとめたもので非常に参考になる。この本を見ると、黎明期の飯山には、城山をはじめ片山・英岩寺山・塔ノ原・大聖寺山・堰下・大平・四宮などのスキー場があったことが記されている。しかし、いずれもリフトの施設はなかったようだ。飯山市で最初にリフトが架けられたのが、この飯山スキー場。市営のリフトで、1955年に完成し、1月に運行を開始した。このスキー場は1925年開設の神明ヶ丘スキー場北端にあったジャンプ台の、さらに北側を開発し設備したものだという。

市街地に近く数々の大会も開催されたが、雪不足もあり経営的には苦しかった。1969年には、施設の老朽化が厳しいため陸運局の許可がおりずリフトが廃止となった。以降、シャンツェパークとして整備されて現在に至っている。

iiyamaDSC_0003.JPG iiyamaDSC_0004.JPG
(左)斜面下にはクラブハウスが設置されている。後方には高社山などの山並。(右)直下の住宅地から見上げたシャンツェ。

豊田飯山インターをおりて飯山市街に下っていく道。その途中に斑尾高原を示す標識があり、そこを左折。その先、斑尾高原入口の交差点を過ぎれば、正面に小高い丘陵が見え、道はその下を走るようになる。左手の一段上にジャンプ台が見えるが、その一帯が飯山スキー場の跡地だ。このブログでも過去に取り上げた「飯山国際スキー場」のひとつ手前の丘にあたる。飯山駅から1kmもない距離である。飯山の町をはさんで東には高社山をはじめとする山々の展望が開けている。

市街地の西端にあたり周囲には住宅などが建て込んでいる。かつての斜面には立派なジャンプ台が設けられ、電光掲示板やスキーハウスといった施設も用意されている。市民が楽しんだゲレンデは、いまやジャンパーを育てる場へと変わっていた。(現地訪問:2012年4月、2013年3月)
posted by 急行野沢 at 01:00
"飯山スキー場(飯山市)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。