2013年07月23日

水上宝台樹スキー場・青木沢ゲレンデ(群馬県みなかみ町)

aokiDSC_0051.JPG aokiDSC_0055.JPG
(左)青木沢ゲレンデ下部はキャンプ場として整備されている。(右)コテージ裏の自然花苑。そのあたりがゲレンデ最下部だったようだ。左手奥に中級(カラマツ)コースの跡、右端に上級コースの跡が見える。

宝台樹スキー場は1979年の開設。私は1980年代後半から1990年代にかけて、宝台樹に頻繁に滑りに出かけていた時期があった(当時は東京在住)。東京から日帰り圏内の割には、ローカルな雰囲気が漂っていてお洒落になりきれないところがかえって好きだった。一方、なかなか滑り応えのあるコースも揃えているのが魅力で、フラットなメインゲレンデの右手には稜線から滑り降りる上級コースが並んでいた。当時はバブル期でもあり、とにかくリフトが混んでいたことも記憶に残っている。

混雑するリフトを避けるエスケープゲレンデのようなかたちで、青木沢ゲレンデが稜線をはさんで反対側の南斜面にあった。すいていたし滑り応えもなくはなかったはずなのだが、滑った跡に「なんだかあっけないなぁ」と感じたのを憶えている。1990年代の前半頃にはコースは閉鎖されたのではないかと思われる。

「日本のスキー場・東日本編skier'91」では、宝台樹スキー場のゲレンデ紹介の一部として「エリアのメイン部と尾根をはさんで反対側に位置する青木沢ゲレンデは、とっておきの上級者専用バーンである。最大30度・平均18度。パノラマに向かって飛び込む楽しさを味わえるオマケつき。中斜面1000mのからまつコースも、気分良好ルートだ」と紹介している。

aokiDSC_0061.JPG aokiDSC_0074map88.JPG
(左)からまつコースの跡。(右)1988シーズン宝台樹スキー場のゲレンデマッブ。

久しぶりに水上温泉街から宝台樹への道をたどる。一度、メインゲレンデ前まで行った後に、山腹を西から南へと回りこむ道をとだって青木沢ゲレンデの跡地を目指す。そのゲレンデ跡地の下部は、キャンプ場として整備され、コテージなどが立ち並んでいる。その上部は自然花苑としてさまざまな植物が植えられているが、そのあたりがゲレンデ最下部だったようだ。前方の宝台樹山の稜線を見上げると樹木が少し低くなった箇所があり、そこがからまつコースの跡と思われた。

緑の鮮やかな季節に見上げるとずいぶん急な斜面に感じられて、あんなところを滑っていたのかと思う。当然ながらリフトの痕跡などは見出すことはできなかった。ゲレンデは半ば森林の中に飲み込まれつつあり、スキーの痕跡も思い出とともにその中に消え去って行くように思えた。(現地訪問:2013年6月)
posted by 急行野沢 at 09:00
"水上宝台樹スキー場・青木沢ゲレンデ(群馬県みなかみ町)"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。