2014年02月15日

神立高原スキー場(新潟県湯沢町)[再開]

kandatDSC03354.JPG kandatDSC03355.JPG
(左)国道17号からの入口には「今シーズンの営業は行っておりません」の文字が。(右)駐車場の向こうにゲレンデ入口の建物。

神立が今シーズンの営業を休止するというニュースが昨年の11月に飛び込んできた。状況からすると来シーズンからは復活の可能性が高いので、ここで取り上げるのもどうかと思うが、ひとつの記録として記しておきたい。

同スキー場のホームページでも「今シーズンの営業に対して、ゲレンデ部分の土地所有者様のご同意、ご納得を得られず、やむなく今シーズンの営業を断念せざるを得ないという結果になりました」と発表された。それまでの運営会社が破産申請したものの、いくつものスキー場を運営する兵庫県の会社が継承するとの話だったので安心していた。しかし、湯沢町議会が町有地の賃貸借契約を締結する議案を反対多数で否決したものである。今シーズンの営業に間に合わせるため、営業権の譲渡を受け不動産未登記のまま準備を進めてきたものの、これに対し議会側は「固定資産税収入につながらない」などと所有権移転を求めていたという。

神立高原スキー場はバブル最盛期の1986年開設。湯沢近辺の老舗スキー場を向こうに回して華々しく登場したという印象だった。湯沢ICから1km、越後湯沢駅からバスでも10分とアクセスも抜群。広い駐車場やしっかりしたセンターハウスを備えた、当時の新設スキー場の典型的なスタイルであり、早朝スキーなど若者のニーズにも対応していた。コースはバリエーションに富んでいて、緩斜面からコブ斜面までさまざま。1988年4月に一度滑りに行ったときには、春先のコンディションの良くないときだったせいかコブに辟易した記憶がある。

「ニッポンのゲレンデ2013(実業之日本社)」には、「元祖サンライズスキーで有名なスキー場。今季は金曜夜から日曜夜まで48時間連続営業予定。『ベースキャンプ&スパ』には、仮眠室・入浴施設を完備し深夜着でも利用できるのでサポート体制は十分。ゲレンデは谷を滑る緩斜面と尾根から下る中・急斜面で構成され、変化に富んだコース設定が特徴。(中略)ゲレンデは北東向きで雪質はよく、積雪量も豊富だ」と紹介されている。リフトはクワッド3基、ペア4基を備えている。最大斜度45度、最長滑走可能距離3,500m。

kandatDSC03358.jpg kandatDSC03366.JPG
(左)ゲレンデ入口のリフト乗場から見上げる。(右)遠景から見たゲレンデ全体。

ホームページ上では、「弊社としましては、来シーズンの営業再開に向けて鋭意努力していく所存であります。運営事務所も神立高原スキー場内に設け、来シーズンのリニューアルに向け準備を進めていきます。」とのことなので、来シーズンには復活するものと思われるが、1シーズンにせよ神立が営業しない冬が来るとは誰が予想していただろう。

あらためて現地を訪問してみる。国道17号からスキー場に曲がる箇所の案内板には「今シーズンの営業は行っておりません」の文字が付け加えられていた。ゲレンデ下までのアクセス道はきれいに除雪されていたし、ベースにある建物の前には数台の車がとめられていて内部に灯りもついていた。スキー場維持・リニューアルのための準備がされているのだろう。当然ながらすべての施設はそのまま維持されている。とはいうものの、他のスキー場が賑わいを見せはじめている時期だけに、深閑とした静けさが寂しく感じられた。(現地訪問:2013年12月)

[追記]2015シーズンの再開が決定したもようです。
posted by 急行野沢 at 11:19
"神立高原スキー場(新潟県湯沢町)[再開]"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。